投資初心者投資初心者

豪ドル(オーストラリアドル)は金利が高いので、FXで運用してみたいです~

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは初心者の方向けに、豪ドルの特徴や、おすすめのFX会社、そしてFXで投資する際の注意点について説明していくよ!

銀行に円でお金を預けてもほとんど増えない中、「高金利通貨」として人気があるのが、オーストリラの通貨である豪ドル(AUD)です。

そんな豪ドルに、「FXのスワップポイントや外貨預金で運用をして、少しでもお金を増やしたい!」と考えている方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、豪ドル円(AUD/JPY)の特徴や、スワップポイントが高いFX会社、そして、投資の注意点について詳しく解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、一通り豪ドルの特徴が理解でき、FXスワップポイント狙いの投資を始められるようになりますよ!

<この記事で分かること>
・豪ドル(オーストラリアドル)の特徴が分かる
・豪ドルのFXスワップポイントが高いFX会社が分かる
・FXで豪ドルスワップ投資を始められる

 

豪ドル/円(AUD/JPY)の特徴

豪ドル(オーストラリアドル)

それではまずは豪ドル円の特徴について見ていきましょう。高金利通貨は、トルコリラやメキシコペソなど複数ありますが、豪ドルにしかないメリットもありますのでしっかり理解するようにしましょう。

豪ドル円のスワップポイント(金利)は高い

豪ドルはどれくらい金利が高い通貨なのでしょうか?

一つの指標である政策金利で比べると、日本の金利は0.10%ですが、豪ドルの金利は1.50%です。つまり、円を売って豪ドルを買うことによって、1.40%(1.50%-0.10%)の金利を受け取ることが出来るのです。

豪ドルと円の金利差

さらにFXの世界に落とし込んでみましょう。

豪ドル/円のスワップポイントが高いことで有名な「ヒロセ通商」の場合、1日あたり1万通貨(1万豪ドル)のスワップポイントは50円です。

仮に、豪ドル/円を10万通貨保有した場合(必要証拠金は約33万円)、1日あたりのスワップポイントは500円になるので、1年間(365日)で182,500円のスワップポイントを利息として受け取ることが出来ます。

豪ドル円のスワップポイント

豪ドル円のスワップポイント
・FX会社や相場環境にもよるが、1日あたり40~50円のスワップポイント受取が発生
・10万通貨(必要な証拠金33万円)で、スワップポイントが1万通貨50円の場合、1年間で182,500円を受け取れる

 

投資初心者投資初心者

銀行にお金を預けっぱなしにするよりも断然有利ですね!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

その通り!毎日何もしなくてもお金が発生するのがスワップ投資の魅力だね!

豪ドルは他の新興国通貨と比べて安全性が高い

でも、「豪ドルよりもトルコリラやメキシコペソの方が金利は高いよ!」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

その通りです。金利だけを比べると、トルコリラは24%メキシコペソは8.25%と、桁違いに高い状況です。

しかし、豪ドルは、トルコリラやメキシコペソなどとは決定的に違う点があります。

それは、豪ドルはムーディーズなど大手格付け会社により「AAA」という最高の評価を得るほど信用度が高い国の通貨ということです。

為替は株と違って、デフォルトなどのリスクは少ないが、国の経済状況が悪く信用度が低ければ、その通貨の価値は下がり続ける可能性があります。そうなってしまえば、いくら金利が高かろうが、為替レートの変動で損をしてしまう可能性が高いのです。

投資初心者投資初心者

豪ドルは信用力もあって、金利も高いからバランスの取れた通貨ですね!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

そうだね!では、その他の豪ドルの特徴も知っておこう!

豪ドルは資源国通貨

豪ドルのその他の特徴は、「資源国通貨」だということです。

資源国通貨とは、鉱物資源や農産物が国の経済を支えており、その資源価格によって通貨の価値が左右される傾向が強いのが特徴です。

オーストラリアには豊かな天然資源があり、屈指の資源国として有名です。

農業においては、小麦がメインになります。他には羊毛などが有名です。

鉱物資源では、鉄鉱石がメインで、他にも石炭やウラン、金などがあります。

そういった背景もあって、オーストラリアは長い期間に渡ってプラスの経済成長を遂げているのです。その期間はなんと、世界最長となっています。安定して+2%以上の経済成長を続けているのです。

ただし懸念材料がないわけではありません。それは輸出先の主要国として大きなカギを握っている中国の存在です。オーストラリアにおける輸出全体の30%以上を中国が占めているのです。

そのため、中国経済の影響を受けやすい状況になっています。2015年に中国株価が大暴落した際には、豪ドルも巻き込まれる形で下落しています。

2017年のGDP成長率が、7年ぶりにプラス成長の6.77%だった中国ですが、その不透明感はリスクとも考えられています。2018年のGDP成長率は6.50%と減速傾向になると予想される声も聞かれるからです。

投資初心者投資初心者

オーストラリアなのに中国の景気に左右されるんですね?知りませんでした!

