初心者初心者

海外投資ってどんなメリットがあるんですか~・・・?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

海外投資は大きなメリットがたくさんあるよ!

日本人なら日本の株・通貨・土地を持っていれば資産運用は十分だと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、それは日本に集中投資し過ぎているのと同じ状態です。日本の経済とあなたの資産が紐づけられているのと同じで、もしも日本が傾くとあなたの資産も全て傾きます。

今は日本から海外に投資をすることは簡単な時代になりました。ひと昔前は外国の株を買うために海外の銀行口座や証券口座を開設するツアーまで開催されていました。しかし現在は日本の金融機関・証券会社を通して気軽に海外の株や通貨を買うことができる時代です。

気軽に海外投資を誰でも出来る時代に投資対象を日本だけに絞る必要はありません。日本でも海外のメーカーの品物やサービスが日常的に溢れている時代です。通販でアメリカのAmazonを利用し、スマートフォンはAppleのiPhone、休日はアメリカのNetfrixの動画配信サービスを楽しむという人は日本に当たり前のようにいます。

もちろん日本のもの・サービスも素晴らしいのですが全て純日本製で揃える必要はありません。

あなたの資産にも海外の資産を加えてみませんか。リスク分散もでき、選択肢も広がり、日本にはない資産が買えます。しかも今では日本から気軽に海外投資を楽しむことができます。

メリット1:海外投資で分散投資の効果がある

海外投資をすると分散投資の効果があります。投資ではリスクを抑えるために適度なリスク分散をすることが基本だと言われています。日本以外の資産を持つだけで分散投資の効果が期待できます。

それでは海外資産を持つことによる分散投資の効果をみてみましょう。

日本人であることのリスクを軽減できる

日本人は日本に集中的に投資をしているのと同じ状態です。仕事は日本の会社、給料も貯金も日本円、土地も日本の土地、株を持っていても日本株という人も多いのではないでしょうか。つまり全て日本円建ての資産ということです。この状態ですと日本の経済が不調になると、日本円建ての資産が全て大きく値下がりしてしまうリスクを背負っているのと同じことになります。

しかし一部を海外の資産にしておけば、日本に万一のことがあっても資産の一部を守ることができます。例えば日本株を半分、新興国の株を半分持っていて日本経済だけが不調でも新興国経済が好調なら、日本株の損を好調の新興国の株の利益で補填できるからです。

 

資産を円で貯金するのではなく、一部を米ドルで預金しておくのも良い手段です。その場合は、銀行ではなく手数料が安いFXがおすすめです。

関連記事:米ドル積立FXは超おすすめ!スワップ金利で毎日不労所得を得よう!

資産は「一つの籠」に盛らないのが基本

「卵を一つのカゴに盛るな」という投資の格言があります。一つのカゴを落とすと卵がみんな割れてしまいますよね。

投資も同じで例えば、お気に入りの会社の株を1銘柄に全資産を投じたとします。しかし、もしもそのお気に入りの会社が倒産したら投資した全資産も紙くず同然になってしまいます。しかし分散しておけば手持ちの資産の1つが紙くずになっても、他の無事だった資産で挽回することも可能です。

メリット2:海外投資は選択肢が広がる

海外投資は選択肢が広がります。投資の世界には、日本にはなくて海外でしか手に入らないものがたくさんあります。

海外に目を向けるだけで投資できるものをたくさんの種類から選ぶことができるようになります。

日本以外の勢いのある市場も投資対象にできる

世界の経済は新興国、例えば中国やASEAN諸国が好調の時もあれば先進国のアメリカや日本が好調の時もあります。日本の経済が好調の時は日本に投資していれば問題ありません。

しかし日本経済が不調で新興国経済が好調の時に、新興国にも投資ができた方が資産を効率的に育てることができます。海外投資をすれば世界中の勢いのある市場を乗り換えていけます。

