「FXで使われるpips(ピップス)の意味が分からない」

FXや為替の業界では、レートの単位で「銭」「pips」「ポイント」など様々な呼称があり、混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。

pips(ピップス)とは、為替レートの基本最小単位のことです。

ただ、これだけを聞いても何のことかよく分からないと思うので、今回の記事では、pips(ピップス)とは何か?銭と何が違うのか?などについて簡潔に解説をしていきます。

今回の記事を読めば、pipsなどの単位で迷うことはなくなりますよ!

 

<今回の記事で分かること>
・pips(ピップス)とはどんな意味か分かる
・銭と何が違うのか分かる
・pips、銭、ポイントのそれぞれの使い方が分かる

 

pips(ピップス)とはどういう意味?

pipsとは、為替レートの基本最小単位のことです。

そして、結論から申し上げると、pipsは円を含む通貨ペアの場合と、円を含まない通貨ペアの場合で異なります。

それぞれのケースで以下の通りになります。

 

円を含む通貨ペアの場合
1pips=1銭=0.01円

 

円を含まない通貨ペアの場合見出しタイトル
1pips=0.0001

 

それでは詳しくみていきましょう。

円を含む通貨ペアの場合

円を含む通貨ペアとは、ドル円や、ドル円以外のユーロ円、ポンド円、豪ドル円(これらをクロス円と言います)があります。

そして、為替の世界では今は存在しない1円以下の単位が使われるので、0.01円=1銭を1pipsと表記します。

例えば、以下のドル円レートを見ると、FX業者が提示しているレートは小数点第3位までありますが、1銭が1pipsなので、小数点第2の箇所がpipsとなります。

円を含む通貨ペアの場合のpips

よくブログやSNSなどで、「ドル円で50pipsを獲得した!」というような会話がなされていますが、ここで円を含む通貨ペアであれば、pipsをそのまま銭に置き換えて「50銭獲得した」という意味になります。

円を含まない通貨ペアの場合

一方、円を含まない通貨ペアの場合はどうでしょうか?

円を含まない通貨ペアはドルストレートとも呼ばれ、ユーロ/ドル(EUR/USD)、ポンド/ドル(GBP/USD)、米ドル/カナダドル(USD/CAD)などがあります。

そして、ドルストレートの場合は、小数点第4位の箇所がpipsとなります。

例えば、下図のようにユーロドルのレートが1ユーロ=1.1973ドルだったら、0.0003の箇所がpipsですね。

円を含まない通貨ペアの場合のpips

それでは、ユーロドルを1.1973で買い、1.1993で利益確定したとします。

この時、どれくらいの獲得したのは何pipsでしょうか?

もう大丈夫だと思いますが、正解は20pips(1.1993 – 1.1973)となります。

pipsと銭やポイントの関係

最後に、FXや為替の世界では、基本単位として「ポイント」という言葉を使うケースがあります。

これは、ポイント=pipsとなります。

つまり、1ポイントは、円を含む通貨ペアの場合は小数点第2位、円を含まない通貨ペアの場合は小数点第4位となります。

以上のpips、銭、ポイントを整理すると以下のようになります。

pipsと銭の関係(円を含む通貨ペア)
通貨ペア 1pips 1ポイント
ドル円 0.01円(1銭) 0.01円(1銭)
ユーロ円 0.01円(1銭) 0.01円(1銭)
ポンド円 0.01円(1銭) 0.01円(1銭)
豪ドル円 0.01円(1銭) 0.01円(1銭)

 

pipsと銭の関係(円を含まない通貨ペア)
通貨ペア 1pips 1ポイント
ユーロ/米ドル 0.0001米ドル 0.0001米ドル
英ポンド/米ドル 0.0001米ドル 0.0001米ドル
米ドル/カナダドル 0.0001カナダドル 0.0001カナダドル
ユーロ/英ポンド/ 0.0001英ポンド 0.0001英ポンド

FXの用語に慣れよう!

FXを始めたばかりの人は、聞きなれない専門用語のオンパレードで右も左も分からない状態でしょう。

ただ、少しずつ用語の意味を理解していけば、視界が晴れていくと思いますので、今回説明した「pips」の意味をまずはしっかりと理解しましょう。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。