こんにちは、鈴木です。

また前回から1週間ぶりのアップデートとなりました。

前回の記事でも指摘した通り、ドル円は週足の下降トレンドラインを上抜けた後、またいつくかの重要なレジスタンスをブレイクして113.60レベルまで上昇しています。

それでは早速、チャートの方を見ていきましょう。

ドル円のテクニカルチャート

↓クリックすると拡大

 

ドル円の週足チャートを見ると、2015年から引ける下降トレンドラインを上にブレイクした形となっています(上図)。

上昇トレンドラインも引けており、三角保ち合いを上に抜けた格好となっていますので、今後も買い圧力は強まると思いますが、ただ、2017年のレンジ上端である114円台半ばは、かなり意識されやすい抵抗帯なので注意しましょう。

 

↓クリックすると拡大

 

日足チャートを見ると、目立った押し目がなく上昇しており、一旦調整(買いポジションの利食い)が入る可能性も注意したいところですね。

 

↓クリックすると拡大

 

4時間足では、安値と高値がきれいに切り上がり、また、レジサポ転換(レジスタンスとサポートの役割転換)が起きており、まさに教科書通りの値動き。

今後は、このまま上昇を続けるか?一旦押しを付けて113円丁度付付近でサポートされるか?それともそこを抜けてくるのか?注目していきたいところです。

 

参照:水平線(サポート・レジスタンス)の引き方とFXブレイクアウト戦略

<追伸>マネーリテラシー

私の電子書籍『元メガバンク為替ディーラーが教えるFX超入門講座』ですが、結構な反響を頂いております。

中には、電子書籍を読んで感想を送って下さった方もおり、本当にうれしい限りです^^



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット