これから投資を始めていくのであれば、「どんな目的や目標で投資をするのか」、「どの投資をしていくのか」を決めなければなりませんが、投資した後はすべてお任せというわけにはいきません。

仮に10年、20年という長期の投資であっても、「投資先がどうなっているのか」、「資産の増減はどうなのか」といった現状を定期的に確認していく必要があります。

問題がなければそのままでいいのですが、損失が生じている場合や、期待通りの利益を出せていないのならば、リバランス(投資先の配分調整)しなければならない状況も考えられるのです。そこでポイントになるのは、「どれだけ有益な情報をタイムリーに入手できるのか」ということになります。

つまり、投資で利益を上げていくためには、「どこから情報を得ていくのか」という点が重要なのです。

新聞などの雑誌やテレビなどからも情報を確認していくことができますが、インターネットがこれだけ普及している現代では、やはりネット上のサイトを利用していくのが最も迅速に対応できます。

今回は、投資初心者にとって有益なサイトから情報収集する習慣の重要性と、おすすめサイトについてお伝えしていきます。

この記事を見れば、必要なポイントは全て把握することが出来ますよ。

 

<記事を読むことで分かること>
・投資初心者におすすめの情報収集の方法が分かる
・情報を入手できるおすすめサイトを知れる

 

投資初心者に必須となる情報サイト

それではおすすめの情報サイトの紹介に入る前に、「どうして投資を始めたばかりの初心者は情報サイトをチェックした方がいいのか?」を考えていきましょう。

多くの初心者は、「これがおすすめ」「これは儲かる」といった断片的な情報だけを仕入れて、何も事前に調査をせずに投資をしてしまう傾向があります。

ただ、これは大変危険なので、絶対に避けるようにしましょう。

投資で必要な情報とは

投資で必要な情報は、何に投資するのかによって異なりますが、アメリカを中心に、日本、中国、ヨーロッパの政治情勢や経済状況については敏感になっておく必要があるでしょう。

「リスクオン」(リスク選好)、「リスクオフ」(リスク回避)のどちらに傾くのかによって、為替相場や金融商品の価格は大きく変動するからです。状況によってはさらに買い足すこともありますし、逆にすぐに資産を回収しなければならない事態もありえます。

2008年に起きたリーマンショックも、前年から問題視されていたサブプライムローンに注目していれば損失を最小限にできました。

「いかに早く有益な情報を入手するのか」は、投資運用に大きな影響を与えます。

株式やFX、投資信託といった投資を行う場合は、「日経平均株価」、「TOPIX」、「ダウ平均」、「S&P 500」の他に、「政策金利」といった短期金利や、「10年国債利回り」といった長期金利、扱う通貨の為替レートだけでなく、「米ドル」、「日本円」、「ユーロ」といったメジャー通貨の値動きは必ず注目する必要があるでしょう。重要な「経済指標」の結果も注意が必要です。「金」や「原油」の価格もチェックしておかなければなりません。

その他、不動産投資の場合は「収益物件」の情報が不可欠ですし、仮想通貨を扱う場合は「仮想通貨の価格」の情報が必要になります。

取引先のサイトだけで充分なのか?

FXに投資する場合は、FX口座を開設します。ほとんどの取引業者が独自のサイトを作成していますので、取引業者のツールを利用しながら、そこで多くの情報を入手できる仕組みになっているのです。

取引業者のサイトだけではありません。投資に必要な情報を得ることのできるサイトは、ネット上に溢れています。もちろんすべてを確認することなど不可能ですし、そんなことは時間の無駄です。しかし、取引先だけのサイトで充分なのかは疑問符が付きます。

できるだけ速く、多くの情報を入手できるサイトを利用すべきです。参考にするサイトの精度によって、投資の成果も変わっていくと考えていくべきでしょう。

自分が取引している業者のサイトだけで満足することなく、他のサイトも比較してみてください。

一番おすすめの投資情報サイト

それではここからは、投資初心者におすすめの投資情報サイトを紹介していきます。

まずは、多くの投資家が愛用している最もおすすめな先を紹介しますよ。

マネックス証券

マネックス証券の公式サイト

 

