FXを始める前に知っておくべきことはいくつかありますが、その最たるものは証拠金取引とレバレッジについてです。これらの仕組みを理解せずにFXを始めると、取り返しのつかないことになるでしょう。

そこで今回は、FXを始めていきなり退場しないために知っておくべき証拠金取引とレバレッジの仕組みについて紹介します。これを読めば、無知ゆえの失敗を防ぐことができますよ。

証拠金取引とは?レバレッジとは?

証拠金取引とはなにか?レバレッジとはなにか?具体例を挙げながら解説していきます。

これらはFXをするうえで避けては通れない知識です。頭の中で何となく理解しているつもりでいるだけでなく、人に説明できるぐらいまで深く理解しましょう。

証拠金取引と差金決済

FXは証拠金取引で行われます。証拠金取引とは、口座にあるお金で直接投資対象を購入するのではなく、口座のお金を担保として取引することを言います。また、取引量に応じて担保として必要なお金が決まっており、この証拠金取引をするために必要な最低限の担保のことを必要証拠金と言います。

この証拠金取引のおかげで、円以外の通貨ペアを取引する際にも、いちいち外貨に変更する必要はありません。ユーロと米ドルの通貨ペアや、豪ドルと米ドルの通貨ペアを取引する際にも、口座に円を入金しておけば大丈夫です。

実際の取引で得た利益は、担保として預けている資金にプラスされ、損失を出した場合は差し引かれます。このように預けたお金を使って投資対象を購入せずに、損益額だけで決済することを差金決済と言います。

証拠金取引は運用資金以上の取引が可能

100万円の株を購入する場合、実際に100万円が必要な現物株投資と違い、証拠金取引で行われるFXでは、担保として50万円しか口座に入金していなくても、100万円分の米ドルを購入することができます。

このように運用資金以上の取引ができることをレバレッジと言い、FXの魅力の一つでもあり、リスクが高い理由でもあります。今回の場合だと、50万円の担保で、2倍の100万円の取引をおこなっているため、レバレッジ効果は2倍になります。

現在の日本のFX業者で取引可能な最大レバレッジは25倍のため、FX口座に100万円入金しておけば、2,500万円分の取引が可能です。

レバレッジ=てこの原理

レバレッジについてもう少し詳しく解説します。そもそもレバレッジは、てこの原理と訳されます。少ない資金で大きな取引を行えることを考えれば、ピンとくるはずです。では、なぜそのような取引が成立するのでしょうか?

例えば、現物株を100万円で購入して、105万円で売却したとしましょう。当初の100万円の資産は、5万円の利益により105万円に増加します。この時、100万円というまとまったお金が動いていますが、実際に取引後に増えたお金は5万円だけです。

この取引後に動くお金は、実際に購入に必要なお金よりずっと少ないことを利用しているのが証拠金取引です。取引後に損が出たとしても、問題なく払えるだろうと考えられる金額が必要証拠金であり、含み損から必要証拠金が不足すれば追加の入金を求められます。

この仕組みを理解していれば、どうして取引の最中に追加でお金が必要になるか?もし、入金しなければ強制的に決済されてしまうのか?納得できるはずです。

レバレッジのシミュレーション

レバレッジは強力な武器として利用できますが、一歩間違えれば致命傷を負ってしまうほど危険なものです。どれだけ破壊力があるのか、簡単なシミュレーションをしてみましょう。

100万円を元手にレバレッジ1倍(事実上レバレッジなし)で投資を行い、5%儲かったとしましょう。この時、100万円の投資に対して5万円儲かり、資産は105万円になります。

一方、100万円を元手にレバレッジ10倍で投資を行い、5%儲かった場合はどうでしょうか?レバレッジ10倍のため、実質的に1,000万円の取引を行うことになります。1,000万円の5%は50万円です。当初の資金100万円は1.5倍の150万円になります。とんでもない破壊力ですね。

今回のシミュレーションでは儲かっているからいいですが、これが損失なら…恐ろしいですね。

証拠金取引Q&A

証拠金取引やレバレッジの仕組みについて理解できただけでなく、レバレッジの破壊力もイメージできたと思います。それでは最後に、Q&A形式で証拠金取引の細かい部分を解説していきます。

証拠金取引の計算方法を覚える必要はある?

証拠金取引を行うには、取引するために必要な最低限の担保である必要証拠金以上のお金を口座に入金しなければいけません。当然、取引内容によって必要証拠金は変わってきますが、いちいち計算する必要はありません。FX業者のシステムで簡単に確認することができます。

必要証拠金以外にも、FX取引を行う上で大事な数値があります。口座に入金している証拠金に、現在の保有ポジションの損益を足したものを有効証拠金と言い、この有効証拠金と必要証拠金の比率から、証拠金取引を継続するための資金の余裕度を計ります。これを証拠金維持率といいます。こちらも自分で計算する必要はなく、FX業者のシステムで確認することができます。

証拠金維持率の具体的な計算方法は?

FX業者のシステムで確認できるため、計算する必要はありませんが、詳細を知りたい方もいるでしょう。下記は証拠金維持率の計算式になります。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

ちなみに、証拠金維持率をどの程度維持すればいいのか知りたい方もいると思いますが、この答えはありません。唯一言えることは、たとえ資金効率が悪くなろうとも、証拠金維持率は高ければ高いほどいいということです。

どんな通貨ペアでも必要証拠金は同じですか?

各通貨ペアによって、必要証拠金は様々です。どの通貨ペアでも一律なわけではありません。実際に取引する際には、各業者のサイトで確認してみてください。

証拠金不足になったらどうなるの?

含み損がある一定ラインを超えてしまうと証拠金不足になり、口座に一定額の入金を求められます。これをマージンコールと言います。

また、相場があまりにも急変動した場合には、自動的に全建玉がロスカットされます。そんなことにならないためにも、余裕を持った取引を心がけてください。

マージンコールの対処法は?

マージンコールの対処法は、追加で入金することだけではありません。清くあきらめて、全建玉を決済すれば、追加入金をする必要はありません。

ちなみに、マージンコールを無視していると強制決済されてしまうので注意してください。

強制決済があれば借金になることは絶対にない?

口座の資金がすべてなくならないように、含み損が悪化するとマージンコールや強制決済が発動します。

ただ、強制決済があるからと言って、絶対に口座の資金がマイナスにならないわけではありません。相場の急変動により、FXで借金を背負う人は少なからず存在します。

まとめ:知らなかったじゃすまない証拠金取引とレバレッジの仕組み

証拠金取引やレバレッジの仕組みは、FXをするのに必須の知識です。これが理解できていないと、いったい自分が何をしているのか?実際にはどの程度の取引をしているのか?なぜ、追加で入金しなければいけないのか?などが全く分かりません。

自分がどれだけのリスクにさらされているのか把握できなければ、遅かれ早かれ破産します。それほど、レバレッジに破壊力があることも理解していただけたと思います。知らなったじゃすまされませんよ。





The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。