投資初心者投資初心者

みんなのFXで口座開設を検討しているのですが、評判はいかがでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは、みんなのFXの特徴やメリット・デメリットをみていこう!

これから資産運用でFX(外国為替証拠金取引)を始めようとした時に、悩むのが「どこのFX業者を利用した方がいいのか」ということでしょう。ひと昔前であれば、レバレッジで競い合っていたこともありますが、現在は金融庁の規制もあり、レバレッジは最大で25倍と統一されています。

比較するのであれば、それ以外のサービスの面に注目する必要があるでしょう。そんな中で、はたして「みんなのFX」の評判はどのようなものなのでしょうか?

<今回の記事で分かること>
・みんなのFXの評判やメリット、デメリットが分かる
・実際に自分の目的にみんなのFXが最適か判断できる

 

みんなのFX

みんなのFXのメリット

東京証券取引所JASDAQに上場しているトレイダーズホールディングス株式会社の子会社である「トレイダーズ証券株式会社」が運営しているのが、「みんなのFX」です。開設口座数も31万を突破しており、知名度は上位に位置しています。

高い評価を受けている理由は、「スプレッド」と「スワップ金利」にあります。

みんなのFXのスプレッドは狭い

みんなのFX スプレッド

みんなのFXで口座を開設しておくと、スプレッドの面で有利に取引ができます。スプレッドの狭さは業界最高水準です。主な通貨ペアのスプレッドを確認してみましょう。

米ドル/日本円(USD/JPY)は0.3pipsです。ユーロ/日本円(EUR/JPY)で0.4pips、ユーロ/米ドル(EUR/USD)で0.3pipsですから、限界までスプレッドは狭く設定されています。

他の通貨ではどうでしょう。ポンド/日本円(GBP/JPY)は0.9pips(キャンペーン期間中は0.7pips)、豪ドル/日本円(AUD/JPY)で0.6pips、NZドル/日本円(NZD/JPY)で1.0pipsになっています。

気になる注目の新興国はどうでしょうか?

トルコリラ/日本円(TRY/JPY)で1.7pips、メキシコペソ/日本円(MXN/JPY)で0.3pips、南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)でも0.9pipsです。もちろん先ほど紹介したメジャー通貨のペアに比べるとスプレッドは広めですが、新興国通貨としては他社と比較しても引けを取っていません。

トルコリラ/日本円は2.0pips以上のスプレッドを設定しているFX業者も多く、大手でも4.8pipsになっていますので、みんなのFXのスプレッドの狭さは、新興国通貨を扱うことでさらに大きなメリットになるでしょう。

※スプレッドは原則固定(例外あり)となります。

みんなのFXのスワップ金利は高水準

スプレッドはいわばFX業者に支払う手数料のようなものですが、金利差によって受け取れる利息はどのような設定でしょうか?

スワップ金利は、米ドル/日本円で80円、ポンド/日本円で45円、豪ドル/日本円で51円ですから(すべて1万通貨あたり)、やはり高めの水準です。

みんなのFXはやはり新興国通貨のスワップ金利がかなり魅力的になっています。トルコリラ/日本円は82円(1万通貨)、メキシコペソ/日本円は110円(10万通貨)、南アフリカランド/日本円で120円(10万通貨)の設定です。(8月23日時点)

スプレッドが狭く、スワップ金利が高いのであれば申し分ありません。長期で保有してスワップ金利を稼ぐには最高の環境と言えます。ただし新興国通貨にはカントリーリスクがつきものですので、突発的な急落なども配慮しなければなりません。余剰金には余裕を持ってポジションを保有する必要があります。

みんなのFXの強制ロスカット基準は、証拠金維持率100%です。急落で強制ロスカットになってしまうとこれまで積み上げてきたスワップ金利による利益が吹き飛びますので注意してください。

新興国通貨はボラティリティ(変動率)が高いために、売買による為替差益も充分に狙えます。短期売買を繰り返すと、その分だけスプレッドによる負担が大きくなりますが、スプレッドが狭く設定されているみんなのFXであれば、負担を軽減することができます。

