こんにちは、T-yaです。

ドル円ですが、年初からサポートされていた108円丁度をついにブレイクし、107円台半ば付近まで下げる展開となっています。

「2018年の為替見通し」でも述べた通り、ドル円は円高に行く可能性が高いと予想しておりましたが、何度も反発していた108円で下げ止まる可能性もあったものの、そこをブレイクしたため、また一つ、円高のステージへ歩を進めたことになります。

【2018年】ドル円為替見通し・予想|元メガバンク為替ディーラー

 

↓クリックすると拡大できます

今後の展開 テクニカルポイント

ドル円ですが、ファンダメンタルズ分析的にもテクニカル的にも、下値警戒感が強まっています。

全てを詳しくここでは説明できませんので、簡単にポイント説明しますと、

<ファンダメンタルズ分析的な要因>
・株価の下落(下降トレンド)
・投資家の円ショートポジションの巻き戻し
・円金利上昇懸念
・日銀の出口戦略への懸念
などなど

テクニカル的には、何度か反発している108円で踏みとどまれば、何とか110円に乗せる展開も予想されましたが、明確に抜けてきたので、2017年の安値107円台前半が意識されます。ここを抜けると、いよいよ106円、105円が見えてくるかもしれません。

↓クリックすると拡大できます

実践トレード解説

本日も、ドル円ショートでエントリー(108円59銭)。

しかし、金曜のフラッシュバックが頭をよぎり、ホールド出来ず、途中で利食い。その後、何度か売りを仕掛けるも、108円手前で利食ったりしてコストが悪化。結局、利益は+50pips程度。

久しぶりのドル円の大相場に、最初からエントリーしていたのに最後までついていくことが出来ず、猛反省の相場でした。

トレード解説の詳細はこちらのメルマガで

 

実践トレード解説(2018年2月9日金曜)

password : dealer2

 

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