投資初心者投資初心者

FXの自動売買ソフトって稼げそうですが、どうなんでしょうか?

「FXの自動売買ソフトで、ほったらかしでお金が増えたらな・・・」

おそらく、FXや投資に興味がある方は、誰もがこのような状態を夢見ていることと思います。

巷には、そんな心の葛藤を見抜いて、FX自動売買ソフトを販売する業者が「このFX自動売買ソフトを使って月に50万円稼げます」とか、「このFX自動売買プログラムは60ヶ月無敗です」という宣伝文句で、揺さぶりをかけてきます。

果たして本当に、自動売買を利用すれば、FX初心者でも勝ち続けることができるのでしょうか?

結論から言うと、FX自動売買ソフトは『稼げるモノ』『稼げないモノ』に分かれます。稼げないモノを買ってしまった人は、全くの期待外れで後悔することになりますが、稼げるモノを使っている人は、ほったらかしでお金を増やし続けているのです。

今回は、FX自動売買のリスクと、本当におすすめできるFX自動売買ソフトを比較してお伝えしていきます。

<今回の記事で分かること>
・FX自動売買ソフトとはそもそも何?
・巷に出回っているFX自動売買ソフトのデメリット
・本当に儲かる自動売買はどれか?

 

FX自動売買ソフトとは何か?

FX自動売買

FXの自動売買の比較やおすすめを紹介する前に、「そもそもFX自動売買はどんなものか?」を説明していきます。

裁量トレードとシステムトレード

投資初心者投資初心者

FXの自動売買とはどんなものなんだろう~?

FXや投資の取引方法には、「裁量トレード」と「システムトレード」の2種類があります。

裁量トレードとは、自分でテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行い、その予測に従ってエントリーポイントを決め、利益確定や損切りといったエグジットをしていく方法です。

一方、システムトレードは、相場の予測から注文・決済まであらゆることをコンピューターが自動で取引を行います。これがいわゆる自動売買です。

仕事をしていようが、寝ていようが、遊んでいようが、コンピューターは黙々とトレードを繰り返していきます。気づけば資金が倍になっていた、というのがシステムトレードのアピールポイントです。

便利であることは間違いないでしょう。チャートを確認する時間も、トレードする時間も必要ないのです。しかもなかなか損切りできない人にとっては、トレードが感情に左右されにくいという点も助かるのではないでしょうか。

 

これだけ聞くと「裁量トレード」よりも、「システムトレード」の方が優れているように感じますね。

しかし、それは表向きの話です。誰もが簡単にお金を儲けられるシステムが存在したら、この世界はあっという間にみんなが金持ちになって、メディアでも大題的に報じられているでしょう。

「自動売買(システムトレード)」にもリスクは多く隠れているのです。

 

裁量トレードとシステムトレード
・裁量トレード:自分の予測に従ってエントリーポイントを決め、利益確定や損切りといったエグジットをしていく取引
・システムトレード:相場の予測から注文・決済まであらゆることをコンピューターが自動で取引

こんなFX自動売買ソフトは儲からない!

それではここからは、巷にあふれるFX自動売買ソフトの注意点を説明していきます。

何も考えずに、「勝手にお金が増える」と考えている人は、ここから先をしっかり読んで注意するようにしましょう。

高額で詐欺も多いというリスク

「必ず儲かる」「絶対に損をしない」こういった宣伝に騙されて、高額な自動売買ソフトを購入した被害は存在します。必ず儲かるのであれば、60万円などという金額も決して高くは感じないでしょう。しかし、自分で使ってみると半年経っても勝てる月が一度もないというケースがあります。

なぜ、そんな簡単に信用してしまったのでしょうか?

