FX初心者FX初心者

テクニカル分析を覚えて、FXで稼ぐぞ~~!稼げるテクニカル分析を教えてください!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

相場の世界に必勝法なんてないよ!まずは、テクニカル分析に何の種類があるのかを理解しよう!

前回の第2回目「ファンダメンタルズ分析」では、基本的なファンダメンタルズの概要について学習しました。

しかし、ファンダメンタルズ分析の習得にはかなりの時間がかかる上、正確にグローバル経済の見通しや相場への影響を見極めるのは、専門家のエコノミストやアナリストでも難しいです。

なので、個人投資家、特に初心者の方は、まずはテクニカル分析の勉強に注力するのをおすすめします。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは何かを一言で説明しますと、チャートによる過去の価格と値動きから、将来の方向性や価格を予想する手法です。

様々な手法が確立されており、FXを始めたばかりの初心者の方でも馴染みやすい為替相場を予想するアプローチの手法です。

それではまずは、テクニカル分析の手法についてみていきましょう。

テクニカル分析の手法

テクニカル分析の手法は多岐に渡りますが、大きく分けると、トレンドを認識したり、またはその発生を予測する「トレンド分析」と、方向性のない相場でトレンド分析が役に立たない時に有効な「オシレーター分析」などに分けられます。

FX初心者FX初心者

トレンド分析とオシレーター分析に分かれるんですね!?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

基本的にこの2つを組み合わせて使うことで、勝率の高いトレードを実現することが出来るんだ!

(1) トレンド分析

そもそも為替相場の動きは、上昇するか、下降するか、それとも横ばい(レンジ)かの3つしかなく、トレーダーは上昇している時は“買い”、下落している時は“売り”、横ばいの時は“様子見”の選択肢しかありません。

 

初心者や勝てないトレーダーはこれを難しく考えすぎていて、明らかな上昇トレンドの時に売りからエントリーしたり、下降トレンドで何のトレンド転換のサインも無いにも関わらず買いで入ったり、横ばいの時に全力トレードを繰り返して、負けてしまうのです。

トレンド分析の代表的なものには、以下のものが挙げられます。

・トレンドライン:過去の高値と高値、安値と安値を結んだ線。上昇トレンド、もしくは下降トレンドの判断をつけることが出来る。

・移動平均線:過去の終値の平均値を取った線。例えば、5日移動平均線(日足)であれば、過去5日の終値の平均値となる。その時のトレンドの流れを把握することが出来る。

・水平線(サポート・レジスタンスライン):高値と高値、安値と安値を水平に結んだ線。それぞれ、サポートやレジスタンスの役割を果たす。

・リバーサル(反転)・パターン:ヘッドアンドショルダーやトリプルトップ(ボトム)などのパターン。それまでのトレンドの終焉や転換のシグナルとなる。

・三角保ち合い:トライアングルの形をした保ち合いのパターン。従来のトレンドの一時休止を示す。

ボリンジャーバンド

移動平均線を中心に、上下に1σ、2σ(σ:標準偏差)のトレンド線を引いたもの。統計学により、±1σの範囲には約68%の確率で、±2σの範囲には約95%の確率で価格が収まるとされる。

 

以下、実際のドル円のチャート(1時間足、2017/8/23時点)にテクニカル分析を施す前と後のチャートです。

 

何もないただのチャートでは、どうトレードしていいかよくわかりませんが、テクニカル分析を施すと、その時々のポイントが視覚的に分かるようになりますね 。

 

※各テクニカル分析に詳細について、以下の記事をご覧ください。全動画解説付き!

ダウ理論とは?使い方とトレード手法|FXテクニカル分析[基本編]

トレンドラインの引き方、役割、トレードの仕方|FXテクニカル分析[基本編]

移動平均線の使い方・見方・トレード手法・分析大全|FXテクニカル分析[基本編]

三角保ち合いパターンによるトレード戦略|FXテクニカル分析[基礎編]

リバーサル(反転)パターンの種類とトレードの仕方|FXテクニカル分析[基本編]

トレンド継続・転換の判断ポイント|FXテクニカル分析[基本編]

水平線(サポート・レジスタンス)の引き方とブレイクアウト戦略|FXテクニカル分析[基礎編]

一目均衡表の使い方・見方・トレードの仕方|FXテクニカル分析[基本編]

ボリンジャーバンドの見方・使い方・トレード手法|FXテクニカル分析[基本編]

 

FX初心者FX初心者

たくさんあり過ぎて、どれが一番いいか分かりませんっ!初心者におすすめなのはどれですか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

まずはラインを引く、トレンドラインと水平線が使えるようにしましょう!そして、移動平均線も使いやすいよ!!

(2) オシレーター分析

上記のトレンド分析に対し、相場の強弱を図る時に使用するのが「オシレーター分析」です。方向性の無い相場の時や、トレンド分析だけでは判断が難しい時は、このオシレーター分析を組み合わせることにより、テクニカル分析の精度が増します。

以下、代表的なオシレーター分析です。

  • RSI(Relative Strength Index)

ある一定期間にて、上昇と下降の変動のどちらの勢いが強いのかを判断するインディケーターです。
一般的に、70-80以上が買われすぎ、20-30以下が売られすぎを示しています。

 

  • MACD(マックディー)

2つの異なる期間の移動平均線の差を表し、トレンドの方向性や転換点を把握するためのインディケーターです。

 

※各テクニカル分析に詳細について、以下の記事をご覧ください。全動画解説付き!

RSIの見方・使い方・トレード手法|FXテクニカル分析[基本編]

MACDの見方と使い方が丸わかり|FXテクニカル分析[基礎編]

ストキャスティクスの見方と使い方が丸わかり|FXテクニカル分析[基礎編]

 

FX初心者FX初心者

オシレーター分析はまた違った特徴があるんですね~

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

オシレーターはトレンドが発生している時には使いづらいけど、レンジ相場の時は威力を発揮する!まずはトレンド系から2、3個、オシレーター系から1個を選択するといいよ!

まとめ

第3回目では、代表的なテクニカル分析の手法を紹介しました。テクニカル分析も1日や2日で完璧にマスターできるものではありませんが、個人投資家にとっては必須の武器ですので、コツコツと理解を深めていきましょう。



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット