FX(外国為替証拠金取引)には、様々な専門用語が登場してきますので、FX初心者の頃はそれだけでも戸惑います。取引ツールの操作も複雑に見えますし、チャートの見方もよくわかりません。

覚えなければならないことが多くて、FXを始めることを断念する人もいます。

しかし、日々少しずつ勉強していけば、すぐにFXの仕組みに慣れていくことができます。すべての知識とスキルを身につけなければ、FXで勝てないわけではありません。それを待っていると、かなりの年月がかかってしまいます。

有名トレーダーでも、すべての知識とスキルを身につけてからFXを始めたという人は皆無ではないでしょうか。

ただ、まったく知識のない状態で始めるのは無謀すぎますね。

では、最初はどうやって勉強していくのがいいのでしょうか?

FXを始めるにあたって、最低限の基礎を学ぶことのできる「入門書」や「テキスト」を書店やネット上で購入することができます。「サイト」でも勉強することは可能ですね。

FXの詳細を、「動画」を見ながら勉強できたり、直接指導を受けることのできる「セミナー」や「塾」などもあります。

今回は、FX初心者におすすめの勉強法と、FXの負けない方法についてお伝えしていきます。

FX初心者におすすめの勉強法

それではまずは初心者におすすめの勉強方法について説明していきます。知識ゼロでいきなりトレードするのは無謀ですので、しっかりと慣れてから取引できるようにしましょう。

デモトレードの活用

初心者にとって実際のトレードがイメージしやすいのが、「バーチャル取引」です。大手のFX取引業社には、だいたい用意されています。あくまでもバーチャルな取引です。「デモトレード」とも呼ばれます。

デモトレードを利用するメリットは、取引ツールに慣れることができることです。

さらに実際の為替相場の変動が反映されるので、自分のトレードで利益が出るのか、損失はどのくらいになるのかを確認することができます。

利益が出ても、損失が出ても、バーチャルなので、現実には何の影響もありません。単純に勉強するためのツールだといえます。

 

一方で、デモトレードを活用するデメリットもあります。

それはバーチャルでは、実際の緊張感を味わうことができないということです。

FXの勝敗を左右するのは、知識やスキルだけではありません。メンタル面の強弱が大きな要素を占めています。

現実に自分の資金が増えたり、減ったりすると、通常のメンタル状態を維持するのは難しくなるのです。つまりデモトレードをする時に冷静な判断ができても、それが現実のトレードになると話が変わってきます。

デモトレードは、FXのルール確認のようなものです。本当のFXを実感し、学ぶためには、実際に資金を用意し、リアルにトレードをして学んでいく必要があります。

 

デモ口座としても使えるMT4のインストール方法については、以下の記事もご参考下さい。

記事:MT4のインストール&使い方マニュアル【完全版】

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両立

取引ツールの使用方法に慣れることができても、ただトレードを続けているだけでは、なぜ相場が変動したのかという要因はいつまでもわからないままです。コイントスでトレードを繰り返すのとまったく同じで、運任せになってしまいます。

勝つ確率を高めていくためにも、「相場の節目」・「トレンド」を見極める「テクニカル分析」や、「経済状況」・「政治情勢」などの影響を考慮する「ファンダメンタルズ分析」の勉強は大切です。

どちらか一方だけを重要視するトレーダーもいます。例えば、ファンダメンタルズの情報にまったく左右されず、チャートの分析だけでトレードをするわけです。

様々なやり方を試してみた結果、それが一番勝てる方法だと判明したからでしょう。勝つためのコツややり方は、人それぞれですから、テクニカル分析に傾倒することを否定するつもりはありません。

しかし、FXの初心者の頃から一方だけになってしまうのは問題です。最初の頃は、自分に合っているのかどうかを確かめるためにも、いろいろなトレードの分析方法に挑戦すべきです。

テクニカル分析と、ファンダメンタルズ分析のどちらも両立できるように勉強するのがいいでしょう。

 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の基礎について知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:ファンダメンタルズ分析とは?|FX入門講座(第2回)

