今日はメガバンク為替ディーラーの1日を紹介したいと思います。

1日のスケジュール(自分の場合)

5時半 起床
6時〜6時半 自宅出発、通勤(通勤中は新聞や海外時間のニュースをチェック)
6時半〜7時 会社到着。メールチェック。
7時〜19時 担当通貨のディーラー業務スタート。顧客フローの取引や自己ポジションの売買を実施。
19時〜20時 担当通貨のディーラー業務を夜番と交代。他の業務を実行。
21時 帰宅
21時〜24時 家でも常にマーケットをチェック。
25時 就寝

 

と、大体こんな感じです。

金融機関は朝早くから仕事をスタートさせますが、マーケット部署は更に朝が早いです。6時台に出社する人も多く、7時半頃にはほぼ全員が出社しており、8時頃に来るのは一部の偉い人たちだけです。更に、米FOMCや雇用統計などの重要イベントの時には会社に残るのは当たり前の風習があり、朝は早くて夜も遅いということで、勤務時間は長時間になりがちです。

 

こんな感じで、体力に自信が無い人はまず務まらない仕事と言っていいでしょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。