ロングとは、通貨ペアを買うこと。そして、ショートとは通貨ペアを売ることの意味です。

例えば、ドル円の通貨ペアを例に取ると、

・ロングとは、ドル円の通貨ペアの買いなので、ドル買い円売りのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ドル売り円買いをします。
・ショートとはドル円の売りなので、ドル売り円買いのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ドル買い円売りをします。

 

もしポンドドルの通貨ペアであれば、

・ロングとは、ポンドドルの通貨ペアの買いなので、ポンド買いドル売りのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ポンド売りドル買いをします。
・ショートとはポンドドルの売りなので、ポンド売りドル買いのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ポンド買いドル売りをします。



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット