「メキシコペソ円のスワップポイントはどこのFX会社が一番高いんだろう?」

これからメキシコペソ円のスワップトレードを検討している方は、どのFX会社を使えばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

単純にスワップポイントの大小を比較しても、例えば、スプレッド取引単位約定力など、その他の項目も含めて総合的に評価しないと全く意味が無いと言えます。

FX初心者の方は、その辺の知識が足りないため、FX会社選びに失敗してしまうリスクもありますからね。

そこで今回の記事では、元銀行員の筆者が、メキシコペソ円のスワップ運用で本当におすすめできるFX会社を厳選し、比較していきます。

今回紹介するFX会社の中から決めれば、間違いないと言えるでしょう。

<今回の記事で分かること>
・メキシコペソ円のスワップ投資でおすすめのFX会社
・スワップポイントの比較
・スワップポイント以外で注意するべき項目

 

メキシコペソ円のスワップ投資について

投資初心者投資初心者

メキシコペソのスワップ投資はどんなメリットがありますか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

では、簡単にメキシコペソが注目されている理由を説明するよ!

メキシコペソで最もおすすめのFX会社セントラル短資FX

セントラル短資FX

メキシコペソの特徴

メキシコペソの特徴を一言で説明すると、政策金利8.35%の高金利通貨です。

同じ高金利通貨で有名なオーストラリアドル(豪ドル)の1.50%や、南アフリカランドの6.75%よりも、実は金利が高いんですね。

メキシコの政策金利

(引用元:岡三オンライン証券)

また、もう一つの特徴としては、メキシコペソの政策金利は、2015年に利上げを開始して以降、年々利上げをしており、スワップ狙いの投資と非常に相性が良い通貨と言えます。

各国の政策金利

(引用元:FXプライムbyGMO)

ちなみに、スワップポイントとは、両通貨間の金利差調整分のことを言います。

例えば、低金利の日本円を売って、高金利のメキシコペソを買う取引を行うと、金利差に応じた分をスワップポイントとして毎日受け取ることが出来ます。

スワップポイントの仕組み

(引用元:セントラル短資FX)

しかも、このスワップポイントは毎日発生し口座残高に反映されます。

スワップポイントは、新たな取引の証拠金として活用することも、またはそのままスワップポイントのみを出金することも出来るので、まさにメキシコペソを保有しているだけで手放しでお金が増えていくというわけです。

 

メキシコの特徴や為替レートの変動要因を知りたい人は、【メキシコペソに投資をしてFXスワップ生活を送る方法】もご参考下さい。

メキシコペソ円はどれくらい稼げるか?

メキシコペソ円ですが、最近は1メキシコペソ=6円前後で推移しています。

また、過去10年程度のチャートを確認しても、最近は5円~6円台でかなり安定して推移しており、また、過去10年のレンジの中でもレンジ下限に位置していることが分かります。

メキシコペソ円のチャート

そして、1メキシコペソ=6円というのは、非常にメキシコペソが安いことを意味しており、その分、必要な証拠金も圧倒的に少なく済みます。

 

例えば今、10万円の資金でFXのスワップ運用をすると仮定しましょう。

ここで、同じ高金利通貨の豪ドル円とメキシコペソ円のスワップ運用を比較すると、10万円の資金で保有できる数量は最大で、メキシコペソが41万通貨、豪ドルが3万通貨ほどになります。

そして、1万通貨あたりのスワップポイント(1日)は、メキシコペソが16円、豪ドルが30円とすると、上記数量の場合は、メキシコペソが1日656円(16円×41)、豪ドルが1日90円(30円×3)です。

すると、年間(360日)で掲載すると、メキシコペソが236,160円なのに対し、豪ドルは32,400円と、20万円近い差が発生しています。

スワップポイントのシミュレーション

(引用元:セントラル短資FX)

もちろん実際は、スワップポイントは日々変動し、為替レートも変動しているので、これ以上の利益になる時もあれば、逆に、スワップポイント以上に為替レート変動で損する場合もあります。

ただ、上記シミュレーションでみても、いかにメキシコペソ投資が魅力的か分かると思います。

メキシコペソ円のスワップポイント比較表

メキシコペソ円のスワップポイントをFX会社毎に比較した表をご覧ください。

FX会社は数多く存在しますが、メキシコペソ円を扱えるFX会社は限られています。

また、スワップポイントは日々の相場環境や各FX会社のキャンペーンによっても変動しますので、何社か同時に口座開設をして、定期的にスワップポイントを確認するようにしましょう。

メキシコペソ円のFX会社比較表
FX会社スワップスプレッド取引単位
セントラル短資FX15円0.4銭1,000
みんなのFX12円1.8銭1,000
LIGHT FX12円1.8銭1,000
岡三オンライン証券12円0.7銭100,000
FXプライム12円1.9銭1,000
マネーパートナーズ8円0.5銭10,000
ヒロセ通商16円0.4銭1,000

※2019年7月時点

メキシコペソ円のおすすめFX会社ランキング

それではここからは、メキシコペソ円のスワップポイント投資でおすすめのFX会社をランキング形式で紹介していきたいと思います。

この中からお好きなFX会社を選ぶようにしましょう。

セントラル短資FX

セントラル短資FX

 

メキシコペソで最もおすすめのFX会社は、セントラル短資FXです。

セントラル短資FXは、メキシコペソ以外にも、南ランド円トルコリラ円、人民元円など、多数の高金利通貨ペアをそろえており、スワップ運用ではまさに必須のFX会社と言えます。

しかも、メキシコペソ円のスプレッドは0.4銭と他社の追随を許さない断トツの1位であり、スワップポイントだけではく、手数料(スプレッド)も狭い先です。

また、取引単位は1000通貨から可能であることや、カスタマーサポートも充実していることから初心者にも使いやすいFX会社です。

セントラル短資FXの特徴
・スワップポイントは業界トップ
・スプレッドも業界トップ
・1000通貨単位
・初心者に安心のサポート

みんなのFX

みんなのFX

 

みんなのFXは、トレイダーズ証券が運営しており、トルコリラなどの高金利通貨運用で人気のFX会社です。

メキシコペソ円のスワップポイントも、セントラル短資FXと並ぶ高水準であり、今後、セントラル短資FXと並びそれ以上になる可能性もあるので、目が離せない先です。

スプレッドは1.8銭と、セントラル短資FXと比べると劣るものがありますが、メキシコペソで何度も売買を繰り返すデイトレードはあまりしないと思うので、非常におすすめのFX会社の一つです。

また、みんなのFXも1000通貨単位から取引できるので、多くの初心者に愛用されております。

みんなのFXの特徴
・業界トップクラスのスワップポイント
・スプレッドは1.8銭(原則固定)
・1000通貨単位

LIGHT FX

LIGHT FX

 

LIGHT FXは、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFX会社です。

スワップポイントやスプレッドもみんなのFXと同じ水準で非常に高いです。

ではどうして、トレイダーズ証券がわざわざ2つもFX会社を用意しているのか疑問に感じた方も多いでしょう?

実は、スワップ投資では、通貨によってFX会社を使い分けるのが良いとされています。

これは、例えば、1つのFX会社で複数の通貨ペアのスワップ運用をしていると、メキシコペソが暴落して強制ロスカットの水準に達したら、その他の通貨も巻き込まれて強制決済になるリスクがあります。

そうならないためにも、メキシコペソはみんなのFX、トルコリラはLIGHT FX、という具合に使い分けるのがおすすめなのです。

LIGHT FX
・みんなのFXと同じ運営会社
・業界トップクラスのスワップポイント
・スプレッドは1.8銭(原則固定)
・1000通貨単位

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

 

岡三オンライン証券は、「くりっく365」という取引所で行うFXとなります。

通常のFX会社は「店頭FX」と呼ばれ、個人投資家とFX会社が相対で取引を行いますが、くりっく365では、取引所に参加している投資家同士が売買をします。株の取引に近いイメージですね。

くりっく365では、通常の店頭FXと比べて、メキシコペソのスワップポイントが高くなる傾向にあります。また、約定力といって、見えている価格での取引成立のしやすさも高いです。

ただ、取引単位は100,000通貨からなので、ややまとまった資金力が必要となります。

岡三オンライン証券の特徴
・くりっく365での取引
・スワップポイントは高め
・約定力も店頭FXと比べて高い
・100,000通貨単位

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

 

FXプライムbyGMOは、「約定力100%」「スリッページなし」を強みとするFX会社です。

例えば、メキシコペソの為替相場が急変動して大荒れの時、約定力が低いFX会社であれば、約定拒否となり、取引したくても売買が成立しないかもしれません。

また、スリッページが頻繁に発生するFX会社であれば、成行きで発注したら大幅に価格が悪化(スリップした)するかもしれません。

しかし、これらの心配がFXプライムbyGMOであればないのです。

ただその分、メキシコペソ円のスプレッドは1.9銭と広いので、短期売買をメインとする人は注意する必要がありますが、長期のスワップ運用であれば気にする必要はないでしょう。

FXプライムbyGMOの特徴
・約定力100%
・スリッページなし
・スプレッドは1.9銭とやや広い
・1,000通貨単位

ヒロセ通商

ヒロセ通商

 

ヒロセ通商の最大の特徴は、メキシコペソ円のスプレッドが0.4銭と業界最狭水準であることです。

また、オリコン顧客満足度調査でも4年連続で第1位を獲得しており、人気のFX会社です。

メキシコペソのスワップポイントも高く、また、取引単位も1000通貨から出来るので、初心者にもおすすめのFX会社ですね。

ヒロセ通商の特徴
・スプレッドは0.4銭と業界最狭水準
・オリコン顧客満足度調査4年連続で第1位
・高いスワップポイント
・1,000通貨単位

マネーパートナーズFX

マネーパートナーズ

 

メキシコペソやトルコリラなどの高金利通貨投資で高い人気を誇るのが、マネーパートナーズFXです。

マネーパートナーズFXは、メキシコペソの高いスワップポイントの他、約定力にも強み(10年連続第1位、※矢野経済研究所実施)があります。

メキシコペソ円のスプレッドも0.5銭と業界最狭水準なので、バランスの取れたFX会社と言えます。

マネーパートナーズFXの特徴
・約定力は第1位(※矢野経済研究所調査)
・スプレッドは0.5銭(原則固定)
・10,000通貨単位

 

【注意事項】
・上記で取り上げたスプレッドは、原則固定のものとなります。
・スプレッドやスワップポイントは、相場環境により変動します。

メキシコペソ円のスワップ投資の心得

以上がメキシコペソ円のスワップ投資でスワップポイントが高い、FX会社の比較ランキングとなります。

メキシコペソに限らず、トルコリラ南アフリカランドなどにも言えることですが、スワップ収益狙いの投資を行う際は、必ずレバレッジは低めに抑え、長期目線で運用を行うようにしましょう。

また、新興国通貨の経済は不安定なので、常に政治や経済情勢を確認するようにしていきましょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!