「MT4ってよく聞くけど、どんなチャートソフトだろう?」

これからFXを始める初心者の方は、何のチャートソフトを使えばいいか迷う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に特におすすめなのが、今回紹介するFXチャートソフト・MT4(メタトレーダー4)です。

 

MT4は世界的に使用されている高性能かつ使いやすい最もおすすめなチャートソフトです。また、MT4上でFXトレードを行うことも出来ます。もちろん、使用料も一切かからず無料です。

FXのチャートソフトは様々な種類のものがあり、口座を開設したFX会社が提供しているものから、有料で使用できるものなどがあります。ただ、私が使用してきた中で、テクニカル分析のしやすさでMT4をしのぐものは今までありません。

そこで今回の記事では、MT4とはそもそもどんなチャートソフトか?そして、MT4の基本的な使い方やインストールの方法まで、動画付きで詳しく説明していきます。この記事を読むことで、MT4とは何かを理解でき、実際に使用するところまで行けますよ。

MT4(メタトレーダー4)とはどんなチャートソフト?

MT4(メタトレーダー4)とは、ロシアのMetaQuotes社が開発したFX取引プラットフォームです。MT4上でFXの取引が可能なの他、プロレベルの高度なテクニカル分析が可能です。

つまり、「チャートでテクニカル分析も出来て、その上、チャート上で実際のFX取引もできるソフト」ということです。

 

下のチャートは、実際のMT4のチャート画像です。通貨ペアを選択して、自由にチャート分析が可能です。

 

また、プロのようにMT4を複数インストールして起動することにより、多数のPC画面でテクニカル分析をしてトレードを行うことが出来ます。

 

上の写真のように、MT4を複数インストールする方法については以下の記事をご参考下さい。

記事:MT4を複数インストール&複数画面で表示させる方法【完全版】

 

MT4とは?
・MT4は高度なテクニカル分析ができるチャートソフト
・MT4上で実際のFX取引を行うことができる
・使用料などは無料
・MT4を提供するFX会社の口座開設をすることにより、使用できる

MT4の特徴|インジケーターは多岐に渡る

MT4の特徴は、プロを満足させる高度なテクニカル分析が可能だということです。

FX業者のチャートソフトの中には、例えば、ラインを引いたのに、チャートの時間軸を変えたらそのラインが消えていた、ということも多々あり、非常に使い勝手が悪いものが多いです。しかし、MT4ではそのような使いづらさはありません。

 

MT4は、数十種類のテクニカルインジケーターが表示できるほか、上級者向きですが、オリジナルのインジケーターを作成し、表示させることも可能です。

また、プログラミングが出来る方であれば、EA(自動売買システム)を作成し、それをMT4上で走らせて自動売買ツールとして使うことも出来ます。

このように、MT4の特徴は多岐に渡りますが、基本的な水平線、トレンドライン、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティクスなどのテクニカル分析は全て網羅しており、なおかつ、パラメーターを細かく設定できるので、FXで勝つためには欠かせない売買ルールを実現することが出来るのです。

なので、初心者トレーダーにも向いていますし、自分でインジケーターやプログラムを作成して取引したい上級者トレーダーにも向いているのです。

 

MT4で使えるインジケーター
<基本的なもの>
・ライン(水平線、トレンドライン)
・移動平均線(単純移動平均線、指数平滑移動平均線など)
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・MACD
・RSI
・ストキャスティクス など<応用的なもの>
・オリジナルで作成するインジケーター
・EA(自動売買システム) など

MT4のメリット・デメリット

MT4は完全無料で使える最高のFXチャートソフトですが、いくつか注意点があります。

それでは、MT4のメリット・デメリットを整理していきましょう。

MT4のメリット

MT4 のメリットは、先ほど説明した点を含めて以下の通りです。

 

MT4のメリット
・世界基準のチャートソフトで、FX取引も出来る(無料)
・数十種類のテクニカルインジケーターが使用可能
・オリジナルのテクニカルインジケーターを作成可能
・EA(自動売買システム)を作成し、稼働させることが出来る

MT4のデメリット

一方で、MT4には注意するべきいくつかの項目があります。

まず最初に、MT4に対応しているFX会社が少ないということです。特に、国内FX会社で対応している業者は少数であり、海外FX会社の口座を開設する人も少なくありません。

ただ、国内FXと海外FXとでは、国内FXの方が圧倒的に有利であり、そうなると候補は限られてきます。(参考:【MT4が使える国内FX業者と海外FX業者の比較】

 

また、FX初心者の方にとって、機能がたくさんあることは逆に「どれを使っていいか分からない!」と混乱させる原因にもなりますので、それがデメリットになる可能性もあります。これについては『慣れる』ことで十分対応可能ですが。

 

