よくテクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらがいいのですか?という質問を受けますが、それに対する私の答えは決まっていて、「どちらも同じくらい重要です」ということです。

FXはテクニカル分析だけでも、ファンダメンタルズ分析だけでも勝つことは難しいです。ようは、それらはツール、つまりトレードをするための道具にすぎず、テクニカル分析だけしか知らないことは、サッカーを片方のサッカーシューズしか履かずにすることと同じです。

ファンダメンタルズを知らないことは、相場という暗闇の戦場をライトも付けずに、銃だけもって歩いていくようなもの。

「自分はテクニカル分析しか信じず、ファンダメンタルズは無視している」といって、勝っているトレーダーに限って、実はテクニカル分析と同じくらいファンダメンタルズの研究や分析もしており、潜在的にテクニカル分析に加えてフィルターの1枚として使っているのです。

初心者が優先的に取り組むのはテクニカル分析のトレード手法でいいと思いますが、ファンダメンタルズも同じように勉強していきましょう!!(^^)!

 

以下では、FX初心者がよく疑問に思う、基礎事項について取り上げました。

もしタイトルを読んで、よく分からないと思う方は是非読んでみてください。

為替相場が変動する要因・背景は?

リスクオフで円高(円買い)が進む理由は?

ドル円と日経平均株価が連動する理由は?

米FRBは事前に利上げ予想をマーケットに織り込ませる?

米利上げ織り込み(利上げ確率)とは?FED WATCHを活かそう!



今だけ、元メガバンク為替ディーラーのテクニカル分析教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中!
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。