投資初心者投資初心者

くりっく株365に興味があるのですが、どうでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

FXと並んで人気のある投資だね!くりっく365ならひまわり証券が最もおすすめだよ!

「くりっく株365に興味があるけど、そもそも何か分からない!」
「くりっく株365を始めるなら、どの証券会社がいいのか?」

このような疑問を持って、当記事に来られたと思います。

くりっく株365をするなら「ひまわり証券」が断トツでおすすめです。

そこで今回は、これからくりっく株365を始めたい方向けに、くりっく株365の仕組みやひまわり証券がなぜいいのか?理由や特徴についてお伝えしていきます。

 

<この記事で分かること>
・くりっく株365とは何か?分かる
・ひまわり証券がなぜおすすめなのか?
・くりっく株365を始めて投資のバリュエーションを増やせる

 

くりっく株365とは

くりっく株365とは「取引所株価指数証拠金取引」のことで、一言で言うと日経平均株価などの指数を売買することです。

それではまずは、くりっく株365の特徴を詳しくみていきましょう。

扱っている銘柄は4種類のみ

株式となるとFXの通貨ペアと異なり、かなりの銘柄数になります。どの企業の株式がいいのか、分析するのも、選択するのも一苦労です。そこで投資初心者には、銘柄が4種類しかない「くりっく株365」がおすすめです。

 

くりっく株365の取引銘柄
・日経225
・NYダウ
・DAX
・FTSE100

 

くりっく株365の取引銘柄

(画像引用:ひまわり証券)

くりっく株365とは、取引所株価指数証拠金取引の愛称になります。こちらで扱っている銘柄のひとつは、東京証券取引所、東証一部の上場企業から選ばれた225銘柄の平均株価指数である「日経225」です。日本人トレーダーにとっては最もメジャーな株価指数でしょう。

他にも、アメリカを代表する大企業30銘柄の平均株価指数である「NYダウ」、フランクフルト証券取引所の上場企業から選ばれた30銘柄の平均株価指数が「DAX®」、ロンドン証券取引所の上場銘柄で時価総額上位100社の平均株価指数が「FTSE100」の3つがあります。

日経225、NYダウ、DAX®、FTSE100、この4銘柄だけしかありません。かなり絞って分析することができるでしょう。

銘柄を選んだら、後は上がると思えば「買い」、下がると思えば「売り」という流れになります。くりっく株365は、現物株と同じように配当があります(DAX®にはありません)。買いのポジションであれば配当を受け取ることができますが、金利相当額を支払うことになります。売りのポジションであれば、金利相当額を受け取る代わりに配当分を支払うことになります。

 

また、FXのように24時間取引をすることが出来るので、時間が無いサラリーマンでも取引が可能です。

くりっく株365の取引可能時間

レバレッジを効かすことも可能

どのくらいの資金があればくりっく株365を始めることができるのでしょうか?

FXの場合、基本は1万通貨から取引ができます。米ドル/日本円(USD/JPY)で1ドル110円だと、1万通貨で110万円が必要ですが、レバレッジ25倍を利かせれば44,000円で取引可能になります。

くりっく株365では、100単位からの取引になりますので、例えば日経225が2万円だとすれば、200万円必要です。ただし、こちらもレバレッジを効かせることができますので、レバレッジ20倍であれば、10万円くらいから始めることができます。

くりっく株365の取引に必要な証拠金

FTSE100であれば、もっと少額でも取引が可能です。FTSE100が7,000円だとすれば、70万円必要ですが、レバレッジ20倍であれば35,000円で取引できます。

どの銘柄を扱うかによりますが、3万円から10万円ほどあれば、くりっく株365を始めていくことができるということです。

このようにレバレッジの効果があるために、少額からくりっく株365を始められるのですが、FX同様に余剰金に余裕がないと証拠金維持率が低下してしまい、強制ロスカットになってしまいますので、実効レバレッジはなるべく低くしていくことが大切になります。

FTSE100を35,000円で買うにしても、証拠金としては、10万円は入れておきたいところです。FXと同じようにリスクマネジメントをしっかりしていくことが、勝つためのポイントです。

 

くりっく株365の特徴
・日経225、NYダウ、DAX、FTSE100の4種類を取引できる
・FXのように24時間売買できるため会社員の方でも有利
・レバレッジを効かせること可能

ひまわり証券のくりっく株365が良い2つの理由

投資初心者投資初心者

くりっく株365をするなら、どこの証券会社を使えばいいですか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

くりっく株365が取引できる証券会社は多数あるけど、ひまわり証券が特におすすめだね!