どのようなトレードをするにせよ、みんなのFXはトレーダーにとってとても有利だと言えるでしょう。

 

みんなのFXと他のFX会社の比較(トルコリラ):トルコリラ円スワップポイントのFX会社比較ランキング

その他のサービス

みんなのFXで評判が良いのは、スプレッドの狭さやスワップ金利の高さだけではなりません。トレーダーをサポートしてくれる「セミナー」も充実しています。FX初心者向けのトレーニングセミナーは、ネット配信によるセミナーもありますし、会場型のセミナーもあります。大都市に住んでいる場合は会場型に参加して、自分と同じようなトレーダーから刺激を受けることもできますし、交通面で問題があるのであればオンラインセミナーからでも多くのことを学ぶことができます。

ちなみに初心者用のセミナーを受講して、その3ヶ月以内に30Lot以上の取引があれば、「プライベートレッスン」に参加することもできます。60分間、1対1の形式で様々な質問をし、プロのアドバイスを受けることができるのです。

これからFXを始める人にとっても貴重な機会になりますし、FXを始めてみてなかなか思うような成果が出せずに悩んでいる人にとっても、とてもためになるセミナーが用意されているのです。これもみんなのFXの人気の要因のひとつでしょう。

 

みんなのFXのメリット
・業界最狭水準のスプレッド
・新興国通貨(トルコリラなど)のスプレッドが高水準
・セミナーなども充実

みんなのFXのデメリット

メリットばかりが目立つみんなのFXですが、デメリットはどこにあるのでしょうか?

口コミやレビュー記事を見ている限り、ほとんどデメリットについては書かれていません。気になる点だけいくつか挙げてみました。

通貨ペアが少ない

ひとつは、「通貨ペアの種類が少ない」ということです。40種類、50種類という通貨ペアを扱っているFX業者もある中で、みんなのFXは23種類になります。選択肢はその分だけ限られてくることになってしまいます。

ただしクロス円についてはメジャー通貨から、新興国のマイナー通貨まで揃っていますので、FX初心者にとって困ることはありません。確かにリスクヘッジのためには分散投資が鉄則になりますが、そこは米ドル・ユーロ・日本円の組み合わせで対応できます。

チャレンジしてみたいけどトルコリラやメキシコペソを扱っていない、という大手のFX業者に比べたら、みんなのFXは充実した通貨ペアの種類ではないでしょうか。

ちなみに基本通貨は千通貨から取引できますので、気軽に新興国通貨も扱うことが可能です。

みんなのシストレは別口座

トレイダーズ証券には、自動売買のための「みんなのシストレ」もあります。システムトレードができますので、本業が忙しく、チャートなど分析する時間が取れない人には重要です。

みんなのシストレでは、プロが作成したストラテジー(戦略)や、成果を出しているトレーダーが利用しているストラトジーも選ぶことができます。およそ350種類のストラテジーを利用して、システムトレードができるのです。もちろん投資助言としてコストがかかりますが、FX初心者にはかなり心強いツールになります。

しかし、みんなのFXで口座を開設したからといって、このツールを利用できるわけではありません。別サービスなのです。つまり、みんなのシストレに口座を開設する必要があります。

みんなのFXだけで口座を開設した場合、システムトレードはできないという点はデメリットかもしれませんが、ついでに、みんなのシストレでも口座を開設してしまえばいいことでしょう。ただし、みんなのシストレになるとスプレッドが変わってきますので、注意が必要です。

 

みんなのFXのデメリット
・通貨ペア数は23種類
・みんなのシストレを使用するには別途開設が必要

 

みんなのFX

みんなのFXは優良なFX会社!

ご紹介してきましたように、みんなのFXにはほとんどデメリットがありません。むしろメリットばかりです。FX初心者であれば確実に口座を開設しておきたいところです。

ここでFXの経験値を高めて、FXに慣れてから、みんなのFXでは取り扱っていない通貨ペアを他のFX業者で取り引きしてみるのがいいのではないでしょうか。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!