市場参加者が一番注目しているマーケットのイベントは何かと問われたら、間違いなく誰もが米雇用統計の経済指標発表だと答えるだろう。

米経済指標は主に、

・非農業部門雇用者数
・平均賃金
・失業率

で構成されておりどれも同じくらい重要であるが、特に非農業部門雇用者数が注目されている。

 

世界1の経済規模を誇る米国の景気動向はグローバル経済の先行きに影響を与えるものであり、その米国経済の温度感を図ることが出来るのがこの「米雇用統計」なのだ。

 

米雇用統計は毎月第1金曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に発表され、世界中の市場関係者が毎回固唾を飲んで結果を見守る。

 

アジアの金融機関のディーリンングも、皆がオフィスに居残り、まさにお祭り的なイベントとなっている。

 

マーケットの反応は、それぞれの結果が市場予想対比強いか、弱いかで変わる。予想対比強ければ当然米ドルは買われて、弱ければ米ドルは売られる。

 

ここで注意しなければならないのは、例えば非農業部門雇用者数が予想対比強くても、平均賃金は予想と比べて減少しており、また失業率も悪化していたら、逆にドルが売られる可能性がある。

 

それぞれの結果を総合的に見極め、今回の雇用統計の結果は、全体的に良好な内容だったのか、不芳な内容だったのかを判断することが重要なのだ。

 



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット