今日はメガバンク為替ディーラーの1日を紹介したいと思います。

1日のスケジュール(自分の場合)

5時半 起床
6時〜6時半 自宅出発、通勤(通勤中は新聞や海外時間のニュースをチェック)
6時半〜7時 会社到着。メールチェック。
7時〜19時 担当通貨のディーラー業務スタート。顧客フローの取引や自己ポジションの売買を実施。
19時〜20時 担当通貨のディーラー業務を夜番と交代。他の業務を実行。
21時 帰宅
21時〜24時 家でも常にマーケットをチェック。
25時 就寝

 

と、大体こんな感じです。

金融機関は朝早くから仕事をスタートさせますが、マーケット部署は更に朝が早いです。6時台に出社する人も多く、7時半頃にはほぼ全員が出社しており、8時頃に来るのは一部の偉い人たちだけです。更に、米FOMCや雇用統計などの重要イベントの時には会社に残るのは当たり前の風習があり、朝は早くて夜も遅いということで、勤務時間は長時間になりがちです。

 

こんな感じで、体力に自信が無い人はまず務まらない仕事と言っていいでしょう。



今だけ、テクニカル分析の代表格、【限定】ライン分析の学習教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中! FXブロードネット
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。