投資初心者投資初心者

FXでメキシコペソに投資をして、毎日スワップポイントを稼ぎたいのですけど、どうすればいいでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

メキシコペソは人気の高金利通貨投資だね!それでは、メキシコペソの特徴やFX投資のコツを説明していくよ!

FX(外国為替証拠金取引)では、日本円や米ドル、ユーロといった「メジャー通貨」以外にも、「新興国通貨」と呼ばれる「マイナー通貨」を扱うことが可能です。FX業者によって取り扱いが異なりますが、南アフリカランド(ZAR)、トルコリラ(TRY)、ニュージーランドドル(NZD)、メキシコペソ(MXN)などが注目されています。

あまり馴染みのないメキシコペソですが、実は「スワップトレード(スワップポイント投資)」をするトレーダーの間では人気があります。メキシコペソにはどのような魅力があるのでしょうか?

今回は、メキシコペソへの投資の特徴やその方法などについてお伝えしていきます。

<今回の記事で分かること>
・メキシコペソ投資に興味がある方向けに、特徴や注意点を解説!
・メキシコペソ投資は実際儲かるのか?
・具体的な方法や始め方など

 

メキシコペソ投資の特徴

投資初心者投資初心者

メキシコペソ投資にはどんな特徴があるのでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

投資先の情報を知っておくことは大切だからね!まずは、メキシコはどんな経済や特徴なのかみていきましょう!

投資をする前に、投資先がどんなところかをよく調べておくことは必須です。

何も知識が無いのに、儲かるという噂や表面的な情報だけを仕入れて、よく分からないものにお金を投じるのはかなり危険な行為と言えるでしょう。

これからメキシコペソ投資を始める方は、まずは、メキシコとはそもそもどんな国か?通貨はどんな特徴があるのか?を押さえていきましょう。

メキシコとアメリカの関係

メキシコペソの通貨国は、「メキシコ合衆国」です。カリブ海沿岸では油田が多く、世界第6位の産油国であり、銀の産出量では世界第1位となるほどの「資源国」になります。金や銅、オパールなども産出されていることで有名です。

そのメキシコの輸出先は、およそ8割をアメリカが占めています。ですからメキシコはアメリカ経済に依存しており、メキシコペソの価値は米ドルに大きく左右されることになります。

1994年に北米自由貿易協定(NAFT)が発効され、メキシコの対アメリカの輸出が拡大しましたが、トランプ大統領が大統領就任後に撤退を宣言して、メキシコは危機を迎えました。トランプ大統領は2018年初めに再交渉継続の意思を示し、9月には新しい貿易協定となるアメリカ・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が合意され、2020年1月に発効される予定となっています。

これによって、アメリカとメキシコの関係はさらに強くなると考えられています。

メキシコの成長

ただしメキシコの治安が悪いことに対しては、トランプ大統領も警鐘を鳴らしています。2017年には国内で2万件の殺人事件が発生しており、麻薬組織の横行が目立ちます。トランプ大統領は2018年1月のTwitterで、メキシコは世界で危険な国NO1だと名指しして非難しました。国境に壁を建設する主張は継続したままです。

メキシコの国民の4割は貧困層ですが、GDPは中南米第2位となっています。失業率もやや回復傾向で、人口も安定して増加していますので、2050年には世界第5位の経済大国にまで成長するだろうという見方もあります。

2017年にはメキシコ国内で石油価格が20%も値上がりし暴動にまで発展しましたが、それも2018年半ばには落ち着き、2018年12月に発足した左派のロペス・オブラドール大統領には汚職撲滅や経済成長の面で期待が寄せられています。

メキシコはここから先、大きな飛躍を遂げていくことになるかもしれません。

 

メキシコの特徴
・世界第6位の産油国、銀の産出量では世界第1位という「資源国」
・輸出先の8割をアメリカに依存し、アメリカ経済の影響を受ける
・治安が悪いが、将来的には成長の可能性も高い

メキシコペソでFXスワップポイント投資

投資初心者投資初心者

メキシコペソは高金利通貨と聞きますが、FXでの投資は魅力的ですか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

トルコリラに次ぐ高い金利の通貨だね!上手くいけば不労所得が得られるよ!

メキシコペソは、トルコリラと並んで高い金利で知られており、毎日スワップポイント(利息)を受け取れるFXでは非常に魅力のある投資先です。

ここからは、そんなメキシコペソ投資の方法や注意点について説明をしていきます。

スワップトレードとは?

