投資初心者投資初心者

NISAを始めたいんですけど、おすすめの銘柄はどこかな~・・・

お得な投資制度であるNISAを活用してみたいけど、どんな銘柄に投資してよいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、NISAにオススメの銘柄をランキング形式でご紹介していきたいと思います。NISAで資産を有意義に活用していきましょう。

NISAとは?

「NISAの仕組みがまだよく分からない」って方は、以下の記事をご参考下さい。

記事:活用しなきゃ損!NISAの仕組み完全マニュアル【超入門】

10位 イオン(8267)

参考:イオン(8267)月足チャート

≪イオン(8267)基本スペック≫

配当利回り1.31%
最低単元の配当3,400円
PER62.41倍
PBR1.95倍
最低購入代金260,000円
単元数100株
株主優待株主カード・家族カード各1枚のオーナーズカードを発行。

半期100万円を上限に買い物金額の3%をキャッシュバック。

キャッシュバック率は保有株式数によって、3~7%となっています。

権利確定月2月・8月末日
配当+優待での利益総額3,400+α(買い物金額による)

 

高率キャッシュバックで大人気のイオン。

キャッシュバック率は保有株式数に応じて3%~7%とかなり高額に設定されています。毎月イオンで10万円のお買い物をする場合、最低保有数の3%のキャッシュバック率でも3,000円/月がキャッシュバックされてきます。年間では36,000円もキャッシュバックされることになり、配当利回り以上の金額が株主に還元されるお得な銘柄です。

イオンは権利落ち日が安値になるケースが多いので、買いは権利落ち日を狙っていきましょう。

9位 コナカ(7494)

参考:コナカ(7494)月足チャート

≪コナカ(7494)基本スペック≫

配当利回り3.98%
最低単元の配当2,000円
PER97.48倍
PBR0.3倍
最低購入代金50,200円
単元数100株
株主優待20%割引券:3枚

10%・5%割引券:1枚

権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額2,000+α

 

コナカは4%近い高配当と紳士服のコナカ系列で利用できる割引券が優待としてもらうことができます。紳士服のコナカ系列でお買い物をする方向けの銘柄です。

株価的には現在500円付近で持ち合いを形成しています。直近高値790円をブレイクした場合、1,000円付近まで上昇する可能性が高く、キャピタルゲインも狙える銘柄です。

8 位 オートバックスセブン(9832)

参考:オートバックスセブン(9832)月足チャート

 

≪オートバックスセブン(9832)基本スペック≫

配当利回り3.37%
最低単元の配当6,000円
PER21.6倍
PBR1.17倍
最低購入代金178,000円
単元数100株
株主優待オートバックスグループギフトカード

1年以上保有で1,000円分

権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額6,000円+1,000円

 

オートバックスセブンは配当+優待で高利回りが期待される銘柄です。オートバックスセブンを利用する方にお得な銘柄といえます。

株価的には現在年安付近をつけており、1,369円を割らない場合「買い場」になっています。うまく安い場面を拾っていきたいところです。

7位 青山商事(8219)

参考:青山商事(8219)月足チャート

 

≪青山商事(8219)基本スペック≫

配当利回り4.51%
最低単元の配当16,000円
PER15.64倍
PBR0.8倍
最低購入代金354,500円
単元数100株
株主優待株主優待割引券(15%割引券) 6枚
権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額16,000円+α

 

青山商事は4.51%の高配当かつPBRが1倍割れと割安なNISA向きの銘柄です。洋服の青山で利用できる割引券がもらえるため、洋服の青山を利用する方にオススメの銘柄です。

株価的には直近安値3,240円を割ることなく推移した場合、長い持ち合いを抜ける可能性が高いため、キャピタルゲインも狙えることも魅力の一つになっています。

6 位 あおぞら銀行(8304)

参考:あおぞら銀行(8304)月足チャート

 

≪あおぞら銀行(8304)基本スペック≫

配当利回り4.71%
最低単元の配当18,400円
PER10.59倍
PBR1.06倍
最低購入代金390,500円
単元数100株
株主優待株主優待券1枚

円定期預金:新規資金500万円以上入金時、3,000円の商品券プレゼント

金融商品仲介業務取扱商品:購入金額100万円につき2,000円の商品券プレゼント

投資信託:購入金額100万円につき2,000円の商品券プレゼント

権利確定月3月・6月・9月・12月末日
配当+優待での利益総額18,400円+α

 

あおぞら銀行は4.71%と高い配当も魅力的ですが、低金利時代に利息以上の商品券がもらえる株主優待が人気の銀行株です。一般的に銀行株はPBRが0.5倍前後の銘柄が多い中、あおぞら銀行はPBRが1倍以上となっており、人気の高さを表しているといえます。

株価的には長期でも持ち合いに移行しているため、安値を丁寧に拾っていくことで高配当と人気の株主優待券を比較的低リスクでゲットすることができるといえます。

5位 オリックス(8591)

