「FX用語集」の記事一覧


マージンコールと強制ロスカットとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

マージンコールとは、保有しているポジション(外貨残高)に対して、預け入れた証拠金額が一定の割合を下回った場合に、証拠金の追加を請求する仕組みのことです。 どの程度、証拠金がポジションの割合に対して下回った時にマージンコールが発動するかは各FX会社によって異なります。 また、強制ロスカットとは、ポジションに対して、証拠金の割合がある一定の基準を下回った場合には・・・

リスクオンとリスクオフとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

リスクオンとリスクオフの意味について説明します。   リスクオンとは、景気回復が拡大し、投資家が積極的にリスクを取れる状態のことで、株価が上昇したり、金利が上昇(安全資産の債券は売られる)したりします。また、為替では、安全資産と見られててかつ金利が低い円が売られるので、円安が進みますね。 一方、リスクオフとは、景気が急激に悪化し、投資家が逆にリスク・・・

ハト派とタカ派とは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

ハト派とタカ派とは、一言で言うと金融政策の方向性が金融引締め方向か、金融緩和方向かどちらに傾いているかを示す表現のことです。 ハト派は金融緩和方向の表現で、タカ派は逆に金融引締め方向の表現の意味です。   例えば米国の金融政策会合メンバー(いわゆるFRBメンバー)の中にも、ハト派的な思考を持った人間と、タカ派的な思考を持った人間がそれぞれいます。 ・・・

ECBとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

ECBとは、欧州中央銀行(European Central Bank)のことを指し、ユーロ圏の金融政策決定会合を、ECB理事会と呼びます。 ユーロ(EUR)の為替レートの値動きに影響を与えることは言うまでもありませんが、世界経済に多大なる影響を与えますので、日本や米国の経済や金融動向にも影響を及ぼします。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

ファンダメンタルズ分析とは、経済の状況や金融政策の動向などから将来の為替レートの値動きを予想する分析手法です。 一方、テクニカル分析とは、チャートを使って過去の値動きから、将来の為替レートの値動きを予想する分析手法です。 ※ファンダメンタルズ分析の詳細は、記事:FX初心者の超分かりやすい入門講座「ファンダメンタルズ分析とは?」(第2回)、をご覧ください。 ※・・・

ナンピンとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

ナンピンとは、含み損を抱えている時に更に買い増す(売り増す)ことをして、平均コストを下げる方法です。 買った後、相場が下がった時、損切りをせずに更に買い増すことをナンピン買い、売った後、相場が上がった時、更に売り増すことナンピン売り、と言います。

レバレッジとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

レバレッジとは、FX会社に預けた証拠金額よりも、大きな金額の外貨を売ったり買ったり出来る仕組みのことです。 2017年10月現在、日本のFX会社のレバレッジは最大25倍までかけることができます。一方、海外では規制が緩く、1000倍近くまでレバレッジをかけることが出来るFX会社も存在します。   ※レバレッジや証拠金についての詳細は、記事:FX初心者・・・

だましとは?|FX初心者が知っておくべきFX用語集

FX用語集

だましとは、テクニカル分析の買いシグナルもしくは売りシグナルが出たにも関わらず、相場がその通りに動かなかった場合を指します。 例えば、分かりやすい例で言うと、移動平均線のグランビルの法則で、レートが上向きの移動平均線を上抜けしたにも関わらず、レートがその後下がったりする場合です。   ※移動平均線のグランビルの法則については、記事:移動平均線の使い・・・

ページの先頭へ