副業でFX(外国為替証拠金取引)を行っている人にとって、FX専業トレーダーになることは、誰もが一度は夢見ることではないでしょうか。

実際のところ、副業としてFXをしていると、トレードできる時間帯がとても限られてきます。相場の急変にもタイムリーに反応できません。本業に体力と精神力を費やしているために、トレードできる時間帯になっても集中できないというケースも多く、それが勝てない原因にもなっています。

「もしトレードだけに集中できる環境だったら、どれだけ稼げるだろうか?」
「専業トレーダーになれたら、今より絶対稼げるようになるはずだ」
「専業トレーダーだった、もう面倒な人間関係ともおさらばで、自由な生活が送れるはずだ」

FXに慣れてくると、そんな思いも強くなってきます。専業トレーダーになれば、時間も労力もすべてトレードに費やすことができるのです。自分の実力をとことん発揮することが可能な環境です。

「すぐに億トレーダーの仲間入りができるんじゃないか?」

夢はどんどん広がっていきます。確かに、FX専業トレーダーになれば、現状の会社に従属するサラリーマンの収入より稼げそうに思えますね。

果たして、FX専業トレーダーになれたら、現状とどれだけ違う生活を送ることができるのでしょうか?

今回は、FX専業トレーダーのメリット、デメリットや、その生活ぶりについてお伝えしていきます。

専業のメリット

それではまずは、専業トレーダーのメリットを見ていきましょう。会社員では絶対に手に入らない、数多くのメリットを享受することが出来ます。

自由なライフスタイル

脱サラして、FX専業トレーダーになると、まず感動するのは、「あらゆるストレスから解放され自由を得たという実感」です。

早朝から起きて、1時間以上の時間をかけて出勤するような必要はありません。通勤ラッシュからも解放されます。

24時間という1日の時間をどのように使っても問題ありません。その裁量は、FX専業トレーダーであるあなたが決めることができるのです。

会社から課せられるノルマを達成することに駆けまわる必要もないですし、相性の合わない上司や同僚、後輩などとの人間関係を気にする必要もありません。これまで抱えてきたストレスから完全に解放されます。

何時に起きようがいいのです。いくらでも寝ていることができます。テレビやネットも好きな時に見ることができます。昼間からお酒を飲んでいたって、怒られることはありません。

急に旅行がしたくなって、1週間ほど沖縄旅行することも、1ヶ月ほどで日本各地を回ることだってできます。

ゴールデンウィーク休暇が永延と続くような感じです。

これから先は、誰の指図を受けることもなく、「自由なライフスタイル」で生きていくことができるのです。まさに夢のような生活です。

無制限に稼ぐことができる

これまで、どれだけ残業しても、どれだけ頑張っても、月収30万円は変わらなかったのが、その垣根がなくなります。頑張って月に50万円稼ぐこともできますし、月に500万円稼いだっていいのです。

今まで1年かけて稼いでいた金額を、たった1ヶ月で稼ぐこともできるわけです。これだと残りの11ヶ月は遊んで過ごすこともできますね。

どれだけ稼いでも文句など言われません。好きなだけ時間と労力を費やし、好きなだけお金を稼ぐことが可能なのです。

稼げば稼ぐほど、やりたいことを実現することができるようになります。今までは想像すらしなかったような高級車に乗ることもできますし、美味しい食事を毎日のように味わうこともできます。

リゾート地に別荘を建てることもいいかもしれません。季節によって住む場所を変えたっていいのです。すべてはあなたの自由になります。

FXだけでなく、株や不動産、仮想通貨のトレードを始めてさらに収入をアップするのもいいでしょう。

サラリーマン時代とは比較できないほどの充実した毎日です。

専業のデメリット

しかし、当たり前ですが、FXで専業になったからと言って、簡単に上記のメリットを手に入れられるわけがありません。ここからは、専業トレーダーになった場合のデメリットについて説明していきます。

安定した収入を確保する難しさ

ただし、稼げるか稼げないかは、FX専業トレーダーであるあなたの腕にかかっています。

いくらでも稼げるということは、逆に収入がゼロの日もあれば、マイナスになる日もあるということです。

サラリーマン時代であれば、どれだけ成果が出なくても、どれだけ失敗しても、安定した収入を得ることができました。明日はどうなるのだろう、とか、来月はどうなっているのだろうというような不安は抱かないはずです。

しかし、専業トレーダーになると話は別です。誰もあなたの生活を保障してはくれません。勝てなければ、どれだけの時間を費やそうと、どれだけの労力をかけようと、月収がマイナスになってしまうのです。

マイナスが続けば続くほど、資金が減り、トレードの内容にも影響を及ぼしてきます。資金が少なることで制限が生まれてくるのです。そこから生活費を捻出するとなると、さらに資金は減っていくことでしょう。

絶対に勝たなければならないという状況でするトレードは、副業で行っていたトレードとはまったくの別物です。多少負けても給与から補充すればいい、という甘い環境ではありません。

メンタル面でのストレスは計り知れないものがあります。週のスタートとなる月曜の朝を迎えることに恐怖を感じるFX専業トレーダーも多いそうです。

勝つためのチャンスを逃すまいと、マーケットニュースの情報収集を必死に行い、パソコンのモニターに映し出されるチャートを凝視する時間帯が続きます。

睡眠時間などあってないようなものです。1日の大半をパソコンとのにらめっこに費やすことになるのではないでしょうか。食事は1日1食というFX専業トレーダーだっています。

高度なスキルと努力が必要

FX専業トレーダーとして安定した収入を確保するのは、それだけ困難なことなのです。

ですから、FX専業トレーダーとして独り立ちするためには、自分なりの「勝てるタイミング」や「勝てるトレード方法」を見つけておかなければなりません。そこに至るためには、豊富な経験と高度なスキルが必要になります。

さらにメンタル面の成長も大切です。1万円のトレードも、1,000万円のトレードも、同じように冷静に行えるようになる必要があります。何より、どんな状況になっても、自分で決めたルールを徹底的に遵守する覚悟と精神力が重要です。

1万円のトレードでできたことが、1,000万円のトレードになった途端にできなくなったのでは、いつまでも勝てるトレーダーにはなれません。

FX専業トレーダーになるためには、あらゆる面での日々の努力が必要なのです。

そして、常に自分を磨いていくという意識を大切にしていかなければなりません。

まとめ

勝てるトレーダーは、全体に1割ほどという厳しい世界です。勝ち残っていくためには、「リスクマネジメント」を徹底し、常に自分のトレードを分析・反省し、ストイックに成果を追求していく姿勢が必要になります。

一方で、本当に勝てるトレーダーは、「タイムマネジメント」も重視し、的確に取り組んでいます。

いつ睡眠をとり、いつ食事をとり、いつ休養するのか、そしていつトレードをするのかをしっかりと決めているトレーダーが多いのです。ずっとパソコンの前に座っているような不健康なことはしません。

日々、自分を高めて、勝てるトレーダーになれば、本当の自由を手に入れることができるのです。

FX専業トレーダーになるのであれば、現実から逃げるようにFXの世界に飛び込んではいけません。今までよりも高いステージに挑戦する気持ちで飛び込むべきです。

本気でFXの専業トレーダーを目指しているのであれば、ぜひ無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」を有効活用してください。とことん勉強した先に、自由な未来が待っています。