MT4は世界中のFXトレーダーに使用されているFXプラットフォームです。MT4なら様々なテクニカル分析をしたり、自動売買を行うことができます。FXトレーダーならぜひ利用したいツールです。

そこで今回はMT4が使える国内FX会社をいくつか紹介します。また、その中でもおすすめのFXトレードフィナンシャル(FXTF)の特徴や、MT4が使える海外FX業者との違いも解説していきます。

MT4が使える国内FX会社

残念ながら、すべての国内FX業者でMT4が利用できるわけではありません。むしろ利用できるFX業者は少数派です。まずはその数少ないMT4が利用できる国内FX業者を見ていきましょう。

FXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャルは、MT4が使えるおすすめの国内FX業者です。オリジナルのテクニカル指標が提供されており、トレードを続けていくうえで無視できないスプレッドが狭いなど、多くのトレーダーが満足できる国内業者です。

FXトレードフィナンシャルの特徴については、後程詳しく紹介します。

オアンダジャパン


オアンダジャパンは、世界的に有名なオアンダグループの日本法人です。FXトレードフィナンシャルには劣りますが、スプレッドが狭いことや、取り扱い通貨ペアが多いことが特徴です。

楽天証券


大手どころでは珍しくMT4を利用できるのが楽天証券です。楽天銀行を持っていると、いろいろな特典を受けることができます。

また、総合証券会社であることから、口座開設をすればFX以外にも株なども取引することができます。

FOREX.com


親会社がアメリカで上場しているグローバル企業傘下のFOREX.comは、国内だけでなく世界的にも知名度は高いです。DMA方式を採用しており、スピーディーな取引が可能です。

外為ファイネスト


外為ファイネストとは、グローバル金融グループであるHantecの日本法人です。取引に人が介入しない透明性の高い取引環境が特徴です。

FXトレードフィナンシャル(FXTF)の特徴

MT4が使える国内業者を紹介しましたが、その中でもFXトレードフィナンシャルがおすすめです。FXトレードフィナンシャルには、どんなメリットがあるのか早速特徴を見ていきましょう。

MT4が使える

当たり前のように感じますが、国内FX業者でMT4が利用できることは大きなメリットのひとつです。

また、MT4を使いこなすためのサポートが充実していることも、トレーダーには大きなメリットでしょう。MT4は高機能ですが、すべてを使いこなそうとすると一定量の知識が必要になりますからね。

安定した約定力

FXトレードフィナンシャルは、安定した約定力に定評があります。安定した約定力は、FX業者を選ぶうえで大切なポイントのため、この点も見過ごせません。

スプレッドが狭い

MT4は使えませんが、非常にスプレッドの狭いDMMFXやGMOクリック証券は、FXトレーダーに非常に人気です。FXトレードフィナンシャルなら、これら大手のスプレッドの狭さに引けを取りません。

MT4が使用できて、スプレッドが狭い国内FX業者を探しているのなら、FXトレードフィナンシャルを選んでおけば間違いありません。

スワップポイントが高い

MT4が使用できる国内FX業者の中でも、比較的スワップポイントが高い傾向があります。短期トレードを繰り返すトレーダーにとっても、スワップポイントが有利な業者に越したことはありません。

オリジナルインジケーターの提供

FXトレードフィナンシャルは、多数のオリジナルインジケーターを提供しています。特に嬉しいのが、有名トレーダーのテクニカルチャートが利用できることです。

・マーフィー(柾木利彦)
・小次郎講師
・福寄儀寛
・陳満咲杜
・ひろぴー
・ボリ平

彼らのオリジナルチャートに興味があるトレーダーには、大きなメリットと言えるでしょう。

オリジナルツールが充実

オリジナルツールが充実しているのもFXトレードフィナンシャルの特徴です。例えば、有名トレーダーのつぶやきを表示させるツールや、損益管理ツールなどが用意されています。

他にも、FXトレードフィナンシャルのサイトでオリジナルツールが公開されていますが、簡単には確認できないほどのボリュームです。

多彩なキャンペーンの実施

トレーダーにメリットがある多くのキャンペーンを実施しているのも、FXトレードフィナンシャルをおすすめする理由のひとつです。例えば、下記のようなキャンペーンを実施しています。

