「投資で成功して億万長者になった」という話を聞いて羨ましく思うこともあれば、「投資に失敗して資産の大半を失った」という話を耳にして怖くなることもあります。億万長者という言葉はとても魅力的ですし、反対に資産を失うのは絶対に避けたい状況です。

この先入観が、投資初心者に投資は「0」か「100」かというほど極端なイメージを抱かせる原因になっているのです。実際はそこまで大きな利益を出していないものの、損失も出さずに着実に資産形成している人たちは大勢います。まず目指すべきはそこでしょう。

ただし、失敗して大きな損失を出している投資家もいるのもまた事実になります。

投資で成功するためには、「どうすれば成功できるのか」だけではなく、「どうして失敗したのか」ということを学ぶことも重要です。

今回は、投資初心者はどのような失敗に気をつけていくべきなのかについて、お伝えしていきます。

始めないという決断が投資初心者の失敗

それではまずは、投資初心者によくある失敗を見てきましょう。

実は、投資初心者のよくある最初の失敗は、投資を行う以前の最初の『行動』にあるのです。どういうことか、詳しく見ていきましょう。

まずは一歩踏み出す勇気

投資をすべきか迷っている状態だったとして、「投資をしない」という決断は、失敗だといえるでしょう。

タンスにお金をしまっておいても、お金が自動的に増えることはありません。銀行に預金しているならば、わずかでも増えることはありますが、微々たるものです。定期預金でも年利でわずか0.01%なのです。仮に1,000万円預金しても、利息は1,000円ということになります。また、銀行にお金を預けていてもほとんどお金は増えません【【貯金は危険!?】元銀行員が教える預金のリスクとインフレへの防衛策】。

逆にアベノミクスによる株価の急上昇を利用して、資産を数倍にしたり、円安で利益を出したりとチャンスを掴み、しっかりと資産形成している人もいます。

日本の文化には「投資運用で稼ぐのは悪」という価値観があるかもしれませんが、それはマネーリテラシーが低いだけです。確かに投資にはリスクがありますが、投資で利益を出して資産を増やしていくことはまったく悪いことではありません。

資産形成できないという失敗をしないためにも、まずは一歩踏み出す勇気が必要です。

少額から始めてみる

投資初心者で失敗する傾向のひとつに、勇気をもって踏み込んだのはいいのですが、「いきなり資金をすべて投入する」ということが挙げられます。

もちろん投資初心者ですから、経験豊富な投資家と比較すると成果を出せる確率は低くなります。失敗する可能性が高いということです。そうなると全額投資してしまったのでは、損失を出した場合、継続できなくなります。

つまり、投資初心者は失敗から学ぶことも経験だと考え、リスクを抑えるためにも、「まずは少額から始めてみる」ということが大切です。それであれば失敗しても、その経験を踏まえて次のチャレンジができます。

その点では、「マネックス証券」であれば、手数料も安く、100円から投資信託を始めることが可能です。少額から投資を始められる業者や投資方法を選択することが投資初心者には重要になります。

リスクマネジメントにはこだわろう

そして、投資初心者のほとんどが経験する失敗は、今から説明する「リスクマネジメント」でしょう。

これを徹底することにより、投資で例えば資産を大きく減らしてしまうとか、破産するなんてケースを回避することが出来ます。

リスクヘッジのために分散投資

利益を出すこともあれば、損失を出すこともある、これがリスクです。投資方法や金融商品によってリスクの大きさは変わってきます。そして成果を出すためには、このリスクをしっかりコントロールして管理していくことが大切です。これを「リスクマネジメント」と呼びます。

例えば、株式やFX(外国為替証拠金取引)などで、損失を最小限に食い止める「損切り」はリスクマネジメントの代表といえるでしょう。また、損失を軽減するために「投資先を分散する」ということも重要です。