長期でポジションを保有し、スワップ金利の利益を積み上げていくのが「スワップトレード(スワップポイント投資)」になります。

メキシコペソは、トルコリラ南アフリカランドと並ぶ高金利通貨ペアであり、日本円と比べると桁違いに高い金利となっています。

メキシコはトルコや南アフリカに次ぐ高金利通貨国

(引用:岡三オンライン証券)

 

また、メキシコの政策金利は、ほぼアメリカと同じような動きをしているのが特徴です。2008年には8.25%でしたが、リーマンショックなどの影響を受けて2009年に7.75%に下がり、そこからも下落基調で2013年には4.00%、2014年には3.00%まで落ち込みました。

しかし、2015年12月に3.25%に上がったことを皮切りに、2018年12月までに8.25%まで利上げが行われ、金融引き締めが進められました。

メキシコの政策金利の推移

 

メキシコペソ/日本円(MXN/JPY)のスワップ金利は、FXの取引業者によって異なりますが、1万通貨のロングポジションでおよそ13円~15円というのが目安です。トルコリラに比べるとスワップ金利が低いのですが、メキシコペソ/日本円(MXN/JPY)が2019年1月24日現在5.75円です。1万通貨でも5万円ほど、レバレッジを効かせれば、もっと少ない資金で取引可能ですから、かなりのポジションを保有することができます。その分だけ受け取れるスワップ金利も増えるのです。

仮に100万通貨を保有していれば、毎日1300円~1500円のスワップ収益が期待できます。月に4万円前後の利益です。暴落さえしなければ長期的にこの収入を得ることができます。日本の銀行だと、定期預金でも年利0.01%ですから雲泥の差です。

メキシコペソ投資におすすめのFX会社

メキシコペソ円のスワップ投資を始める方は、以下の中からスワップポイントが高いFX会社を選ぶようにしましょう。特におすすめは、セントラル短資FXです。

メキシコペソ円のFX会社比較表
FX会社スワップスプレッド取引単位
セントラル短資FX15円0.4銭1,000
みんなのFX13円1.8銭1,000
LIGHT FX13円1.8銭1,000
岡三オンライン証券12円0.7銭100,000
FXプライム12円1.9銭1,000
マネーパートナーズ8円0.5銭10,000
ヒロセ通商10円0.4銭1,000

※2019年6月時点

メキシコペソ円のスワップポイントやその他特徴をFX会社毎で比較したい方は、【メキシコペソ円スワップポイントFX会社比較ランキング】をご覧ください。

メキシコペソの為替レートの変動

新興国通貨のリスクは、やはり「ボラティリティが高い」という点でしょう。不安定な政治や経済によって、突発的に暴落する危険性があるのです。そうなるとスワップ金利で利益を積み上げても、為替差損によって一瞬で失うことになります。

メキシコペソ/日本円(MXN/JPY)の為替レートの変動を確認してみましょう。

メキシコペソ円の為替レート推移

 

2008年ごろは1ペソ11円台をつけていましたが、リーマンショックによって6円台まで暴落。その後、2012年には5円台まで下落しました。

しかし、アベノミクスによって円安に転じ、2014年には8円台まで回復しています。その後、中国上海総合指数の下落によって4円台の底値を記録。しかしすぐに6円台を回復し、その後は5円台から6円台前半での狭いレンジで推移している状態です。2017年以降は安定しています。

4円台への下落も想定されますが、現状のメキシコペソはかなり安値で、ポジションを長期に保有するにはチャンスと言えます。今後、さらにメキシコペソが持ち直してくれば、キャピタルゲイン(為替損益)とインカムゲイン(スワップ収益)の両方で利益を得ることも可能です。

トルコリラや南アフリカよりもリスクが低い理由

メキシコの経済は安定的

メキシコペソがスワップトレードをするのに適しているのは、他の新興国に比べて経済が安定していることが挙げられるでしょう。大手格付け会社のS&Pグローバルレーティングは、メキシコの信用格付けをBBB+と南アフリカやトルコよりも高く評価していますし、ムーディーズも同様にA3の評価です。

IMFの見通しでは、実質GDPが2017年2.0%であったのに対し、2018年は2.1%、2019年は2.3%と予想しています。

2018年のプライマリーバランスは、GDP比1.3%の黒字であり、債務残高はGDP比53.1%と前年よりも1.2%ほど低下の見込みです。インフレ率も2017年が6.0%だったのに対し、金利引き締めを行って2018年には4.9%と適正値に近づいてきています。

債務残高、インフレ率といった面で他の新興国は問題を抱えていますが、メキシコはその点においても優秀で、新興国の中でもリスクの低い国として注目されているのです。その点が、ポジションを長期に保有することになるスワップトレードにおいて、かなり重要な要素になってきます。

経済大国として安定感を示しているアメリカと深く繋がっているという点も、投資家に安心感を与えることができ、メキシコにとっては大きなメリットになっています。メキシコファーストを宣言し、トランプ大統領と対峙する姿勢を見せていたオブラドール大統領も、最近はアメリカに歩み寄ってよっている点もプラス材料と考えていいでしょう。

 

メキシコペソのスワップトレード
・メキシコペソは、トルコリラや南アフリカランドと並ぶ高金利通貨
・ボラティリティが高いという点は注意が必要だが、メキシコペソは足元では安定推移
・トルコや南アフリカよりも経済は安定的

メキシコペソで不労所得を狙っていこう

スワップトレードをする場合、ただ単純にスワップ金利の高さだけで手を出すと、後で痛い目にあうことがあります。かといって米ドルのように為替レートの高い通貨では、あまり多くのポジションも保有できません。

スワップ金利も期待でき、為替レートが安く、今後の経済成長に期待できるメキシコペソは、まさにスワップトレードをするには格好の通貨なのです。南アフリカランドトルコリラだけでなく、メキシコペソにも注目してみるのもいいのではないでしょうか。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!