決して破ってはいけない4つの絶対ルールの三つ目は、「エントリー時にはS/Lを必ず設定し、利食い時以外の変更は禁止」です。

 

プロの世界ではエントリーをしたらそれと同時にS/Lを置く(もしくは決めておく)のは当たり前のことですが、初心者の方々は中々この基本動作が出来ていない人が多いです。

 

S/Lのオーダーを置くメリット

1シナリオとは逆の展開になった場合に損切りが出来る
2経済指標の想定外の悪化やテロ発生など偶発的な事件で相場が逆に動いた時、損失を最小化出来る

 

もしS/Lのオーダーを置かないで、相場が逆に動いたにも関わらずそのままポジションを持っていたらどうなってしまうでしょうか?

 

まず想定シナリオと逆に動いた時は、本当はすぐにポジションをクローズして次の戦略を考えないといけないのに、そのままズルズルと損失額が拡大してしまい、資金を大きく減らしてしまうかもしれません。

 

また、想定外の出来事で相場が急変した時も、S/Lを置いていれば例えば被害を▲10万円で抑えられたところを、持ち続けてしまったので被害が▲50万にも▲100万にもなってしまうかもしれませんね。

 

トレードで一番大事なので、いかに負け(損失額)を小さくし、そしていかに勝ち(利益)を大きく出来るかです。

 

損失を最小限にして、次に来るチャンスで優位に進める為にも、S/Lは必ず置く習慣を付けましょう。

 

また、一度S/Lを置いたら、オーダーが付きそうだからと言って更に離してはいけません。

 

人間は自分の嫌いなことが起こりそうになる時、何か最もらしい言い訳を探して、自分の行為を正当化しようとする。

 

例えば、S/Lのレベルを変えたり、損切りをしないようにするのがこの最たる例です。

 

しかし、そのレベルのままではFXの世界で勝ち続けるのは難しいでしょう。

 

エントリーしてから自分の都合のいい言い訳を探すのではなく、エントリー前に全てのシナリオを考え、エントリー後は何もしないというトレードがベストです。

<破れば負けは確実!絶対遵守のルール!>

1.明確な根拠の無い時はエントリー禁止。将来訪れるビックチャンスを待て。
2.ナンピン買い・売りは原則禁止
3.エントリー時にはS/Lを必ず設定し、マイナス方向への変更は禁止
4.負けた時こそ冷静になり、サイドを逆転させたり金額を倍にしたりすることは厳禁

 



今だけ、元メガバンク為替ディーラーのテクニカル分析教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中!
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。