市場参加者が一番注目しているマーケットのイベントは何かと問われたら、間違いなく誰もが米雇用統計の経済指標発表だと答えるだろう。

米経済指標は主に、

・非農業部門雇用者数
・平均賃金
・失業率

で構成されておりどれも同じくらい重要であるが、特に非農業部門雇用者数が注目されている。

 

世界1の経済規模を誇る米国の景気動向はグローバル経済の先行きに影響を与えるものであり、その米国経済の温度感を図ることが出来るのがこの「米雇用統計」なのだ。

 

米雇用統計は毎月第1金曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に発表され、世界中の市場関係者が毎回固唾を飲んで結果を見守る。

 

アジアの金融機関のディーリンングも、皆がオフィスに居残り、まさにお祭り的なイベントとなっている。

 

マーケットの反応は、それぞれの結果が市場予想対比強いか、弱いかで変わる。予想対比強ければ当然米ドルは買われて、弱ければ米ドルは売られる。

 

ここで注意しなければならないのは、例えば非農業部門雇用者数が予想対比強くても、平均賃金は予想と比べて減少しており、また失業率も悪化していたら、逆にドルが売られる可能性がある。

 

それぞれの結果を総合的に見極め、今回の雇用統計の結果は、全体的に良好な内容だったのか、不芳な内容だったのかを判断することが重要なのだ。

 


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。