投資初心者は経験も浅く、知識も少ないために、どうしても投資先が偏ってしまいます。例えば、株式なら株式だけ、しかもひとつの業種やひとつの企業に絞ってしまうのです。そうすると株価が下がった瞬間に必ず損失が生まれます。

国内株式だけでなく、海外株式も購入する。株式だけでなく国内債券や海外債権にも投資してみる。国内株式が下落しても、海外債権で利益を出せれば損失は大きくなりません。

このような分散投資ができないと、失敗する可能性が高まってしまうのです。

リスクヘッジのために時間も分散する

金融商品の価格は状況によって変動していきます。安く買って、高く売るのが投資で成功するための鉄則ですが、投資初心者であれば状況が正確に把握できず、高値で掴まされることもあります。ここに資金の大部分を注ぐようなことをしてしまっては失敗するでしょう。

損失を軽減するためには、投資先を分散するだけでなく、「投資する時間も分散する」ことを意識しましょう。

今日は市場がリスクオフの流れでも、明日には逆転してリスクオンとなる可能性があります。ダウ平均が下落し、日経平均も下落、円高という日もあれば、ダウ平均が上昇し、日経平均も上昇、円安という日もあるのです。

 

参考:資産形成のキホン長期・分散・積立とは?【FPが解説】

投資初心者が回避すべき誰もが失敗する状況

それでは、最後に投資初心者が絶対に回避するべき失敗を見ていきましょう。

投資でお金を稼ぎたい気持ちは分かりますが、上手く自分をコントロールすることは必須ですよ。

投資は必ず余剰資金で行う

投資初心者で失敗する人の多くが、「生活費など使う予定のある資金を費やしてしまう」傾向にあります。投資先を分散させることや、投資する時間を分散するといったことをするには、それ相応の資金が必要になるからです。

さらに、利益を多く出したいという気持ちが強くなればなるほど、ありったけの資金を投入してしまいます。これはまったくリスクマネジメントができていない状態です。

失うことのできないお金で投資すると、人は冷静な判断ができなくなっていきます。つまり感情的になってしまうのです。損切りもできず、ギャンブル的な要素が強まり、最終的には資金が底を尽くまで無理な投資を強行してしまいます。

冷静に判断するためにも、「投資は必ず余剰資金で行う」ということを心掛けてください。仮に預金しているお金にしても、将来、子供の教育費に充てるために積み立てているのであれば、手を付けるのは危険でしょう。絶対に損失を出してはいけないという追い込まれた気持ちでは、失敗する危険性が高まってしまうのです。

情報はタイムリーに入手すること

投資で成功するためには、情報は貴重です。国際情勢、経済状況、企業の業績といった情報に疎いのであれば、投資に失敗しても仕方ありません。

情報に敏感でいるということは、チャンスを逃さずに捉えることができるだけでなく、不利な状況であればすぐに資金を回収するといった回避行動もとれるということです。

朝起きて新聞で一度確認すればいいというものではありません。経済の中心はアメリカです。ヨーロッパも重要な影響力を持っています。ですから日本時間で夜は注意する必要があります。ヨーロッパの市場や、アメリカ市場が活発化するのは、日本では夜の時間になるからです。

仮に投資運用のプロに任せる投資信託だったとしても、常に最新の情報を入手できるように環境を整えておく必要があります。スマホなどでネットに接続すればすぐに情報を得られるのですから、投資したまま放置状態ということは避けましょう。

 

情報を得るおすすめのサイトは以下の記事をご参考下さい。

記事:投資初心者におすすめ情報サイト3つを紹介!有益な情報を入手しよう

まとめ

今回ご紹介した内容は、投資初心者にはよくありがちな行動です。どれも失敗に直結する重要事項になります。

ある程度資金には余裕を持って、気持ちにも余裕を持って投資を始めていきましょう。

利益が小さくても、最初は少額から始めてください。経験を積み、知識を得ていくことで投資額も増やしていけますし、利益を大きくしていくことができるようになります。投資で成功するためには、焦らずじっくりと取り組むことが大切です。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。