FX初心者FX初心者

NISAってよく聞くけど何なんだろう~・・・

「貯蓄から投資へ」日本政府は国民が積極的に保有する資産を投資に回すことを推奨しています。NISAは「貯蓄から投資へ」の目玉商品として2014年1月に導入されたばかりの制度です。

今回はNISAとはどのような金融商品なのか、NASAのメリットやデメリットはどのようなものなのかをご紹介していきたいと思います。

1.NISAとは?

NISAとは「少額投資非課税制度」の別称です。NISAの特徴は以下になります。

≪NISAの特徴≫
・小額投資
・非課税

このようにNISAの特徴は少額の資金を「非課税」で運用することができるということです。このためNISAは大変お得な制度ということがわかります。

2.NISAの種類

NISAは下記の3種類があります。小額投資・非課税というNISAの基本以外のシステムはそれぞれの種類で異なるため注意が必要です。

一般的なNISA

一般的にNISAという場合は2014年に導入された、通常のNISAを指します。特徴は投資金額が120万円までかつ非課税という点です。

ジュニアNISA

ジュニアNISAは2016年に導入された未成年者対象のNISAです。特徴は0歳から19歳までの未成年者を対象としたNISAである点です。

つみたてNISA

つみたてNISAは2018年に導入された少額からの長期・積立・分散投資をするためのNISAです。

3.NISAの仕組み

お得に資産を運用することができるNISA。

政府が「貯蓄から投資へ」の目玉商品として導入しただけあり、NISAは大変お得なシステムになっています。ここではお得なNISAの基本的な仕組みを見ていきましょう。

3.1 一般的なNISAの基本システム

NISAの利用資格者 日本在住で1月1日に満20歳以上の成人
開設口座上限 1人1口座のみ
投資可能な金融商品 株式・投資信託・国内上場REIT・•国内上場ETFなど*
非課税期間 最長5年
NISA利用可能期間 2014~2023年
NISA利用限度額 120万円
非課税の対象 売却益・配当金・分配金等

*取扱商品は証券会社により異なります。

 

参考:金融庁HP「NISAのポイント」

 

一般的なNISAは1年に120万円までNISA口座で金融商品を買うことができます。NISAの特徴は1年更新(毎年1月更新)で新規に120万円の投資枠が与えられることです。

また、120万円の投資枠は翌年以降に繰り越すことはできません。

売買は最長5年の保有期間が決められていますが、5年以内であればいつでも売買可能です。具体的には、NISA口座枠内の120万円であれば、即日売買しても問題ありません。

3.2 ジュニアNISAの基本システム

NISAの利用資格者 日本在住で1月1日に0歳から19歳の未成年者。
口座運用者 未成年者の二親等以内の親族
開設口座上限 1人1口座のみ
投資可能な金融商品 株式・投資信託・国内上場REIT・•国内上場ETFなど*
非課税期間 最長5年
NISA利用可能期間 2016~2023年
NISA利用限度額 80万円
非課税の対象 売却益・配当金・分配金等
払出し制限 18歳までは払出に制限がかかります

*取扱商品は証券会社により異なります。

 

参考:金融庁HP「ジュニアNISAのポイント」

 

ジュニアNISAは進学や就職といった子どもの将来ための資産形成を目的として創設された制度です。そのため、ジュニアNISAには「払出し制限」という独特のシステムがあります。具体的には口座開設者(未成年者)が3月31日時点で18歳である年の前年の12月末までジュニアNISAの口座資金を払い出すことができません*。

*災害等のやむを得ない事情が生じた場合には、非課税での払出しが可能です。

 

ジュニアNISA制度期間内に20歳になるケース
ジュニアNISA制度期間内に20歳になる場合、自動的にNISA口座が開設されます。このときに一般的なNISA口座orつみたてNISAかを選択することができます。一般的なNISA口座を選択した場合、ジュニアNISA口座の金融商品をそのまま一般的なNISA口座に移管することができます。

 

20歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまうケース
20歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまう場合、「継続管理勘定」で20歳になるまで非課税で保有することができます。「継続管理勘定」に移行した場合、売却は任意に行うことができますが、新規で金融商品を購入はすることはできません。