MT4のデメリット
・MT4に対応しているFX会社が少ない
・機能が多数であり、初心者には複雑に感じる

MT4対応のおすすめFX業者・口座比較

MT4をインストールして使用するためには、最初にMT4を提供しているFX会社の口座開設をする必要があります。

例えば、国内大手のDMM FXやGMOクリック証券はMT4に対応していないので、MT4でトレードすることは出来ません。

なので、もし、MT4のチャートを使って分析を行いたければ、MT4に対応したFX会社の口座を開設してMT4をダウンロードする必要があります。

 

MT4が使えるFX会社は、国内・海外の業者を含めると多数ありますが、おすすめは国内FX業者の以下の3つです。

※海外業者はスプレッドが広いことや、チャートの時間表示が日本時間ではないので使いにくいです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

おすすめ度:★★★★★

当サイト経由で、「ラインの王道」というテクニカル分析の教材もセットでもらえるので、一石二鳥で最もおすすめです。

1000通貨単位から取引でき、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

おすすめ度:★★★★☆

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、やや広いですね。

楽天証券

楽天証券

おすすめ度:★★★☆☆

楽天の証券会社です。スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

国内業者であれば、どの会社からMT4をダウンロードしても、チャート自体に大きな違いはありませんが、今回は私が実際に使用しているFXトレードフィナンシャルを例に取り、説明していきます。

MT4をインストールする前に、まずは口座開設でIDとパスワードを取得しておく必要がありますので、まだの方はFXトレードフィナンシャルの口座開設をしておきましょう。申し込みは5分で完了しますが、IDが発行されるまでに数日かかります。

MT4をインストールする

まずは、FXトレードフィナンシャルのサイトに行き、「MT4をダウンロード」をクリックします。

 

すると、以下のようなセットアップのインストーラーが表示されるので、「次へ」をクリックします。

 

下図のような表示になれば、「完了」を押しましょう。この後、「MQL5」という英語の画面が表示される場合がありますが、それは必要ありませんので閉じて大丈夫です。

 

MT4が起動すると、以下のようなログイン画面があるので、口座開設時に受け取ったIDとパスワードを入力すれば、MT4にログインできます。

 

MT4へ無事にログインすると、以下のような感じでMT4が立ち上がります。

 

MT4インストールまでの3つのステップ

ステップ1:MT4を提供している会社の口座開設をする

ステップ2:MT4プラットフォームのダウンロード

ステップ3:MT4にログイン

 

MT4の見方と初期設定

まずは、MT4画面の見方を覚えましょう。

MT4画面の詳細
① ツールバー:各種設定など
② 気配値表示:レート画面
③ チャート画面:カスタマイズ可能
④ ナビゲーター:インディケーターなどを表示
⑤ ターミナル:取引履歴や残高を確認

 

①ツールバーでは、MT4の全ての操作をそこから行うことが出来ます。まずはそれぞれのタブの意味を覚えましょう。

②気配値表示では、各通貨ペアの売値と買値のレートが表示されますので、為替のマーケット状況を把握することが出来ます。

③チャート画面では、自分が選択した通貨ペアのチャートが表示されます。1画面でも表示できますし、複数の通貨ペアを同時にも表示させることも可能です。

④ナビゲーター画面では、インディケーターやエキスパートアドバイザ等の情報が表示されます。

⑤ターミナル画面では、取引履歴や口座残高等の情報が表示されます。

 

基本的にMT4をチャートメインで使用する場合には、①ツールバーと、③チャート画面のみが表示されていればいいので、不要な②気配値、④ナビゲーター、⑤ターミナルは非表示にさせましょう。

ツールバーに、気配値表示、ナビゲーター、ターミナルのタブ(下図)があるので、それぞれをクリックすれば非表示となります。または、ぞれぞれのウィンドウのx印をクリックしても大丈夫です。

 

 

すると、以下のようにMT4のチャート画面が見やすくなりました。各チャートをダブルクリックすると、1画面だけにして表示することも可能ですし、「チャート画面整理」(上図)のタブをクリックすれば、複数画面を表示することが出来ます。

MT4の使い方マニュアル

それでは次に、基本的なMT4の使い方を説明していきます。

これは画像や文章で説明するより、動画で学んだ方が効率的なので、動画で学習をしていきましょう。

まとめ

以上が、MT4についての使い方やインストールの方法となります。

MT4とはそもそも何?という状態だった方も、MT4により詳しくなったのではないでしょうか?

MT4を提供しているFX会社は様々なところがありますので、自分に合ったFX業者を探していきましょう。

 

<MT4が使えるおすすめのFX会社>

・FXトレードフィナンシャル

・OANDA JAPAN

・楽天証券



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!

<FXブロードネット> FXブロードネット

<セントラル短資FX> セントラル短資FX

<FXトレードフィナンシャル> FXトレード・フィナンシャル

The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。