投資初心者投資初心者

つみたてNISAを始めたいんですけど、仕組みがよく分かりません・・・

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

今回はつみたてNISAの仕組みをみていきましょう!

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が新規で導入されました。つみたてNISAは運用期間が20年と長期に設定されているため、従来のNISA以上に長期向きの投資制度になっています。今回は長期投資のメリットを具体的なシュミレーションをまじえながら解説していきたいと思います。

またオススメのつみたてNISA銘柄もランキング形式でご紹介していきたいと思います。

動画で学ぶ積み立てNISA

まずは、三菱UFJ国際投信が作成した動画で全体のイメージをつかみましょう。

恐るべし!複利のパワーの秘密

つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するためのNISAです。長期・積立・分散投資をすることの最大のメリットは複利での運用をすることができる点にあります。

ここでは偉大な物理学者であるアインシュタイ博士が「人類最大の発明」と称した複利の脅威的パワーをご紹介していきます。

単利運用と複利運用の比較

≪100万円を年利10%で運用した場合の金利比較≫

単利で運用した場合複利で運用で運用した場合
元本利息合計元本利息合計
1年目100万円

(一定)

10万円100万円10万円
2年目20万円110万円21万円
3年目30万円121万円33.1万円
10年目100万円235.79万円159.37万円
20年目200万円673万円573万円
30年目300万円1,745万円1,645万円

 

上記は100万円を年利10%で運用した場合の金利比較を表にしたものです。運用1年目ではたった1万円の差だった運用益ですが、年数とともに差が拡大していくことがお分かりいただけると思います。

最終的に30年間運用した場合単利では資金が400万円になりますが、複利運用の場合1,745万円とまるで桁が違う増え方をしています。

元本100万円を単利と複利で運用した場合、上記のように驚異的な差がつくことがお分かりいただけたと思います。

 

この複利運用で、例えばFXの短期トレードで利益を上げていくことが出来た場合、例えば月利20%の続けられれば10万円の資金が数年で1億円になります(※理論上)。

関連記事:FX複利運用で1億円を稼ぐ方法は?【元銀行員が解説】

つみたてNISAは複利で運用することができる

*参考:金融庁HP「つみたてNISA早わかりガイドブック」

 

つみたてNISAでは複利効果を得やすい投資商品だけがラインナップされています。ですから、意識的に複利運用の商品を探す手間がなく、複利運用してくれる投資商品に自然と投資することができます。

見てきたようにつみたてNISAでは投資初心者でも資産を自然に複利運用することができるようなシステムを採用しています。

複利パワーで資産形成~わかりやすいシュミレーション付き

複利運用が長期投資では最強の投資方法であることがお分かりいただけたと思います。ここでは具体的につみたてNISAで運用した場合の資金シュミレーションをしてみたいと思います。

参考:金融庁HP「資産運用シミュレーション」

 

つみたてNISAは月額上限が33,333円に設定されています。上記はつみたてNISAに合わせて毎月3万円を年利3%で20年間運用した場合のシュミレーションです。時間の経過に連れて、運用収益が急上昇していくことが分かります。

≪毎月3万円を年利3%で20年間運用した場合≫
・元本 720万円
・運用収益 264.9万円
・受取総額 9,849,060円

 

つみたてNISAなら非課税のため、運用収益にかかる税金が0円でまるまる運用収益を受け取ることができます。

 

≪720万円をスーパー定期で20年間運用した場合≫

参考:野村証券HP「みらい電卓」

 

では同じ元本720万円をスーパー定期で20年間運用した場合の利息はどうなるのでしょうか?

