FX(外国為替証拠金取引)では様々な国の通貨を扱い、その売買によって為替差益(キャピタルゲイン)を得ることがメインになりますが、それ以外にも「利息」(インカムゲイン)によって利益を積み上げていく方法があります。

高金利の国の通貨を保有し続けることで、毎日スワップポイントを受け取ることができるのです。ほとんど売買せず、長期でポジションを持ち続けるトレード手法で、「スワップトレード(スワップ投資)」とも呼ばれています。

今回は高金利通貨として注目されている「南アフリカランド」(ZAR)のスワップトレードについて、また、スワップトレードするのに最適なFX会社についてお伝えしていきます。

【今回の記事でわかること】
・南アフリカの経済状況
・南アフリカランドのスワップポイントが有利なFX会社
・FXプライムby GMO でスワップトレードしたシミレーション

 

南アフリカの景気動向

新興国通貨は、高金利のためにポジションを保有するとスワップポイントはプラスになりますが、ボラティリティ(変動)も大きいために為替差損が生じるリスクがあります。

南アフリカ共和国の政策金利や経済成長はどのように推移しているのでしょうか?

南アフリカの政策金利

南アフリカの制作金利

日本では異次元金融緩和が継続中ですので、政策金利は0.10%です。一方で南アフリカは2019年6月の現時点で6.75%となっています。リーマンショック以前の12.00%と比べると低い水準ですが、一時期は5.00%まで引き下げられていますので、2014年以降は上昇傾向です。

2016年3月には7.00%まで引き上げられましたが、2017年7月には6.75%、2018年3月には6.50%と利下げが続き、同年11月に6.75%に回復してからは現状維持が続いています。

このように日本よりも金利は高い状態ですので、日本円を売って、南アフリカランドを買えば、その分だけ利息がつくわけです。ですから南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)を扱う際は、ロングポジションでなければスワップポイントはプラスになりません。ショートポジションだとスワップポイントはマイナスになりますので注意が必要です。

(スワップポイントの仕組みについて知りたい人は、【スワップポイントとは?FX会社おすすめ比較ランキング】をご覧ください。)

 

南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)の為替レートとしては、2019年6月17日段階で1ランド7.33円です。2017年以降は7.0円台から9.2円台のレンジでの推移になっています。

南アフリカランド円の為替チャート

2018年9月にトルコリラが暴落した余波を受けて7.2円台まで下落、2019年1月はアップルショックの影響で一時的に7.3円台をつけましたが、どちらも8.2円~8.3円までは回復しました。

7.5円がサポートラインでしたが、アメリカ・中国の貿易紛争の影響があり2019年6月にはブレークして7.18円まで下落しています。ここからまた反発するようであれば、円高ランド安の状態ですので、ポジションを保有するにはチャンスです。

南アフリカの政策金利と南アフリカランドの為替レート
・政策金利は2019年6月時点で6.75%
・2017年以降は1ランド7.0円から9.2円のレンジ

南アフリカの経済成長

資源国の南アフリカは金の産出量が世界の半分を占めており、さらにダイヤモンド、プラチナ、レアメタルなどの輸出が盛んです。BRICSとして、ブラジル・ロシア・インド・中国と並んで注目されているのが南アフリカになります。

2018年のGDP成長率は0.78%と169位でしたが、IMFの見通しでは、2019年は1.2%、2020年は1.4%とそれぞれ上昇となっており、今後の経済成長はさらに期待ができるでしょう。

2017年のアフリカ民族会議(ANC)の議長選で勝利し、大統領となったラマポーサ氏は、経済成長のために500億ランドの投資を実行しています。2019年5月の総選挙でも勝利し、二期目に突入したラマポーサ政権に寄せる期待は大きなものがあります。

懸念材料は南アフリカの輸出先として第1位が中国であり、第2位がアメリカですので、この2ヶ国の関係がこじれて互いに景気が後退するようだと、南アフリカにも大きな影響が及ぶということでしょう。