・スプレッド縮小キャンペーン
・Mac対応MT4取引で1,000円をキャッシュバック
・MT4取引量に応じて上限なしキャッシュバック
・MT4スタート&カムバックキャンペーン

終了したキャンペーンもサイト上で確認できるため、興味がある方は覗いてみてください。

 

FXトレードフィナンシャルの特徴まとめ
MT4が使える
安定した約定力
スプレッドが狭い
スワップポイントが高い
オリジナルインジケーターの提供
オリジナルツールが充実
多彩なキャンペーンの実施

海外FX会社と国内FX業者を徹底比較

MT4が使える国内FX業者なら、FXトレードフィナンシャルがおすすめです。ただ、海外にもMT4が使えるFX業者は多数あります。

そこでここでは、国内FX業者と海外FX業者を徹底比較して解説していきます。

国内FX業者の方がスプレッドは有利

手数料が無料だったとしても、FXトレードにとって、スプレッドは実質的な手数料です。そのため、スプレッドが狭い業者を選ぶことは、FXトレードをするうえで非常に重要になってきます。

その点、国内業者は海外業者に比べて、スプレッドは非常に狭いです。わざわざ、コストの高い海外FX業者でMT4を利用するメリットはありません。

レバレッジの違い

レバレッジ25倍までに規制されている国内FX業者と違い、海外FX業者ならレバレッジ100倍以上で取引することが可能です。

レバレッジはFXトレードで稼ぐために非常に重要なファクターですが、高ければ高いほど良いというものでもありません。レバレッジ25倍でも高すぎるぐらいです。

無理なギャンブルの誘惑に悩まされないためにも、国内FX業者を選ぶのが無難でしょう。

 

レバレッジの意味について詳しく知りたい人は、【レバレッジとは?FXは危なくない理由を元銀行員が分かりやすく解説】をご参考下さい。

税金の違い

いくら稼いでも約20%程度の国内FX業者と違い、海外FX業者で取引した場合には、稼げば稼ぐほど税金が高くなります。例えば、海外FXの場合は最大で55%の税率となりますので、どんなに頑張って稼いでも半分以上税金でもってかれてしまいます。また、給与所得と合算しなければいけないなど、いろいろ面倒です。

MT4を利用してFXトレードをするぐらいの方なら、国内FX業者の方が有利になるはずです。

 

FXの税金について詳しく知りたい人は、【FX税金対策・確定申告|いくらかかるかを元銀行員が解説【最新】】をご覧ください。

信託保全の規制がない

信託保全の規制がある国内FX業者と違い、海外FX業者の対応は各社様々です。そのため、万が一業者が倒産した場合には、口座に入金されている資産が返還されない可能性もあります。

こんなリスクを負ってまで、海外FX業者を選ぶ必要はないでしょう。

悪徳業者に金融庁が注意喚起

国内FX業者の情報は、ネットで探せばいくらでもあり、所在地や連絡先など簡単に確認することができます。また、国内で大々的に違法な営業をすれば、当局が目を光らせているため、すぐに商売できなくなります。

一方、海外FX業者は実態をつかむことが困難です。もちろん、ちゃんとした業者も多数存在しますが、金融庁が悪徳業者に注意するようサイトで呼びかけていることも事実です。

すべての国内FX業者でMT4が使えないなら仕方がありませんが、FXトレードフィナンシャルやグローバルグループの日本法人があるのに、わざわざ海外FX業者を選択するメリットはありません。

何かあった時の安心感は国内FX業者

国内でMT4が利用できる業者は、まだまだ少ないのが現状です。しかし、FXトレードフィナンシャルなどMT4が利用できる業者があるにも関わらず、倒産リスクがありコストの高い海外FX業者を選ぶメリットはありません。

万が一、何かあった時の安心感は間違いなく国内FX業者です。その中でもFXトレードフィナンシャルは、これからMT4を使ってFXトレードで稼ごうと考えている方には、最善の選択だといえるでしょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。