1週間お疲れさまでした。

為替相場の方ですが、ドル円は、①北朝鮮の地政学的リスク、②過去最大規模のハリケーン「イルマ」の懸念等から、年明け以降キープしていた108円を終に割れて、107円台半ばまで一時下落しました。

テクニカル的にも、サポートとなっていたレベルを明確に突破してきており、チャートだけからはこのまま105円まで下落してもおかしくない状況になってきました。

 

本日は読者さんから、「リスク・リワードを意識して、その都度損切りする必要性はあるのか?含み損を抱えたら、そのままホールドしてもいいのではないか?」、という質問を受けていたので、それに回答してみたいと思います。

まず、多くの書籍やネットには、損切りの重要性が謡われており、損切り出来なければ破産を招きかねない等の説明がなされています。

これに関しては、半分は正解で半分は誤りだと個人的には思っております。そもそも最重要なのは、どのような資金で、どのようなトレードを行ったのかということ。

例えば、生活費を稼ぐデイトレーダーは、損切りをせずに塩漬けなどをしてしまっては、そのままレートが戻らない可能性もあり、一発退場のゲームオーバーになる可能性もあるのです。また、レバレッジをかけたトレードは、損切りをしなければ、いずれ強制決済に陥るリスクもあります。

しかし、余裕資金で別に全て失ってもどうってことないという投資家はどうでしょうか?もともと中長期のトレードをしているのであれば、金利受け取りの場合において、そのままほおったらかしにしていても影響は軽微かと思います。

円預金の金利はゼロに等しく、ドル円の場合、このまま昨年のように100円割れの水準まで下落する可能性はかなり低い(もちろん一瞬先は闇ですが)ですので、そのままほおったらかしでも何の問題もありません。

要は、自分のトレードスタイル、目的、資金力などを総合的に勘案し、判断すればいいのです。

 

もちろん、コロコロ優柔不断にトレードスタイルを変えるのはいいことではありませんので、一貫したトレードを出来るようにしましょう!(^^)!


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。