投資初心者投資初心者

LIGHT FXとみんなのFXはどちらがいいのでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

どちらもトレイダーズ証券が運営するFX会社だね!では、LIGHT FXの特徴やみんなのFXの違いをみていこう。

熾烈な生き残り競争を繰り広げているFX(外国為替証拠金取引)業界の中で、2018年10月からリリースされたのが「LIGHT FX」です。ただし、新規参入というわけではありません。「みんなのFX」で有名な「トレイダーズ証券株式会社」の新しい商標になります。

LIGHT FXとみんなのFXでは、名前から受ける印象は異なるものがありますが、扱う通貨ペアやスプレッド、スワップ金利、トレードプラットフォームなどまったく別なのでしょうか?

<今回の記事で分かること>
・LIGHT FXの特徴や評判が分かる
・LIGHT FXとみんなのFXの違い
・LIGHT FXが自分に合っているかが分かる

 

 

LIGHT FX の特徴

LIGHT FXの特徴は、「業界最狭水準のスプレッド」「業界最高水準のスワップ金利」「千通貨から扱えるので少額の資金でも始められる」という3点です。

これは多くのトレーダーがFX業者を選別する際に注目する重要な項目になります。

LIGHT FX のメリット

スプレッドとスワップ金利を確認してみましょう。

LIGHT FXのスプレッドとスワップ
通貨ペアスプレッドスワップ
米ドル/円0.3pips80円(ロング)
ユーロ/円0.4pips10円(ショート)
英ポンド/円0.9pips40円(ロング)
豪ドル/円0.6pips51円(ロング)
トルコリラ/円1.7pips120円(ロング)
メキシコペソ/円1.8pips160円(ロング)
南アフリカランド/円1.8pips150円(ロング)

※メキシコペソと南アフリカランドのスワップ金利は10万通貨のものです。それ以外の通貨ペアは1万通貨のスワップ金利になります。
※2019年3月14日時点

このようにどの通貨ペアを見ても、とても有利な条件でトレードできます。スプレッドが狭いのでスキャルピングやデイトレードのように取引回数が増えても負担が少ないですし、スイングトレードなどの中期・長期トレードでもスワップ金利を他社よりも多く積み上げていけます。

LIGHT FXでは、ほとんどのトレーダーのニーズに応えてくれる環境が整っていると言えるでしょう。

 

LIGHT FXのメリット
・業界最狭水準のスプレッド
・業界最高水準のスワップ金利
・1000通貨単位と少額から取引可能

LIGHT FX のデメリット

スプレッドに関してはAM8:00~AM5:00まで原則固定となっています。ニューヨークタイムがクローズして流動性が低くなった時間帯には、スプレッドが広がるということです。

スワップ金利を得るためには日をまたいでポジションを保有していなければなりませんが、早朝にスプレッドが広がるため、損切りのために入れておいた逆指値の決済注文に引っかかる可能性があります。その後、スプレッドが元に戻り、為替レートも回復すると無駄な損切りだったということになってしまいますので注意が必要です。

 

LIGHT FXのデメリット
・(敢えて挙げるなら)流動性の薄い時間帯にスプレッドが広がる可能性あり

みんなのFXとの違い

現状では、スプレッド、スワップ金利ともに、みんなのFXと同じ設定になっています。トレードプラットフォームについても、初心者向けのシンプルトレーダーには、オプション取引の「みんなのシストレ」や「バイナリーオプション」に繋げることができなくなっている違いだけです。LIGHT FXとみんなのFXは、ほぼ一緒ということになります。

LIGHT FXはFXのみに特化して、余計なものは省いているという感じです。セミナーなどもなく、情報源もニュースや経済指標の発表だけなので、そこをカバーするための方法は必要になってきます。

では、みんなのFXで口座を開設していたら、LIGHT FXの口座を新規で開設する必要がないのではと考える人もいると思いますが、実際は、両方の口座を開設しているトレーダーが多いようです。LIGHT FXも開設しておくメリットは何でしょうか?