それでは、ひまわり証券がなぜ多くの投資家に選ばれているのか?その理由を見ていきましょう。

ひまわり証券

手数料が業界最安値水準

くりっく株365は取引所取引ですので、扱っている業者は多くの点が共通することになります。取引価格もマーケットメイカーから提示された価格の最も有利なものが選ばれますし、金利も支払い側、受け取り側が同額に設定されています。この点はどこの業者でも一緒です。

そんな、なかなか差別化しにくい中で、ひまわり証券のくりっく株365が人気を誇っている理由はどこにあるのでしょうか?

くりっく株365は、FXと違い、手数料がかかります。こちらの手数料は業者によって異なるのです。一般的には片道153円がくりっく株365の手数料の目安です。ひまわり証券のくりっく株365は、片道148円となっており、業界最安値水準になっています。これはひまわり証券の大きなメリットのひとつになります。

ひまわり証券は業界最安値

コストを抑えつつ、シンプルで使いやすいひまわり証券オリジナルのトレードプラットフォームを無料で活用していくことができるのです。ちなみにFX自動売買におけるイメージ調査にはなりますが、日本マーケティングリサーチによると、ひまわり証券は「利用のしやすさ」、「スマホの好感度」、「安心と信頼」という3項目においてNO1に輝いています。こういったサービス面で他社に差をつけているのが、ひまわり証券なのです。

FXで人気のループイフダンが使える

ひまわり証券といえば、FXの自動売買ツール「ループイフダン」を提供していることでも有名です。FXは平日であれば24時間取引可能ですので、寝ている間や本業に勤しんでいる間も、ループイフダンを使ってどんどん利益を積み上げていくことができます。

関連記事:【保存版】FXループイフダンの実績は?評判や口コミも一緒に!

 

くりっく株365もほぼ24時間の取引が可能です。日経225とNYダウは、平日8時30分から翌日の6時まで(サマータイムであれば5時まで)、DAX®は平日16時から翌日の6時まで(サマータイムであれば5時まで)、FTSE100は平日17時から翌日の6時まで(サマータイムであれば5時まで)(すべて日本時間で24時間表記)となっていますので、寝ている間にも効率的に利益を出していくためには、システムトレードが有効です。

そこで、ひまわり証券では「ループ株365」のサービスを行っています。これもひまわり証券の大きなメリットのひとつでしょう。仕組みはFXのループイフダンと同じです。ループ株365の場合は、「銘柄」、「買いか売りか」、「値幅」の3項目を決めるだけで取引をしていくことができます。後は自動的に売買を繰り返してくれるのです。

ループ株365

ループ株365を利用すると、「投資助言報酬」が別途課せられます。こちらも片道148円かかりますが、なんと2019年3月29日まではキャンペーン中につき、無料になっています。つまり片道296円かかるところが、手数料の148円だけで自動売買ツールを使ってシステムトレードをしていくことができるのです。

 

ひまわり証券の特徴
・手数料が業界最安値
・FXで人気のループイフダンが利用可能

くりっく株365ならひまわり証券を使おう!

ひまわり証券

 

くりっく株365では先物とは異なり決済期限がありません。現物株と同じで長期保有が可能になっています。投資信託のようなランニングコストをかけずに、CFDを長期の資産運用に活用できるのです。現物株とは異なり、売りから入ることもできますので、リーマンショック、アベノミクス以降の株価の動きを分析して、売りのポジションで長期運用するのも面白いアイディアかもしれません。

資産に余裕があるのであれば、FXだけでなく、分散投資でくりっく株365に投資していくとリスクヘッジになります。店頭CFDと異なり、くりっく株365はトレーダーの証拠金が、東京金融取引所預かりになっており、分別管理されています。仮に東京金融取引所が破綻するようなことがあったとしても、1,000万円を上限とした補償がありますので、不安なくトレードに集中できるのではないでしょうか。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。