投資初心者投資初心者

チャートソフトや取引ツール・アプリってたくさん種類がありますけど、初心者におすすめは何がいいかな・・・

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

MT4(エムティーフォー)がダントツでおすすめだね。その次は、有名FX会社のチャートソフトがいいね!

FXでトレードする上で欠かせないツールが「チャートソフト」「取引ツール(取引システム)・アプリ」です。チャートソフトは、今後の為替の値動きを予想するテクニカル分析を行う上で必須なものですし、取引ツールやアプリは実際に注文をスピーディーに行う上で操作性など優れたものでなければなりません。

チャートソフトの中には、取引ツールとしても使用できる「MT4」や、逆にチャート分析のみに特化し、注文などは出来ないGMOクリック証券の「Platinumチャート」まで、様々なものがあります。

そこで今回は、これからFXを始められるFX初心者・入門者の方々向けに、現役プロが実際に使用しているおすすめのチャートソフトと取引ツール・アプリについて紹介をしていきます。この記事を読めば、自分に合った最適なチャートが見つかりますよ!

<この記事を読めば分かること>
・プロがおすすめするチャートソフトが分かる
・自分に合った最適なチャートソフトが見つかる

 

おすすめチャート第1位:MT4(メタトレーダー4)

MT4

結論から言うと、最もおすすめなFXチャートソフトはMT4(メタトレーダー4)です。これは、プロや上級者だけではなく、初心者にもおすすめです。

 

投資初心者投資初心者

MT4って聞いたことあるけど、なんだかハードルが高そうです。。。

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

いやいや、世界中のプロも使っているけど、かなり使いやすくて初心者にもおすすめだよ!操作も簡単だし、いろいろなテクニカル分析もできて、完全無料で使えるところもいいよ!!

 

以下は、実際のMT4のチャート画面です。このように、自分で好きな数のチャートを自由に設定したり、高度なテクニカル分析が多数可能です。

MT4のテクニカル分析

 

MT4はロシアのメタクォーツソフトウェア社が開発したチャートソフトで、世界中のトレーダーに使用されており、高機能なチャート分析が可能です。もちろん、全ての機能を完全無料で使用することが出来ます。

また、ほぼ全てのテクニカル分析手法を網羅している他、チャート上で注文が可能であり、取引機能を兼ね備えたチャートシステムとなります。エントリーから損切り注文等も、カーソルを動かすだけで簡単に実行することが出来ます。

また、やや高度な使い方になるのですが、EA(Expert Advisor:エキスパート・アドバイザー)を使用した自動売買なども行うことが出来ます。

MT4(メタトレーダー4)を使うには?

MT4を使用するためには、MT4を採用しているFX会社で口座を開設する必要があります。MTが使えるFX会社は、日本だとトレードフィナンシャルや楽天FXがありますね。

以下は、FXが使えるFX業者です。国内FX業者で、もちろん、口座開設やMT4の使用で手数料などは発生しませんからご安心下さい。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

おすすめ度:★★★★★

当サイト経由で、「ラインの王道」というテクニカル分析の教材(非売品)もセットでもらえるので、一石二鳥で最もおすすめです。

また、1000通貨単位から取引でき、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

おすすめ度:★★★★☆

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、やや広いですね。

楽天証券

楽天証券

おすすめ度:★★★☆☆

楽天の証券会社です。スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

MT4のインストールや使い方について知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

記事:MT4とは?使い方マニュアルとインストールの方法【動画付き】

 

MT4はまさにプロ向けのチャートソフトであり、私はトレードをする際には、下図のように4画面にMT4のチャートソフトをそれぞれ表示させて取引を行います。

4画面にMT4を表示

※チャートソフト(MT4)を複数画面で表示させる方法については、記事:MT4を複数画面(マルチ・ディスプレイ)で表示させる方法|、をご覧ください。

おすすめチャート第2位:FXブロードネット

投資初心者投資初心者

MT4以外でおすすめなチャートソフトはどこがありますか~?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

チャートは正直、MT4がダントツで優れているだけど、他の国内FX会社の多くは、MT4に対応していない。そこで、次におすすめなのがまずはFXブロードネットだね!

FXチャートソフト及び取引ツールで、おすすめランキング第2位は、FXブロードネットです。

数多くある国内FX業者の中でも、使いやすいチャートシステムであり、また、テクニカル分析の機能も豊富に装備されています。

MT4に少し抵抗のある方は、FXブロードネットからスタートするのもいいかもしれませんね。

FXブロードネットのチャート

おすすめチャート第3位:セントラル短資FX

そして、おすすめのチャートソフト第3位は、セントラル短資FXです。

セントラル短資FXのチャートは、各種テクニカル分析はもちろんのこと、高値・安値に以下のようにレートが表示されるので分かりやすいですね。

また、セントラル短資FXには今後の値動きを予測する「未来チャート」なるものがありますので、初心者の方にもおすすめです。

セントラル短資FXのチャート

おすすめチャート第4位:DMM FX

FXチャートソフト及び取引ツールのおすすめランキング第4位は、DMM FXです。

DMM FXは、国内最大手のFX会社なので、多くのユーザーがDMMでFXを利用しています。また、PCの取引ツールは自分でカスタマイズも可能なので、操作性に優れていますね。

DMM FXのチャート

※画像引用元:DMM.com証券

また、トレーダーの中には、チャートのテクニカル分析はMT4で行うが、実際のFXの取引注文はスプレッドが狭いDMM FXなどの口座で行うという方も多いと聞きます。

つまり、MT4はテクニカル分析を行うチャートソフトとしてのみ使用し、実際の注文はDMM FXやブロードネットを使うという、用途に応じて使い分けをしているということです。

 

DMM FXのチャートソフトは、DMMで口座開設をすれば無料で使用することが出来ます。MT4が分かりにくいという場合は、いくつか実際に使ってみて、使いやすい方を選ぶという方法がいいでしょう。

おすすめチャート第5位:外為ジャパン

おすすめのチャートソフト第5位は、外為ジャパンです。

実は、外為ジャパンは、DMM系列の会社なので、DMM FXと同じチャートソフトになります。

ただ、外為ジャパンはDMMとは異なり、1,000通貨単位から取引が可能です。なので、より初心者向けのFX会社と言えます。

外為ジャパンのチャート

 

初心者初心者

まずは、今回紹介頂いたチャートをいくつか試してみます!!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

もちろん、人によって合う合わないがあるから、まずは試しに使ってみることが大事だね!FXをこれから始める際には、FXの無料学習教材『FXトレーディングカレッジ』も参考にしてみてね。

FXおすすめチャートのまとめ

FXトレードで欠かせないツールが、テクニカル分析を行う「チャートソフト」と、注文取引を実行する「取引ツール(取引システム)」です。

自分に合った使いやすいものを選ぶのがいいですが、チャートソフトで特におすすめは「MT4(メタトレーダー)」ですが、向き不向きがあるので、いろいろ試してみて自分に合ったチャートソフトを探していきましょう。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「DMM FX」「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

最大手なら DMM FX
DMM FX
DMM FXの特徴
口座数国内No1(70万超)
業界最狭水準のスプレッド
10,000通貨単位と資金がやや必要
24時間サポート受付(平日)

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。