日本にはないグローバル企業に投資できる

日本に進出しているアメリカのグローバル企業は数多くあります。例えばGoogle、Apple、Amazon、マクドナルド、NIKE、ジョンソンアンドジョンソン、ビザ、マスターカード、GAP・・・、など日本でもお馴染みの企業がたくさんあります。

シェールガスの会社やカジノの会社など日本には、そもそもない分野の企業も世界にはあります。日本にしか投資をしないということは、これらの優良グローバル企業を投資対象から最初から外してしまうことに他なりません。

しかし海外投資を視野に入れるだけで、これらの海外の優良企業も投資先の選択肢になります。世界のグローバル企業や成長企業に投資できるのも海外投資の魅力です。

メリット3:海外の時事問題に敏感になれる

海外投資をすることで海外の時事問題を自分事にすることができます。

例えばFXをしている人にとってアメリカの雇用統計や海外の経済動向は為替の価格を大きく左右する重大なニュースです。何故なら海外のニュースの結果次第で自分の持っている外貨の価値が上がったり下がったりするので他人事ではありません。

FXをしている人が海外のニュースに敏感になりロイターやブルームバーグといったメディアで世界のニュースに詳しくなることは珍しいことではありません。外国の資産を持つことで海外のニュースを自分事として捉えることができるようになります。

メリット4:日本からでも海外投資が簡単にできる

現在、日本から海外投資をするハードルは低くなりました。日本の金融機関・証券会社はこの10年で海外の金融商品を積極的に取り扱うようになりました。ひと昔前だと海外投資をしようと思っても取り扱っている銘柄が少なかったり手数料が高かったり、源泉徴収有りの特定口座で取引が出来なかったりと様々な問題がありました。

しかし今では日本の大手証券会社、金融機関を通じて海外の資産を買いやすくなりました。気軽に海外投資が日本からもできる時代です。

 

≪海外投資も可能なおすすめの証券会社≫
マネックス証券

海外投資の注意点

海外投資は良いことばかりではありません。リスクももちろんあります。

リスクも知っておくことで海外投資とうまく付きあっていくことができるようになります。リスクをしっかり踏まえた上で海外投資をしましょう。

カントリーリスク

海外投資にはカントリーリスクがあります。カントリーリスクとは、その国固有のリスクのこと。日本に集中投資をすることは、日本に過度なリスクをとることと同じです。

しかし日本は平穏なのに、たまたま投資した先の国でテロや戦争、経済危機が起きてしまう可能性もなくはありません。海外投資をする場合、投資しようと思っている国の情勢をしっかり確認する必要があります。特に新興国に投資をする場合は、日本よりも経済成長の余地がある分、政治経済が不安定なことも珍しくはありません。

為替リスク

為替リスクとは外国為替相場の変動によって、予定外の差損益が発生するリスクのことです。海外投資をするということは外貨建ての資産を保有するということです。

例えばアメリカ株を投資するために米ドルを手元に用意して待機している時に円高ドル安に振れて、円建てで計算すると損をしていたということもあります。

このように投資先の外貨そのものが円建てでマイナスになってしまうことも珍しくはありません。

しかし日本円で持っていても日本円の為替リスクを背負っていることと同じです。どこの国の資産を持つにしても為替リスクに晒されます。為替の動向で予定外の損差益が生じますが、逆に為替も外貨建ての資産も2重にあがることもあります。

まとめ

海外投資をすべき4つの主な理由は
・分散投資の効果があり日本に集中しているリスクを分散することができる
・海外投資は選択肢が広がる
・海外の時事問題に敏感になれる
・日本からでも海外投資を気軽にできる

海外投資をする際に必ずしも海外の資産を買う必要はありません。しかし日本だけでなく海外も投資先として選択肢に入れるだけで投資戦略の幅が広がります。日本以外にも視野を広げるだけで可能性が広がります。



今だけ、元メガバンク為替ディーラーのテクニカル分析教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中!
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

FXトレーディングカレッジのWebサイト編集部