FXトレーディングで勝つことは非常に単純です。

相場は上昇するか、下落するか、それか横ばいかの3つしかありませんので、上昇するときは買い、下落するときは売り、横ばいの時は何もしない(様子見)を、我々トレーダーは淡々と実行するだけです。

しかし、そんなシンプルな相場にも関わらず、まるで魔物と対決するかのように、ほとんど人は相場を難しく考え、何か聖杯(絶対に勝てるインディケーター)があるのでは無いかと相当の労力を掛けてしまっています。

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーを分ける一番のポイントは、横ばいやよく分からない相場の時に、「何もしない」選択肢を取れるかどうかなのです。

 

負け組トレーダーがすぐに手を出してしまう理由

多くの人は、急激に上がっている(もしくは下がっている)相場を見て、特にテクニカル的には何の根拠も無いにも関わらず飛び乗ってしまい、結局飛び乗った後に相場が反転して損切りをした経験は一度はあるのではないでしょうか?

また、トレードで利益確定をした直後に、その後の相場を見て「まだ利益を出せるかもしれない」と思い、手を出してしまったらせっかく稼いだ利益が吹っ飛んでしまった経験もあることでしょう!?

真に稼ぎ続けているトレーダーは、「何もしないことが最良の行動である」ことをしっかりと理解しています。

明確な根拠の無い時に手を出せば、稼げることもあるかもしれませんが、それはただの運で、ギャンブルと何ら変わりません。FXでずっと稼ぎ続けることは難しいでしょう。

また、それで損失を出してしまったら、せっかく慎重に計画を練ってトレードして生み出した利益を吹っ飛ばしてしまうかもしれません。

時には何もしない」を選択することは、思っている以上に難しいかもしれませんが、それをコントロール出来る人こそ、成功をおさめることが出来るトレーダーなのだと認識しましょう。

以下、破れば負けるリスクが高まるトレードルールです。参考までに。

<破れば負けは確実!絶対遵守のルール!>

1.明確な根拠の無い時はエントリー禁止。将来訪れるビックチャンスを待て。
2.ナンピン買い・売りは原則禁止
3.エントリー時にはS/Lを必ず設定し、マイナス方向への変更は禁止
4.負けた時こそ冷静になり、サイドを逆転させたり金額を倍にしたりすることは厳禁

 



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!

<FXブロードネット> FXブロードネット

<セントラル短資FX> セントラル短資FX

<FXトレードフィナンシャル> FXトレード・フィナンシャル

The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。