 

記事:みんなのFXの評判は?スプレッド・スワップなどの特徴を解説!

効果的なLIGHT FXの利用方法

それでは、みんなのFXの口座を開設しており、さらにLIGHT FXでも新規口座を開設した場合にどのようなメリットがあるのかについてお伝えしていきます。

キャンペーンを上手く利用しよう

まずはキャンペーンの利用です。新規口座開設と取り引きによって5万円を超えるキャッシュバックも可能になります(※キャンペーン期間中のみ)。

30Lotに取り引きで、1,000円。100Lotの取り引きで3,000円、500Lotの取り引きで1万円。1,000Lotの取り引きで15,000円。2,500Lotの取り引きで3万円。5,000Lotの取り引きで5万円のキャッシュバックです。

短期売買のトレードをメインにしているのであれば、チャンスです。5,000Lotの取引量はなかなかハードルが高いですが、仮に届かなくてもボーナス資金をゲットすることができます。

さらにLIGHT FXでは、毎月月末の金曜日に「プレミアムフライデー・ハッピーアワー」と題して、4時間限定で5種類の通貨ペアのスプレッドをさらに狭くしています。2019年2月22日の18:00~22:00まで行われましたが、この時のスプレッドは、米ドル/日本円が0.2pips、ポンド/日本円が0.5pips、トルコリラ/日本円が0.9pips、メキシコペソ/日本円が0.3pips、南アフリカランド/日本円が0.5pipsという設定でした。

米ドル/日本円はもともと狭いのでインパクトは弱いかもしれませんが、新興国通貨のスプレッドの狭さはずば抜けています。メキシコペソ/日本円のスプレッドが他社の米ドル/日本円のスプレッドより狭いとは信じられない設定です。

このようにLIGHT FXのキャンペーンを上手く利用することによって、みんなのFXの口座だけ開設していると受けられない特典があるのです。

みんなのFXと同時に口座を開設する

同じFX業者に口座を2つ開設するということは、国内ではあまりないケースです。ちなみに海外のFX業者で有名なXMでは個人で8つまで口座を開設できます。

基本的にFXで資産運用していく場合、条件の良いFX業者をいくつか選んで分散投資を行います。それぞれに強い通貨があるからです。

LIGHT FXの場合はスプレッド・スワップ金利ともに最高水準なので、ここで運用しても大きな問題はないのですが、トルコリラ/日本円とメキシコペソ/日本円の両方をひとつの口座で扱っていると、もしトルコリラ/日本円が暴落して強制ロスカットになってしまった場合、メキシコペソ/日本円のポジションまで決済しなければならなくなります。

そういったケースを想定すると、扱う通貨ペアごとに口座を変えていた方がリスクを軽減できます。LIGHT FXもみんなのFXも同じ好条件ですので、どちらかをトルコリラ/日本円専用の口座とし、どちらかをメキシコペソ/日本円専用の口座にするのがいいでしょう。

LIGHT FXとみんなのFXを併用していくことで、キャンペーンも上手く利用して資金を増やしつつ、それぞれで利益を積み上げていくことができます。口座開設の手数料がかかるわけでもありませんし、口座維持費もかかりませんので、間違いなく、LIGHT FXの口座も開設しておいた方がお得です。

 

LIGHT FXはみんなのFXと合わせて使おう!

LIGHT FXとみんなのFXの違いが感じられないという人も多いと思いますが、逆にLIGHT FXとみんなのFXには、システムやツールに大きな違いはないため、とても使いやすく便利です。2つの口座を開設しておいて、自分のニーズに合わせて利用していくとFXで成果を出しやすくなるのではないでしょうか。

通貨ペアは20種類と決して多くはありませんが、クロス円の通貨ペアは新興国通貨まで充実したラインナップですので、まずはLIGHT FXで安定した利益を出していくことが、FX初心者の目標になります。ぜひここでFXの腕をしっかりと磨いていきましょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。