それは、実際の相場の動きと相関のあるデータを見せられ、信憑性が高まっているからです。しかし、「バックテスト」はいくらでも改ざん可能です。最適な過去のデータを当てはめているようなもので、信用度はかなり低いです

「フォワードテスト」はこれからの運用になりますので、信用度は高めですが、もともと詐欺まがいの商法の場合は、デモトレードをリアルトレードのように見せかけてくるので注意が必要です。

相場環境が変われば稼げなくリスク

かつて米国で、資本金6,500億円で設立されたヘッジファンド会社がありました。驚くべきは4年間で、その20倍もの13兆円もの資金を運用できるところまで拡大したということです。

このLTCMという会社は天才トレーダーや、ノーベル経済学賞受賞者2名、元FRB副議長などで組まれたドリームチームで、最先端のシステムトレードによって年利平均40%を生み出したのです。そこで銀行は多くの資金を投資したわけです。

しかしアジア通貨危機によって、このLTCMは、なんと数年で破綻しました。

このように相場というのは、どんどん環境が変化します。

システムトレードは、大きなサプライズによって過去に例を見ないようなトレンドが発生した際に対応しきれないという傾向が強いのです。2008年のリーマンショックや、2016年の英国のEU離脱などがあげられます。

しかも、ひとつのストラテジーで勝ち続けることは、非現実的です。相場の傾向はどんどん変化していきますので、そこに対応していくためには、ストラテジーの見直しも絶えず必要不可欠になります。

完全に自動売買ソフトに任せきりになっている人は、いつのまにか損失を抱えていることになるでしょう。

FX自動売買ソフトに頼るとスキルが身に付かない

FX自動売買ソフトの最後のデメリットは、ソフトに頼り続けるとスキルが身につかないという点です。

人間の心理には、「楽をして稼ぎたい」という一面がありますので、もし、何もしなくても勝手にお金が増える方法があれば、多くの方が飛びつくでしょう。

たまたまその自動売買ソフトが稼げる時はそれでもいいかもしれません。ただ、上記でも説明した通り、相場環境が変われば、必ずそれに合わせた調整が必要なので、スキルが無い人間はその時点で取り残される可能性が高いです。

裁量トレードであれば、自分で時間をかけて相場の動きを予測し、エントリーポイントやエグジットポイントを臨機応変に対応していくことで、仮に失敗したとしても、経験値は高まっていきます。

FX自動売買ソフトに頼ることで、トレーダーとしていつまでもレベルアップできないことになってしまいます。

 

FX自動売買ソフトのデメリット
高額で詐欺も多いというリスク
相場環境が変われば稼げなくなるリスク
・依存するとスキルが身に付かないリスク

FX自動売買のおすすめ比較ランキング

投資初心者投資初心者

FX自動売買ソフトは全てがダメなのでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

実は、自動売買ソフトを上手く使って稼いでいる人もいるよ!当サイトがおすすめする自動売買をランキング形式で紹介するよ!

ここまで自動売買ソフト・ツールの注意点を説明してきましたが、実は、自動売買ソフトで稼いでいる人たちもいるんです。

それは、どんな人達かというと、

  • FXのテクニカルやファンダメンタルズの知識・経験がある
  • 大手の信用できる自動売買ソフトを使っている

この2つですね。

 

FXをされている人の中には、自分でトレードをしたいけど、「本業の仕事が忙しくて時間がなかなか取れずチャートを見れない」という人も多いです。

そんな方々は、大手FX会社が開発した自動売買ソフトやツールを使って取引しています。

ここで、大手FX会社が提供している自動売買ソフトと、他の業者が販売している自動売買ソフトの決定的な違いは、FX会社のソフトは「自分で条件を設定したり、戦略を選ぶ『裁量』の余地がある」ということです。

つまり、システムトレードだけど、その中に裁量の余地があり、半自動売買というようなモノです(※一度条件設定すれば、後は自動取引)。

 

それではどんなものがあるのかを比較して紹介していきましょう。どれも口座開設は無料なので、複数使ってみて使いやすいものを選びましょう。

トラッキングトレード(1番目におすすめ)