 

参考:オリックス(8591)月足チャート

 

≪オリックス(8591)基本スペック≫

配当利回り4.15%
最低単元の配当7,600円
PBR0.84倍
最低購入代金183,100円
単元数100株
株主優待・株主カードの発行

京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%引き

オリックスレンタカー基本料金割引、中古車販売割引など

ふく料理「春帆楼」 ドリンク1杯無料券

全国40ヵ所以上のゴルフ場で、ドリンク1杯無料券

オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待価格

・ふるさと優待(3月末のみ)

権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額7,600円+α

オリックスは4%以上の高配当かつバラエティーに富む株主優待で人気の銘柄です。株主カードの特典は上記の優待だけではありません(詳しくはオリックスHP参照)。また、年1回のふるさと優待はカタログギフトになっていますので、好きな商品を選ぶことができ、お得感があります。

株価的には矢印部分の高値を更新し「高値ブレイク済」になっており、強い買いサインが出ている状態です。目先2,500~2,700円あたりをつけに行く可能性が高いため、キャピタルゲインも狙える銘柄です。

4位 アサヒホールディングス(5857)

参考:アサヒホールディングス(5857)月足チャート

 

≪アサヒホールディングス(5857)基本スペック≫

配当利回り5.00%
最低単元の配当12,000円
PER10.0倍
PBR1.42倍
最低購入代金240,200円
単元数100株
株主優待株主専用サイトから、自社グループ会社の製品を優待価格で購入することができる
権利確定月3月末日
配当+優待での利益総額12,000円+α

 

アサヒホールディングスは好業績により、株主還元策として大幅に配当金額を増額しました。現状配当利回りは5%と超高額に設定されています。5%の配当金の場合、20年保有することで株式を「無料」でゲットすることができるくらい高額の配当金設定といえます。

株価的にも持ち合いの上値ラインをブレイクし、上を狙っているためキャピタルゲインも狙える銘柄です。

3位 ヤマダ電機(9831)

参考:ヤマダ電機(9831)月足チャート

 

≪ヤマダ電機(9831)基本スペック≫

配当利回り2.47%
最低単元の配当1,300円
PER27.64倍
PBR0.74倍
最低購入代金52,700円
単元数100株
株主優待優待券(500円)

3月末2枚 1年以上:+3枚  2年以上:+4枚

9月末4枚 1年以上:+1枚

権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額1,300円+3,000円=4,300円(初年度)

 

ヤマダ電機は隠れ高利回り銘柄です。株主優待券が初年度で3,000円分(1年保有の場合)、2年目は4,500円、3年目以降は6,500円分もゲットすることができます。隠れ利回りが余裕で10%をこえるため、まさにNISA向きの銘柄といえます。

株価的にも月足で逆三尊の強い底打ちサインを形成しているため、長期向きの保有にぴったりの銘柄といえます。

2 位 松井証券(8628)

参考:松井証券(8628)月足チャート

≪松井証券(8628)基本スペック≫

配当利回り7.05%
最低単元の配当8,400円
PBR3.15倍
最低購入代金119,100円
単元数100株
配当+優待での利益総額8,400円

 

松井証券は説明不要の東証トップクラスの高配当7%の高配当銘柄です。株価的にも上値ブレイク寸前と、キャピタルゲインも狙える大変魅力的な銘柄です。

1位 日産自動車(7201)

参考:日産自動車(7201)月足チャート

 

≪日産自動車(7201)基本スペック≫

配当利回り5.55%
最低単元の配当5,700円
PER8.04倍
PBR0.76倍
最低購入代金102,750円
単元数100株
株主優待株主様紹介特典制度

・紹介者である株主:5,000円相当のギフトカードをプレゼント

・新車を購入した人 5,000円相当のカタログギフトをプレゼント

権利確定月3月・9月末日
配当+優待での利益総額5,700円+α

 

日産自動車は東証トップクラスの高配当で人気の銘柄です。株価的には現在持ち合いになっています。安いところを丁寧に拾えば5%の高配当銘柄のため、負けることが難しい銘柄であるといえます。

 

まとめ

今回はNISAにオススメの銘柄をランキング形式でご紹介してきました。NISAの特徴に合わせた長期向けの高配当銘柄ばかりです。インカムゲインとキャピタルゲインをうまくゲットして資産を運用に役立たせてくださいませ。

 

注1)株価情報はすべて2018年11月2日終値を基準としています

注2)投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願いいたします。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

佐藤 れいな

大学で経済学を学び、大学院では法律を学んだ変わり種。出産後の副業として株式投資を始め、テクニカル売買の魅力に取りつかれる。「1日中見ていても飽きない」ほどチャート分析が好きなテクニカル投資家です。投資歴は株式投資は10年以上、FX5年。コミュニティ等でも投資の指導を行っている。