おはようございます。

まあ、昨日の時点で予想されていたことですが、本日7時頃、北朝鮮がミサイル発射との報道が伝わり、ドル円は110円台前半から109円台半ばまで急落しました。

その後、110円10銭台を回復しましたが、地政学的リスクが高まる中、依然として上値の重たい展開となっています。

ファンダメンタルズ的には、何度も【相場メモ】で書いている通り、米国の景気が良好かつ北朝鮮関連の問題は直接的に米経済に影響を及ぼさないので、ドル円は再び111円台を超えて上昇しても何ら不思議ではない状況。

しかし、チャート的に見ると、昨日のCPI後に付けた高値111円を中心にヘッドアンドショルダーが完成しており、今後の米国の出方を含めて考えると、もうしばらく様子を見るのがよさそうな感じです。

また、来週月曜は日本の祝日になることも少し警戒が必要です。

 

↓クリックすると拡大できます↓

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