無数にあるサイトの中からどこを参考にすべきか、投資初心者であれば悩むところです。そこでおすすめするのが「マネックス証券」のサイトになります。口座を開設するのは無料なので、開設しておいて多くのサービスを活用していくのがいいでしょう。

株式については「マネックス銘柄スカウター」があります。売上高、営業利益といった重要業績を最長で過去10年間までさかのぼってグラフ表示してくれます。PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)、配当利回りも5年間分表示できますし、複数の企業を一覧で表示し、比較することも可能です。

FXについては「Monex Trader FX」というツールが用意されており、為替レートの確認はもちろんのこと、29種類のテクニカル指標を利用できます。

また「マネークリップ」では、市場の動向や国際ニュースといったヒントやトピックスが豊富に掲載されているので、投資初心者にはとても参考になります。

マネックス証券だと金融商品も充実

マネックス証券はネット証券有数の取引数を誇っているので、「IPO」(新規公開株式銘柄)も充実しています。IPOを中心に投資をしていく場合はもちろんのこと、リスクヘッジとしてIPOに投資するのであればマネックス証券を利用すべきです。

外貨建ての金融商品も豊富で、FX以外にも、「米国株」、「中国株」、「新興国ファンド」、「くりっく株365」や、一般の投資信託よりも信託報酬が低い「海外ETF」、複利効果を狙った積立投資の「外貨建てMMF」、定期的に利子を受け取れる「外国国債」などが扱われています。

他のネット証券では取り扱っていない「金」まであります。扱っている金融商品が充実しているからこそ、幅広い情報を入手することができるのです。

オンラインセミナーも無料で活用できる特典もありますし、1手数料もネット証券の中では最安値水準です。100円から投資信託を始めることも可能です。

サイトの活用も考えると、投資を始めるのであれば真っ先に口座を開設しておきたい証券会社になります。

 

マネックス証券のおすすめポイント
・株や海外株、商品市場の情報を入手できる
・市場動向や国際ニュースも豊富
・オンラインセミナーなどが充実

その他のおすすめ投資サイト

それでは、その他のおすすめ出来る情報サイトを見ていきましょう。

証券会社では情報は豊富なのですが、デメリットとして「その証券会社の口座開設をしなければいけない」という点があります。もちろん、開設は無料ですが、時間もかかるため、もし早く情報を入手したいならば、以下のサイトを利用しましょう。

Bloomberg

Bloomberg(ブルームバーグ)は、株価指数や為替レート、国債利回り、金融商品価格などを一目で確認するには便利なサイトです。

日本の取引業者では扱っていない国の通貨レートまで表示できますし、国際ニュースや最新の分析記事も掲載されています。経済指標もタイムリーに確認でき、過去の推移も簡単に比較できます。使い勝手はとても良いです。

ZAi FX!

経済情報をタイムリーに入手するのにおすすめなサイトが、株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチが運営する「ZAi FX!」です。FXや仮想通貨専門サイトではありますが、市場予想が豊富なので、他に投資する場合にも有益な情報が多く掲載されています。

ただし、運用のプロだからといって相場の予想が必ず当たるわけではありません。あくまでも市場心理がどのような方向なのかを把握するための材料にしてみてください。

このサイトには「FX実況ちゃんねる」があり、Twitterを利用して実際のトレーダーの声がリアルタイムで反映されているのも面白い点です。

まとめ

サイトは投資する際の重要な情報源です。その一方で時間もまた貴重になります。あのサイトもこのサイトも確認していこうとなると、時間ばかりかかり、大切なチャンスを逃してしまいます。有益な情報を提供してくれるサイトを3つぐらいに絞って、日々確認していく習慣をつけていくのがいいのではないでしょうか。

投資初心者でも成果を出すことは充分に可能です。そのためにも、ぜひ今回おすすめのサイトを確認してみてください。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXTF
FXTF
FXTFの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。