記事:テクニカル分析とは?|FX入門講座(第3回)

負けないFXのやり方

FXでは破産や資金がほとんどなくなるなどのリスクを極端に押さえる方法があります。しかし、多くの初心者はこれらのことをあまり意識せず、逆のことをして大負けをするなど、痛い目にあってしまっています。まずは、負けないためにどのような事を意識するべきか覚えましょう。

トータルで勝つという意識が大切

為替相場は上がるか・下がるのかの二択です。通貨ペアがドル/円だったとして、ドルを買って相場が上がれば勝ちですし、下がれば負けです。単純に計算すると、勝率は50%となります。

チャートの見方がわからず、経済情報などを入手しないまったくの素人の状態でも、2回に1回は勝てるわけです。

 

では、億トレーダーたちの勝率はどのくらいなのでしょうか?

勝率80%くらいでしょうか、それとも90%以上なのでしょうか。

 

実際は60%ほどです。仮に60%以上の勝率を続けていけるのであれば、世界で屈指の名トレーダーということになります。つまり、どれだけ凄腕のトレーダーも2~3回に1度は負けているのです。

実際に私の周りで年間で億を収益を上げている人でも、勝率が80%とか90%なんて人はほとんどいません。

これはFX初心者にとっては驚くべき事実かもしれません。FXをしていくうえで、負けることは当たり前のことなのです。

そうなると、FXのトレーダーで利益を生みだしている人は、ほとんどいないことになってしまいますね。

一日という単位で見ていくと、常に毎日勝っているというトレーダーはいないでしょう。負ける日があっても仕方ないのです。理由はいくつかありますが、今回そのこと以上にお伝えしたいのは、「トータルで勝つ」ということです。

しっかりと利益を確保しているトレーダーは、負ける日があっても、月単位で見ていくとトータルで勝っています。大切なポイントは、「トータルで負けないトレーダー」を目指すことです。勝っているトレーダーは必ずと言っていい程、負けが上手いのです。

リスクリワードの設定

トータルで勝つために必要不可欠なことは、「事前の目標設定」になります。

どのくらいの資金を投機し、月利どのくらいを目指すのかということだけではありません。そのくらいの含み損までは我慢し、どのくらいの含み益になると利益確定するのかというラインの設定も大切です。

特にFXで勝てない人の理由のひとつに「損大利小」というものがあります。含み損をギリギリまで我慢するため損失が膨らみ、少しでも含み益が出るとすぐに利益確定しまうので利益が小さいという現象です。

損大利小では、勝率が50%だったとしても、60%を突破しても、トータルで負けになってしまいます。小さく9回勝っても、1回大きく負けると利益より損失が上回るようだと、いつまで経っても勝てるトレーダーにはなれません。

勝てるトレーダーは、「損小利大」になっています。これだと勝率が40%でも、トータルで勝つことができます。

利益額と損失額の割合を示すのが、「リスクリワード」または「リスクリワードレシオ」です。

計算式は、利益額÷損失額 です。

リスクリワードが、1.0になるようだと、利益額と損失額が同じということです。勝率が40%の状態で、リスクリワードが1.0だと損失の方が大きくなります。

トレードのやり方によって目標設定は異なりますが、FX初心者であれば、リスクリワードを2.0にしたいですね。益確定のラインを、損切のラインの倍の幅で設定することになります。これだと勝率が33%以上であれば、トータルで勝つことが可能です。

 

リスクリワードについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:リスクリワードとは?初心者がFXで負ける理由を徹底解説

まとめ

リスクリワードを2.0に設定し、勝率40%以上を目指していけば、「必ずトータルで勝てるトレーダー」になれます。

まずはトータルでプラスで終えることを毎月達成できるように、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について勉強していきましょう。そのためにも、無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」(動画50本超、計8時間の動画講義)を有効活用していただけたらと思います。



今だけ、テクニカル分析の代表格、【限定】ライン分析の学習教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中! FXブロードネット
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。