≪720万円をスーパー定期で20年間運用した収益結果≫
・元本 720万円
・運用収益 1.4万円
・受取総額 721,4万円

なんと20年間も預けて利息はたった14,000円です。しかもこの利息に税金がかかってくるため、受取金額はさらに低くなってしまいます。

見てきたように投資で複利運用していく場合と貯蓄では資産形成的に大きな差が生まれてしまうことが分かります。

長期投資が初心者向き投資のワケ

長期投資は初心者向けの投資としておすすめの投資方法です。ここではなぜ長期投資は初心者向けにオススメできるのか、そのメリットをご紹介していきます。

時間を援用できる

デイトレードや短期売買と違って、長期投資は時間という武器を使うことができます。時間を活用するメリットは以下になります。

参考:金融庁 説明資料

 

金融庁の説明資料から、100万円の金融資産を5年保有した場合72~172万円と「損失」を負っている層もいることが分かります。しかし20年間保有した場合、185~321万円と損失を抱える層がいなくなることが分かります。
このように時間を援用することで、投資で勝利する確率が断然高くなります。

ドルコスト平均法ができる

つみたてという方法は毎月一定金額をコツコツと投資していきます。ですから自然とドルコスト平均法が適用されるため、何も考えなくても取得単価が平均化していきます。つみたてNISAを利用することで初心者でも勝ちやすい投資を行うことが可能です。

 

ドルコスト平均法について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

関連記事:FXドルコスト平均法は最強?メリット・デメリットを徹底解説!

オススメつみたてNISA銘柄

長期の複利を利用した投資のパワーがお分かりいただけたと思います。ここでは実際につみたてNISAで資金を運用するために選ぶべき、オススメのつみたてNISA銘柄をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

≪銘柄選択のポイント≫
・信託報酬(運用管理費用)をチェックしよう
つみたてNISAでは販売手数料が0円で信託報酬も低い商品と法令で決まっているため、通常の投資ほど信託報酬を気にすることはありませんが、できるだけ信託報酬が低い商品のほうが有利に運用することができます。

・純資産総額をチェックしよう
純資産総額が伸びている商品は順調に資金が集まっているという結果であるため、リターンを期待することができます。

4位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)

信託報酬0.17%
純資産総額139百万円
カテゴリーバランス型
1年リターン1.15%
販売会社ニッセイアセットマネジメント

国内株式・国内債券・国内リート・外国リート・外国株式・外国債券の6つの資産にバランスよく投資することができるため、分散投資によるリスクヘッジの高い商品です。

また信託報酬が最安値圏の0.17%とコスパがよいことも魅力的なファンドです。

3位 フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2040

信託報酬0.37%
純資産総額238百万円
カテゴリーターゲットイヤー2031~
1年リターン7.14%
販売会社フィデリティ投信

国内株式・先進国海外株式・新興国株式・世界債券・国内短期債券・短期金融商品に分散投資した商品。2040年に向けて、残存期間が短くなるにしたがい株式への配分を漸減し、リスクを減少させるというユニークなファンドです。

またモーニングスターの2017年優秀ファンド賞を受賞している商品です。フィデリティ投信はその高い調査能力で、投資家の間で人気のあるファンドです。

2位 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

信託報酬0.27%
純資産総額9,624百万円
カテゴリー国際株式・グローバル・除く日本
1年リターン10.87%
販売会社三井住友アセットマネジメント

海外投信としてはかなり割安の信託報酬0.27%とお得感が高いファンドです。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス連動。リターンとコスパの両方を兼ね備えた魅力的な商品です。

1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

信託報酬0.12%
純資産総額101,976百万円
カテゴリー国際株式・グローバル・除く日本
1年リターン12.94%
販売会社ニッセイアセットマネジメント

最安値圏の信託報酬が売りの「購入・換金手数料なし」シリーズ。信託報酬は最安値圏の0.12%です。また純資産総額も101,976百万円と人気の高さをうかがうことができます。MSCIコクサイ・インデックス連動。高いリターンとコスパの高さが魅力の商品です。

まとめ

いかがでしたか?つみたてNISAは投資初心者にピッタリの投資方法だということがお分かりいただけたと思います。コツコツと20年後を見据えて、つみたてNISAで資産をふやしてみませんか。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!