こんにちは、鈴木です。

ドル円ですが、ついに三角保ち合いを下にブレイクし、110円丁度まで下落しましたね。

112~113円でうろうろして2018年は終わるかもと思っていましたが、株式市場が崩壊したこともあり、一気に下方向への動きが出ました。

それでは、早速チャートの方をみていきましょう。

ドル円のテクニカルチャート

↓クリックすると拡大

まず、久しぶりのアップデートなのでおさらいですが、ドル円は週足レベルで114円台半ばが強力な抵抗帯になっており、上値が重い状態が続いていましたね。

こんな状態では買いを狙うのは難しいので、多くの投資家が売りをたんたんと狙っていたと思います。

 

↓クリックすると拡大

そんな中、日足チャートでも確認出来るように三角保ち合いが形成されており、上方向の抵抗帯が意識される中、下にブレイクした後は、110円丁度のサポートまで一気に急落しました。

三角保ち合いの性質上、ブレイクした方向にトレンドがでる傾向があるのですが、今回はテクニカル主導というよりも、株式などのファンダメンタルズが大きく作用した感じですね。

 

今回、テクニカル的にもそうですが、ファンダメンタルズ的にも円高材料がかなりあったことから、しっかりと相場分析が出来た人はこの下落を取ることが出来たのではないでしょうか。

スクールの生徒さんもこの相場で100~200pips以上の利益を取るなど、荒稼ぎしている人が続出している模様で、大きなクリスマスプレゼントになったようですね^^ (私ももちろん売りでしたが)個人の利益より、生徒さんの利益が一番うれしいですね^^

 

水平線やトレンドラインを使ったライン分析について学習したい方は、教材「ラインの王道」が参考になりますよ。

有名FX会社の口座開設と条件クリアで無料プレゼント中です。このクリスマス休暇にゲットされた方も多いようですね!(^^)!

口座開設の特典でもらえるFX会社一覧( ^^) !

FXブロードネット

セントラル短資FX

FXトレード・フィナンシャル

資源国通貨のチャート

↓クリックすると拡大

また、ドル円以外の通貨では、原油価格が暴落していることから、資源国通貨売りが激しくなっています。

WTI原油先物は、10月の高値水準から約40%以上も下落しています。さすがに40%の下落はすさまじいですね・・・

 

↓クリックすると拡大

資源国通貨のカナダドルを見ると、4時間足でかなりきれいな上昇トレンドを形成しています。

テクニカル的にもかなりトレードしやすいチャートになっており、このトレンドに乗れている方はおめでとうございます^^

 

↓クリックすると拡大

また、同じく資源国通貨のオーストラリアドルも、同じようなレジサポ転換を繰り返しながら下落していますね。

丁度、0.70台前半がサポートになっていますが、ここを割れるともう一段の下落が懸念されるところです。

豪ドルの特徴については、以下もご参考下さい。

記事:オーストラリアドル(豪ドル・AUD)の特徴とFX高金利通貨投資への注意点

 

株式市場の暴落と言い、来年は大きな相場になる予感がしていましたが、もうその兆しが起きていますね。

為替のマーケットも、大きなトレンドが出れば、それはチャンスでもあるので、しっかりと相場を分析するスキルを身に付けていきましょう^^

 

それではまた!



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有
 
<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実
 
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有
 
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。