投資初心者投資初心者

ETFで海外投資するってどんな感じでしょうか~・・・?

海外投資に興味はあるけど、何に投資をすれば良いのか見当もつかず悩んでいる投資家も多いのではないでしょうか。

日本の株でも個別銘柄を選んだり調べたりすることは難しいですよね。海外投資ですと日本語で手にはいる情報も限られていますし、余計に難しく感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、ETFという株と同じような感覚で取引できる金融商品なら、難しい個別銘柄の選択に悩まずに投資をすることも可能です。しかも、ETFなら海外の個別株投資では難しいインデックス投資などの投資法も個人で気軽にすることができます。一度、覚えてしまえばETFを通じた海外投資は簡単です。

それでは見ていきましょう。

1.そもそもETFって何?

ETFとは「Exchange Traded Funds」の略です。日本語ですと「上場投資信託」のこと。ETFは投資信託の1つですが普通の投資信託と違う点があります。

・ETFは普通の投資信託と異なり取引所に上場されているため株と同じように取引可能
・ETFの取引価格はリアルタイムで変動する市場価格。投資信託は1日1回算出される基準価格
・ETFの方が普通の信託手数料は安め

 

簡単に言えば、株と同じように取引でき信託手数料も安い投資信託です。日本の東京証券取引所でもアメリカの取引所でもETFは上場されており、日本の証券会社を通して気軽に購入することができます。

株式市場に上場されている投資信託で何故、海外投資ができるのだろうと疑問に思う方もいるかもしれません。海外投資で何故ETFが便利なのかをご紹介します。

 

投資信託の基本について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

関連記事:初心者でもわかる投資信託の基本的な仕組みと始め方

2.海外ETFと国内ETF

ETFには海外で上場されているETFと国内で上場されているETFがあります。どちらも日本の証券会社を通じて買うことができます。ただし海外の方が上々されているETFの種類が多く選択肢は豊富。

しかし近年、日本でもETFの取り扱いが増えてきました。海外ETFを買うならアメリカ市場がおすすめです。アメリカ株と同じように購入することができ種類も豊富だからです。一方、日本株を中心に取引している人なら、そのまま日本で上場されている海外を対象にしたETFを購入しても良いでしょう。

3.ETF投資の5つのメリット

ETF投資の代表的なメリットを5つご紹介します。個別銘柄の株にはないETF投資ならではの魅力があります。

ETFならではの5つの強みを理解すれば、あなたの投資戦略の幅も広がります。

その1:ETFなら海外のインデックスに気軽に投資できる

アクティブ投資とパッシブ投資

投資の世界にはアクティブ投資とパッシブ投資の2種類の投資法があります。アクティブ投資は積極的に騰りそうな株を厳選して買う方法です。一方でパッシブ投資は簡単に言えば日経平均やNYダウなどのベンチマークになる指標に連動する運用手法です。分かりやすく言えば日経平均やNYダウそのものを買うことができます。

アクティブ投資が有利かパッシブ投資が有利かは見解が分かれるところですが、統計によるとほとんどのアクティブ投資はパッシブ投資の成績を上回ることができないと言われています。

パッシブ投資は個人では難しい

しかしパッシブ投資を個人で買うことは難しいのです。何故なら日経225ならば225銘柄を全て買わなければなりません。225もの銘柄を買うのはそれぞれ最低単元で購入したとしても、かなりの額になってしまいます。

この場合ETFならば225銘柄の平均を1口あたり安い単位で購入することができます。そのためパッシブ投資をしたい投資家にとって、ETFは強い味方です。しかもETFには世界の代表的なベンチマークに連動させたものが多くあります。

その2:ETFなら世界の様々な国にアクセス可能

日本からアクセスすることが難しい市場があります。例えば東南アジアのタイやベトナム、またインドの個別株を買うのは難しいのではないでしょうか。

日本の証券会社でも取り扱いが少ないため興味があっても投資するのに手間がかかる国も多いのです。

しかし、ETFなら世界中の様々な国のベンチマークに連動しているものが多数あります。

例えばタイが将来、有望だと思って投資をするならアメリカに上場されているiシェアーズのタイETF(THDという名前で上場中)か日本で上場されている「1559」を買えば、タイの代表的な有力企業をセットで投資するのと同じ効果を得ることができます。

アメリカの代表的なインデックスの1つS &P500も日本ならば「1557」、アメリカならば「SPY」として上場されています。自分の興味のある世界の様々な国のETFを探してみてはいかがでしょうか。

その3:ETFなら銘柄選択に悩まなくて済む

個別銘柄は財務諸表や銘柄のニュースも確認しなければなりません。例えばアメリカのAppleの株に投資をするならAppleのバランスシートや1株あたり利益、さらには新しくリリースする予定の新商品の情報まで追いかけなければ投資判断をするのは難しいのではないでしょうか。

その上で銘柄を買うかどうかの選択もしなければなりません。

しかしETFはベンチマークに連動しているため、個別銘柄ほど細かいニュースを追わなくても投資判断ができるというメリットがあります。

その4:ETFは信託手数料も安め

ETFじゃなくてもアメリカやインドに投資できる投資信託もあるじゃないかと思った人もいるかもしれません。

確かにアメリカやインドにファンドマネージャーが代わりに投資してくれる投資信託を購入することでも海外投資は可能です。投資信託は自動積立や購入手数料がかからないメリットがあるものもあり、海外投資をする上で選択肢の1つです。

しかし、投資信託は持っているだけで信託手数料が発生します。ETFにも信託手数料は発生しますが投資信託の方が信託手数料は安めです。長期で保有すると信託手数料もかさんでしまいます。

その5:ETFは好きなタイミングで投資できる

ETFは好きなタイミングで投資することができます。例えば買う時に安いタイミングを見計らって購入することができます。

通常の投資信託ですと1日の基準になる価格が決められているため買うタイミングを見計らうことはできません。また市場が動いている限り好きな時に売ることができます。売買のタイミングを自由に選べるのもETFならではの魅力です。

 

ETF投資のメリット
・その1:ETFなら海外のインデックスに気軽に投資できる
・その2:ETFなら世界の様々な国にアクセス可能
・その3:ETFなら銘柄選択に悩まなくて済む
・その4:ETFは信託手数料も安め
・その5:ETFは好きなタイミングで投資できる

 

おすすめの証券会社は、銘柄が豊富なサクソバンク証券や、ネット証券大手のマネックス証券です。

<サクソバンク証券>

サクソバンク証券

 

<マネックス証券>

マネックス証券

4.ETF投資のデメリット

ETF投資にはデメリットもあります。ここではETF投資のデメリットもご紹介します。

その1:大化け株ほど極端なリターンは見込めない

ETFは簡単に言えば株価の平均を買う投資戦略です。株価の平均を買う戦略ですので大きく外れをひくこともなければ逆に大化け株をひくこともありません。

例えば過去のGoogleやApple、Amazonの株価は上場時の倍以上になっています。銘柄選択に成功すれば株価が10倍になることもあります。しかしETFの場合、平均値を買うので、このような大化け株のような極端なリターンを手にすることは難しくなります。

その2:投資信託よりも購入手数料がかかる

ETFは投資信託よりも購入手数料がかかることがあります。保有する時の信託手数料はETFの方が安いことが多いのですが投資信託の中にはノーロードと呼ばれる購入手数料が無料のものもあります。

細かく積み立てをする場合は購入手数料がかからない投資信託の方が手数料が結果的にかからないケースもあります。

 

ETFのデメリット
・その1:大化け株ほど極端なリターンは見込めない
・その2:投資信託よりも購入手数料がかかる

 

また、海外投資をする際には、為替レートの変動も多少なりとも気にしておく必要があります。為替について学びたい方は、以下の記事もご参照ください。

記事:動画で学ぶFXとは?|世界一わかりやすい入門講座【元銀行員が解説】

5.海外に投資できる代表的なETF

海外に投資できる代表的な人気のETFをいくつかご紹介します。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

日本を含む世界中の大企業から中小企業の株式を保有するのと同じ効果が得られるETF。投資先は47カ国。銘柄数は約8000以上と言われています。

世界の株式市場を丸ごと買えるETFとして根強い人気があります。世界の経済は全体としては成長すると考えている方に、おすすめのETFです。

iシェアーズMSCIコクサイETF(TOK)

世界23カ国(日本以外)の先進国の株式市場に投資をします。日本の不動産や株は既に持っているからETFで新たに買う必要はないけど、日本以外の資産に投資をしたいという方におすすめのETFです。

iシェアーズ・コアS &P500ETF(IVV)

S&P500指数に連動したETFです。代表的なアメリカ株に全体的に投資したい方におすすめのETFです。

バンガードFISEエマージング・マーケッツ(VWO)

新興国投資を気軽にするなら、おすすめのETFです。ブラジル・ロシア・インド・台湾・中国・南アフリカなどの世界中の新興国市場で大型・中型株を保有することができます。

6.ETF投資のまとめ

ETF投資で海外投資を気軽にすることができます。ETFは株のような感覚で売買することができる上場された投資信託のこと。

海外の様々なベンチマークに連動したETFを買うことを通して個人でも簡単に海外投資をすることができます。

個別銘柄を選ぶのは自信がないけど海外投資をはじめてみたいという方にはETFがおすすめです。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。