こんばんは。T-yaです。

最近のマーケットは本当にファンメンタルズ要因のイベントがひっきりなしに続いており、ボラタイルな相場が続いていますね。

ドル円なんて、去年はあんまり動いたイメージなんてないのに、40,50pips動いたと思ったら、気づいたら反転しているなど、びっくりする展開が多いですね。

 

まあ、その要因はファンメンタルズなので仕方ないのですが、チャートでしっかりとテクニカル分析をすると、重要なラインではきちんと反応して、動きが反転してたりします。

 

今の環境は、相場環境認識がしっかりと出来る方であれば、取れるところで着実に利益を上げることが出来ますので、ボラが高い分、リスク管理を徹底したトレードを心掛けていく必要がありますね。スクールの方でもテクニカルによる環境認識スキルは徹底して教えていますが、下手に値動きだけに惑わされて手を出すと、負けそうな展開が続いている印象です。

 

↓クリックすると拡大

 

さて、そんな中、本日は米雇用統計があります。

最近は、トランプ大統領の貿易問題中心で、やや関心が薄れている感はありますが、そもそも先月の株価暴落は雇用統計の翌営業日から始まったことを忘れてはいけません。

 

今回の平均受給は、前回の反動減の可能性もありますが、また強いようだと、金利上昇→株下落→円高の波が襲ってくるかもしれませんので、内容は要チェックですね。株価も不安定な値動きが続いていますし、(関係ないですが、仮想通貨は大暴落していますし・・)、まだまだ来週以降も緊張感ある展開が続きそうです”(-“”-)”

ドル円買い目線へ|円高的中だが感じる違和感。105円半ばで下げ止まるか?



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!

<FXブロードネット> FXブロードネット

<セントラル短資FX> セントラル短資FX

<FXトレードフィナンシャル> FXトレード・フィナンシャル

The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。