FXブロードネットのトラッキングトレード

これからFX自動売買を始めてみる方であれば、FXブロードネットが提供するトラッキングトレードが最もおすすめです。

トラッキングトレードは「安く買って高く売る」を自動で繰り返す非常にシンプルな自動売買であり、初心者にも分かりやすくて人気が高いです。資金は1万円程度からスタートできますが、10万円以上あれば取れる戦略も広がります。

 

トラッキングトレードの特徴
・一定の値幅で買いと売りを繰り返す(リピート)するロジック
・自動売買の中では最もシンプルで初心者向き
・コツコツと利益を積み重ねる
・少額から取引が可能(※目安10万円~)

 

詳細:トラッキングトレードとは?評判やメリット・デメリットを分かりやすく解説

ループイフダン(2番目におすすめ)

ひまわり証券のループイフダン

ひまわり証券のループイフダンも仕組みが非常にシンプルであり、利用しやすいのでFX初心者の間で人気が高まっていますね。

FXブロードネットのトラッキングトレードと似ていて売買を繰り返す系のシステムであり、コツコツと利益が溜まっていくので初心者向きと言えます。

 

ループイフダンの特徴
・一定の値幅で買いと売りを繰り返して利益を上げるロジック
・FXトレーダーが選ぶ利用しやすいFX自動売買No1
・必要な資金の目安は10万円~
・コツコツと利益を積み上げていく

 

詳細:【保存版】FXループイフダンの実績は?評判や口コミも一緒に!

トラリピ(3番目におすすめ)

マネースクエアのトラリピ

マネースクエアが提供しているトラリピも、ループイフダンやトラッキングトレードと同じような一定の値幅の売買を繰り返す系のシステムです。

ただ、トラッキングトレードやループイフダンと比べると、若干、複雑な印象を受けるので、初心者であればトラッキングトレードかループイフダンがいいかもしれません。

 

トラリピの印象
・レンジを設定して、その範囲内で何回も売買を繰り返す
・ある程度の相場観が必要
・必要な資金の目安は30万円~
・ややスプレッドが広い

 

詳細:FX自動売買のトラリピは稼げるの?100万円で実際に検証してみた!

トライオートFX(4番目におすすめ)

インヴァスト証券のトライオートFX

次は自動売買で有名なインヴァスト証券のトライオートFXです。

様々な売買戦略の中から好きなプログラムを選んで使うことが出来ます。また、過去の成績を見て自動売買を選ぶことも出来ますが、設定条件などが少し複雑なので中級者以上向きと言えます。

 

トライオートFXの特徴
・すでに組まれているロジックを、過去の成績などを見て自分で選べる
・スプレッドは業界最狭水準
・必要な資金は10万円~(※推奨)
・豊富な条件設定で高度なカスタマイズが可能

 

詳細:トライオートFXは稼げる?実績や評判、注意点などを分かりやすく説明

上手に自動売買を使用して稼いでいこう

以上説明してきた通り、FX自動売買は一見すると、「ほったらかしで稼いでくれる」夢のようなソフトに思えますが、誇大広告で販売されている商品は稼げないリスクもあるので注意した方がいいでしょう。

また、自動売買で成果を上げている人は、自分自身で努力をし、FXの知識を身に付けている人たちです。そんな人たちが、FX会社が提供している信頼のおけるソフトを利用し、自分で戦略を立てて稼いでいるのです。

FXの根本から勉強し、勝てるトレーダーを目指したいのであれば、無料学習コンテンツ「FXトレーディングカレッジ」をぜひ活用していってください。


もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXトレードフィナンシャル」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!

総合力なら FXブロードネット
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
使いやすい取引ツールを装備
トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

スワップポイントなら セントラル短資FX
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
スキャルピングにも対応
・最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

MT4チャートなら FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
・1,000通貨単位と少額からスタート可能
・マーケット情報が充実
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。