主婦主婦

30代のライフプランやこれからの必要資金について知りたいな~・・・

30歳はどんな年代でしょうか?今から家族を作って、マイホームを買って…と希望に満ち溢れている年代ですよね?

今回は30代ですべき貯蓄をライフプランから考えていきたいと思います。

30代のリアルな実態を知ろう!30歳の平均貯蓄額は?

*参考:「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]」(平成28年)

 

上記は「家計の金融行動に関する世論調査」の調査結果です。30代の貯蓄額は平均で470万円、中央値で200万円です。ここで「平均470万円?」と驚く方も多いと思います。上記の調査結果を詳しく分析していきましょう。

最多価格帯はなんと「0円」で33.7%です。実際はおよそ3割の世帯で貯蓄を全くしていないということが分かります。

また、価格分布をみると平均的に散らばっていることが分かります。こういった場合、一部の層が平均値を上げていることが一般的です。ですから中央値である200万円が一般的な平均貯蓄金額ということになります。

30代のリアルな実態を知ろう!30代の平均年収は?

参考:国税庁HP「年齢階層別の平均給与」

 

上記は国税庁が調査した「年齢階層別の平均給与」です。30代の平均年収は以下になります。

30代前半 男性 513万円
女性 307万円
合計 450万円
30代後半 男性 589万円
女性 291万円
合計 499万円

30代前半が450万円、後半が499万円ですから30代の平均年収は474.5万円ということになります。

また男女別の平均年収は、男性が551万円、女性が299万円になっています。

30歳のライフイベントは?

参考:金融庁HP「人生設計としてのライフプラン」

 

30代のライフプランで重要なことは結婚・出産・子育て・マイホームの取得になります。また、老後の貯蓄も少しずつ行いたいところです。ここでは30代のライフプランを実際にシュミレーションしていきたいと思います。

≪設定≫
・年齢 30歳
・性別 男性
・年収 551万円
・貯蓄 200万円
・配偶者 あり(同じ年)
・配偶者の年収 299万円
・子ども いないがいずれ欲しい
・子どもの人数(希望) 2人
・学校は大学から私立を選択
・マイホーム これから購入(5年後をめど)

 

参考:一般社団法人 全国銀行協会HP

 

上記は一般社団法人 全国銀行協会で提供しているライフプランのシュミレーションです。赤が貯蓄、オレンジが収入、青が支出になります。

シュミレーション結果から30代の平均的な年収・貯蓄・家族構成では定年退職後マイナス資産になってしまうことが分かります。

詳しく分析結果をみると、定年前の負債がおよそ2,000万円です。これを退職金で一気に支払っていることが分かります。よって、老後資金は「ゼロ」です。生きる分だけ支出が増加するという結果になっています。90歳まで生存した場合、およそ3,500万円ほどの資金が足りないということが分かります。

30歳のライフイベントと必要資金

ここではイベントが多い30代のライフイベントと必要な資金を日本FP協会のHP*を参考にしながら見ていきたいと思います。

*参考:日本FP協会HP「主なライフイベントにかかる費用の目安」

出産費用

出産費用にかかわる支出はおよそ49万円です。少子高齢化の影響もあり出産にかかわる補助金や手当がかなり充実しているため、出産に関しては持ち出し費用が発生することはあまり考えられません。

≪出産にかかわる補助金や手当≫
・妊婦健診費 14回分の妊婦健診受診票がもらえます
・出産育児一時金 42万円
・出産手当金(会社員や公務員の場合) 1日の平均給与×100日×0.67
・育児休業給付金 育休開始6ヶ月までは月収の67%
育休開始6ヶ月以降は月収の50%
・失業給付金の延長措置 出産で退職した場合適用されます。最大4年間延長することができます。

マイホーム購入費

マイホームの平均購入価格は建売住宅の場合は約3,340万円マンションの場合は約4,270万円です。

一般的にマイホームは住宅ローンを組んで購入しますが、手付金や諸費用はローン対象ではありません。購入予定金額の15%ほどは貯蓄する必要があります。建売住宅を購入する場合は501万円ほどの自己資金が必要になります。

教育費

教育費は子ども1人当たり平均969万円かかります(幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立の場合)。

老後資金

高齢夫婦無職世帯の支出約27万円/月です。65歳定年後90歳まで生存すると仮定した場合、以下の資金が必要になります。

27(万円)×12(か月)×25(年)=8,100万円

支給される公的年金は夫婦でおよそ23万円になっています。

27(万円)−23(万円)=4(万円)

