ロングとは、通貨ペアを買うこと。そして、ショートとは通貨ペアを売ることの意味です。

例えば、ドル円の通貨ペアを例に取ると、

・ロングとは、ドル円の通貨ペアの買いなので、ドル買い円売りのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ドル売り円買いをします。
・ショートとはドル円の売りなので、ドル売り円買いのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ドル買い円売りをします。

 

もしポンドドルの通貨ペアであれば、

・ロングとは、ポンドドルの通貨ペアの買いなので、ポンド買いドル売りのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ポンド売りドル買いをします。
・ショートとはポンドドルの売りなので、ポンド売りドル買いのポジションを持つことを意味します。その後、決済の時は、ポンド買いドル売りをします。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!

<FXブロードネット> FXブロードネット

<セントラル短資FX> セントラル短資FX

<FXトレードフィナンシャル> FXトレード・フィナンシャル

The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。