FXをした事がある人なら誰でも負け(損失)を経験し、ついつい熱くなってしまった経験があるのではないでしょうか。

FXトレーディングで関係する感情は、望みと強欲、恐怖の3つの側面があります。それぞれ簡単に意味を説明していきたいと思います。

望みについて

望みは、「自分は負けない」、「含み損を抱えていてもきっと元の水準まで戻ってくる」というような何の根拠もない希望です。

FXを始める人は誰でも(何も知らない初心者であっても)、「自分には他の人が持っていない特別な才能があり、FXで大儲け出来る。」というような幻想を抱いてFXの世界に飛び込んできます。何の知識が無いにも関わらずです。

また、トレードで相場が不利な方向に動き含み損を抱えても、「きっと元の水準までじきに戻るだろう」と、特に明確な理由があるわけではなく、希望だけでそのポジションを維持します(⇨これで塩漬けポジションの発生です)。

強欲について

強欲は「もっともっとたくさんのお金が稼ぎたい」と思う感情のことです。すぐにポジションを持ってしまう事を「ポジポジ病」と呼び、絶対にしてはいけないことの一つに挙げられますが、これも背景を考えれば、「自分が何もしていない時は、利益をあげる機会を逃しているのではないか。早くエントリーして稼がなければ」という、強欲の心理が関係しているのだと思います。

恐怖について

恐怖は、負ける恐怖、失敗する恐怖です。なかなか損切り出来ない人が多いですが、これも損切りをすれば損失が確定するという恐怖の感情が働いています。また、せっかく利益を伸ばせるのに、早く利確をしてしまう。こんな場合も、早く利益を確定しないと元の水準に戻ってしまうのではないか、という恐怖の感情が邪魔をしているのです。

FXではこれら3つの感情を上手くコントロールする必要があるのです。

では、それらの感情をどのようにコントロールすればよいのでしょうか?

感情のコントロール方法は?

巷ではよく「メンタルを鍛える」「トレード戦略を見つめ直せ」など色々言われていますが、最も効果がある方法は、「裁量トレードの割合を減らし、メカニカルトレードの割合を増やす」だと思います。

裁量トレードとは、相場に合わせて柔軟にトレード戦略を変化させて売買を行うことです。自由度が高い分、自分にしっかりとした軸が無い場合は相場に感情が振り回されてしまうリスクがあります。

一方、メカニカルトレードとは、事前にトレード戦略(計画やパターン)を決めてしまい、後はそれに基づいて売買するだけです。ルールを決め厳格にそれに従う事が出来れば、感情が入り込む余地はありません。

メカニカルトレードの詳細にはついては、また次回の記事で説明します。

 



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!

<FXブロードネット> FXブロードネット

<セントラル短資FX> セントラル短資FX

<FXトレードフィナンシャル> FXトレード・フィナンシャル

The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。