1か月に4万円の持ち出しが生じた場合、90歳まで生存すると仮定すると以下になります。

4(万円)××12(か月)×25(年)=1,200万円

ですから、老後資金として最低限1,200万円の貯蓄が必要になります。

緊急資金

急なリストラや病気などに備えて、緊急資金として生活費の3ヵ月分~1年分を確保しておくべきです。

30歳のライフイベントにかかわる資金の総額

出産費用 0円
マイホーム購入費(初期費用) 501万円
教育費 子ども1人当たり969万円
老後資金 1,200万円
緊急資金 119万円
合計 2,789万円

*子ども1人、建売住宅購入の場合

30歳のライフイベントのためのおススメ貯蓄プラン

30歳のライフイベントのための資金として、2,789万円が必要であることが分かりました。ここではライフイベントに沿ったオススメの貯蓄プランをご紹介したいと思います。

最初はマイホーム費用から

住宅ローンはフラット35でもお分かりいただけるように35年ローンが一般的です。定年が65歳だと仮定した場合、30歳でぎりぎり定年に間に合うように住宅ローンを設定することができます。ですから教育費より先にマイホーム資金を貯蓄していきましょう。

参考:野村証券「みらい電卓」

 

毎月10万円を年利3%で運用した場合、4年で頭金を貯めることができます。貯金額は毎月のつみたては厳しいといった場合、ボーナスを全額貯蓄に回してもよいかもしれません。

それでは年利3%はどうすれば実現できるのか?普通に銀行預金で運用していても全く届きませんね。

これは、金利が高い米ドルで運用すれば実現可能な利回りです。米ドルの金利だけでも2%以上ありますし、今後も米ドル高に行く可能性も高いので、為替レートの変動によっては更に高い利回りが期待できます。

・元本 480万円
・運用収益 289,014円
・受取額合計 5,089,014円

 

米ドルは銀行の外貨預金で運用するよりも、手数料が圧倒的に安いFXで取引した方が圧倒的に有利です。

米ドル積立FX投資については以下の記事もご参考下さい。

関連記事;米ドル積立FXは超おすすめ!スワップ金利で毎日不労所得を得よう!

関連記事:FXと外貨預金の違いは?外貨預金はおすすめしない理由を元銀行員が解説

教育費に着手しよう

マイホームの初期費用がたまったら、教育費を積み立てていきましょう。日本では児童手当が受け取れます。こちらを活用していきましょう。

参考:野村証券「みらい電卓」

 

毎月1万円を年利7%で運用した場合、15年で311.1万円を貯蓄することができます。教育費は時間的に15年という長期運用が可能な資金であるため、外資系の投信で積み立てるといった選択がよいと考えます。外資系の投信は7%を超える運用をしているファンドが数多くあります。その中から比較的安定して運営しているファンドを選択していきましょう。

300万円もあれば、奨学金で賄うことができない受験費用やそれにかかわる宿泊・交通費などを支払うことができます。また奨学金を利用する場合でも初年度納付金や前期の授業料は立替払いになっています。こういった費用も支払うことができます。ですから、最低限の教育費を賄うことが可能です。

 

参考:モーニングスターHP

 

人気投信のフィデリティ・ストラテジック・インカムDです。驚くべきことにトータルリターンは23.97%。まさに驚異的数字です。このように外資系ファンドは高利回りで運用している商品が多数あります。

<初心者におすすめの証券会社はこちら>
マネックス証券

老後資金

参考:野村証券「みらい電卓」

 

毎月2万円を30年間年利3%で運用した結果です。年利3%での運用にはドル建てがおすすめです。ドルは今後も利上げが予測されているため、実際はもう少しリターンがよくなるかもしれません。老後資金に必要とされる1,200万円は貯めることが可能です。

・元本 720万円
・運用収益 4,374,261円
・受取額合計 11,574,261円

まとめ

いかがでしたか?30代のライフイベントとそれに伴う必要資金をあらかじめ知っておくことで、資金をうまく調達できることがお分かりいただけると思います。30代は時間の援用が可能なため、計画的に貯蓄をしていくことでいくらでも資金を作ることができます。こつこつとまじめに貯蓄に励んでいきましょう。

 

資産運用は数多くの種類があり、リスクやリターンは様々です。その中でも特に手数料も安くおすすめな資産運用がFXによる米ドル積立投資です。投資に関する知識をお持ちの方は、いち早くこれらの投資に着手している人が多いです。まずはFX口座を開設することからスタートしましょう!当サイト経由で解説すると、今だけ特別なレポート(動画教材)を配布中ですよ。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

佐藤 れいな

大学で経済学を学び、大学院では法律を学んだ変わり種。出産後の副業として株式投資を始め、テクニカル売買の魅力に取りつかれる。「1日中見ていても飽きない」ほどチャート分析が好きなテクニカル投資家です。投資歴は株式投資は10年以上、FX5年。コミュニティ等でも投資の指導を行っている。