3.3 つみたてNISAの基本システム

NISAの利用資格者 日本在住で1月1日に満20歳以上の成人
開設口座上限 1人1口座のみ
投資可能な金融商品 決められた投資信託・ETFのみ
非課税期間 最長20年
NISA利用可能期間 2018~2037年
NISA利用限度額 40万円
非課税の対象 売却益・配当金・分配金等

 

2018年1月に導入されたつみたてNISAは長期・積立・分散投資を目的としています。ですから投資初心者でも手軽に投資できるように金融商品が限定されています。

毎年40万円の枠が20年分、最大40万円×20年=800万円まで規定された金融商品に投資することが可能です。

 

参考:金融庁HP「つみたてNISAの概要」

 

注意すべき点は毎年一般的なNISAorつみたてNISAのどちらかしか選択することができないことです。

3.4 NISAはどこで買えるの?

NISAは証券会社だけではなく、銀行でも口座を開くことができます。ネット証券では商品説明もなく不安だという方であれば、お近くの銀行でもNISA口座を開設することが可能です。

3.5 NISA口座を開設する金融機関の選び方

NISAの口座を開設する場合、下記に注意して金融機関を選択していきましょう。

取引手数料
NISAで売買するための「取引手数料」は金融機関で異なるため、注意が必要です。事前に取引手数料を確認してから口座開設をしましょう。
NISAの口座は1年度ごとに変更することも可能です。現在お使いのNISA口座の手数料が高い場合は口座の移動も考慮にいれましょう。せっかく投資利益が非課税でも、手数料でマイナスになってしまっては元も子もありません。

 

取扱商品
NISAで取り扱っている金融商品は取り扱い金融機関で異なります。自分が投資したい商品を口座を開設する金融機関で取り扱っているのかを事前にしっかりと調査してNISA口座を開設しましょう。

4. NISAのメリット

政府が満を持して導入したNISA。当然、国民が投資をしたくなるようなメリットが満載です。ここでは魅力的な投資制度である、NISAのメリットをご紹介していきたいと思います。

4.1 投資の利益が非課税になる

NISA最大のメリットは投資による売買益や配当などが非課税になる点です。具体的には以下のようになります。

(例)NISA口座でA株式を100万円で購入し、1年後配当金5万円をもらった後120万円で売却した場合。

株式売買益 120万円−100万円=20万円
配当 5万円
投資利益 20万円+5万円=25万円

 

・通常口座の場合
通常株式から派生する利益には20.315%の税金が課税されます。
250,000円×0.20315=50,785円
250,000円−50,785円=199,215円(受け取り利益総額)

・NISA口座の場合
株式投資から生じる利益は非課税のため、まるまる25万円ゲットすることができます。

このようにNISA口座を利用すると株式売買益と配当金が非課税になり、利益をまるまる享受することができます。

4.2 ロールオーバーすることができる

2017年の法改正により、NISA枠で購入した金融商品を上限価格なくそのままロールオーバーできるようになりました。具体的には2014年に購入した金融商品が200万円に値上がりしていたとしても、通常120万円枠のNISAですが、200万円分の金融商品全額を2019年分のNISA枠にロールオーバーすることができてお得です。

 

NISAのメリット
1.投資の利益が非課税になる
2.ロールオーバーすることができる

5. NISAのデメリット

NISA自体の制度ではデメリットといえることは存在しません。しいてデメリットを挙げると、一般の口座との損益通算ができないことくらいでしょうか?そのくらいNISAはお得な投資制度ということができます。

 

NISAのデメリット
(あえて挙げるならば)一般の口座との損益通算ができない

6. 上手くNISAを活用しよう

いかがでしたか?NISAはデメリットを法改正により補完することでさらに魅力的な投資制度になっているといえます。デメリットらしいデメリットが存在しないNISA。活用しない手はありません。上手くNISAを活用して、投資で利益をあげていきませんか。



今だけ、テクニカル分析の代表格、【限定】ライン分析の学習教材(動画3時間超、テキスト91ページ)を無料プレゼント中! FXブロードネット
The following two tabs change content below.

佐藤 れいな

大学で経済学を学び、大学院では法律を学んだ変わり種。出産後の副業として株式投資を始め、テクニカル売買の魅力に取りつかれる。「1日中見ていても飽きない」ほどチャート分析が好きなテクニカル投資家です。投資歴は株式投資は10年以上、FX5年。コミュニティ等でも投資の指導を行っている。