IMFもそのあたりを見越して、2019年のGDP成長率を1.4%から1.2%へ、2020年を1.7%から1.4%に下方修正しています。

アメリカと中国の問題が長期化するのか、それとも合意に落ち着くのか、情勢によって南アフリカの景気や南アフリカランドの為替レートは左右されることになります。

南アフリカの経済成長
・IMFの見通しでは2019年、2020年ともに上昇
・アメリカと中国の貿易紛争に左右される

南アフリカランドのスワップトレード

スワップトレードのポイントは、安値で買ってそのまま長期間保有し続けることです。為替レートが上昇するのであれば、為替差益が生じるだけですのでまったく問題ありません。

問題は高値でつかんでしまった場合です。スワップトレードはその特性上、ポジションを多く保有しがちです。ポジション量が多いほど受け取れる利息も多くなります。ポジション量が多くなると、為替差損のリスクも高まりますので注意が必要です。

また、スワップポイントはFX会社によって、また扱う通貨ペアによって大きく異なりますので、より有利な条件のFX会社を選ぶことが重要です。

スワップポイントの高さなら「FXプライムby GMO」

南アフリカランドのスワップポイントを確認していくと、2019年6月の段階としては、1万通貨で8円というFX会社もあれば、13円というFX会社もあります。大手として有名なDMM FXで11円です。

その中で最も高いスワップポイントを設定しているのが「FXプライムby GMO」で15円です。過去のスワップポイントを振り返ってみても安定して業界最高水準を維持しています。

FXプライムby GMOはもともと約定力の高さに定評があり、スリップページや約定拒否がほとんど発生しないことで有名です。

 

2019年3月に株式会社矢野情報研究所が実施した「約定率・スリップページ発生率調査」において、FXプライムby GMOはスリップページ発生回数がなんと0回です。他社で優秀なところでもスリップページ発生率は10%以上で、40%を超えるFX会社もある中で、FXプライムby GMOはスリップページ発生率が0%を記録しています。約定率も100%です。

より有利な条件、環境で南アフリカランドを扱いたいのであれば、間違いなくFXプライムby GMOがおススメになります。

FXプライムby GMOのメリット
・南アフリカランドのスワップポイントが業界最高水準
・約定力も業界最高水準

 

FXプライムbyGMO

どのくらいの利益が期待できるのか

FXプライムby GMOで、南アフリカランドのスワップトレードを行った場合、どのくらいの利益が期待できるのでしょうか?

1万通貨であれば1日受け取れる現在のスワップポイントは15円(※値は日々変動します)ですから、やはり10万通貨以上は保有したいところです。米ドルであれば10万通貨ともなると、レバレッジ25倍を効かせても44万円ほどの証拠金が必要になりますが、南アフリカランドだと29,000円ほどです(1ランド7.3円換算)。

仮に50万通貨保有したとして、必要証拠金は146,000円で、スワップポイントは1日あたり750円ということになります。30日間で22,500円の利益です。1年間だと27万円を超える計算です。その間、必要証拠金は動かすことができませんが、およそ15万円の投資で27万円のリターンはかなり魅力的です。売買する必要がないので、完全に不労所得といえるでしょう。

1年後や2年後に1ランド8.3円と、1円の円安になっていれば為替差益も50万円となります。底値で買うことができれば、このように安定してスワップポイントを得ることができつつ、為替差益も期待できるのです。

もちろん円高に進めば含み損が発生します。為替レートが戻れば、スワップポイント分だけプラスになるのですが、ポジション量が多すぎて強制ロスカットになってしまうケースも考えられるので注意してください。

どこまでの損失ならば許容できるのかを確認してからポジションを保有するようにしてください。少なくとも1ランド7.0円まで下落しても耐えられるだけの余剰金は必要です。

FXプライムby GMOで南アフリカランド50万通貨をスワップトレードすると
・毎日750円のスワップポイント
・1年間で27万円以上のスワップポイント
・1円の円安で50万円の為替差益
※スワップポイントは日々変動します。

まとめ

ご紹介したように、1ランド7円台前半であればロングポジションを保有するチャンスです。逆に8円台を突破しているような状態であれば様子見となるでしょう。

どのタイミングで約定するのか、どのFX会社を利用するのかはスワップトレードの結果を大きく左右します。スワップポイントも約定力も業界最高水準のFXプライムby GMOを上手に活用して、ぜひ南アフリカランドのスワップトレードで大切な資産を増やしてください。

FXプライムbyGMO



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!