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

その通り!豪ドルへ投資する上で、中国の景気動向を調べずに投資するのははっきり言ってナンセンス!中国経済が下振れすれば、豪ドルの価値も下がる危険性が高まるんだよ!

 

豪ドル円の特徴 まとめ
・金利が高く魅力的な投資先
・トルコリラやメキシコペソなどと比べて、信用力が高く安全性が高い
・資源国通貨であり、原油などの動向に左右される

豪ドル/円スワップポイントの比較

投資初心者投資初心者

豪ドルに投資するならどこのFX会社を使えばいいでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは豪ドルのスワップ金利が高いFX会社を紹介していくよ!

スワップ金利は、日々変動しており、どこのFX会社が一番高いのかどうかは、その時々で変化します。なので、以下の中からお好きなFX会社を2~3社ほど開設し、状況によって使い分けていきましょう。

豪ドル円のFX会社比較表
FX会社 スワップ スプレッド 取引単位
みんなのFX 51円 0.6銭 1,000
LIGHT FX 51円 0.6銭 1,000
ヒロセ通商 50円 0.7銭 1,000
岡三オンライン証券 48円 3.0銭 10,000
SBI FXトレード 45円 0.59銭 1
マネーパートナーズ 40円 0.9銭 100
DMM FX 32円 0.7銭 10,000
セントラル短資FX 32円 0.8銭 1,000
インヴァスト証券 35円 0.6銭 1,000

※2019年2月時点

スワップポイントが高いおすすめのFX会社

迷ってしまう方のために、豪ドル円のスワップポイント投資でおすすめのFX会社を3つ紹介しましょう。

これらから開設しておけば、まず間違いないと言えるでしょう。

みんなのFX

みんなのFX

 

上場企業であるトレーダーズ証券が運営しているFX会社です。豪ドルの他、トルコリラなどのスワップポイントも高く、口座数も32万突破と人気がうかがえます。

豪ドル円に関しては、高いスワップポイントに加えて、スプレッドも0.6銭とトップクラスに狭く、また1000通貨単位から取引できるのでFXで積み立て運用などにも適しています。

LIGHT FX

LIGHT FX

 

みんなのFXと同じトレーダーズ証券が運営しているFX会社です。スペックは同じであり、スワップポイント・スプレッドともにトップクラスになっています。

トルコリラはみんなのFX、豪ドルはLIGHT FX、などと用途に応じて使い分けている人が多いです。

ヒロセ通商

ヒロセ通商

 

ヒロセ通商も、スワップポイント、スプレッドともに業界トップクラスの水準を誇っています。

ここで、その時々の相場環境によって、ヒロセ通商とみんなのFX(LIGHT FX)のどちらのスワップポイントが高いかは変化するので、状況に応じて使い分けていくのがいいでしょう。

豪ドル円投資を始める際の注意点

投資初心者投資初心者

豪ドル円のFXスワップポイント投資はどのように始めればいいでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

それでは最後に、FXで豪ドル円に投資する際の注意点について学びましょう!

ここからは、FXで豪ドルへ投資する際の注意点を見てきましょう。

スワップポイント投資のリスク

豪ドル円のチャート

上図は「豪ドル/円」(AUD/JPY)の過去20年ほどのチャートです。

仮に何かしらの要因で急落した場合、豪ドルはどこまで値を下げるのでしょうか?

2008年のリーマンショック時が、最安値となっており、1豪ドル55円付近です。豪ドルの場合は、急落してもこの辺りが一旦の底になると考えらえます。

もし今からここまで値を下げた場合、1万通貨のロングポジションだと、約26万円の損失になります。レバレッチを効かせて10万通貨のロングポジションを保有していたとすると、約260万円の損失ですね。

260万円の含み損となると、個人投資家であれば、強制ロスカットになる可能性が高いでしょう。(※強制ロスカットやマージンコールの意味はこちら

こう考えてみると、スワップポイントによるリターンよりも、為替差損によるリスクの方がはるかに大きいのです。

もしもの時の事を考えて、「ポジションの量をコントロールする」、「レバレッチを低く抑える」ことがリスク管理には重要になります。

いかに安全性が高い豪ドルであっても、スワップポイント狙いで多くのポジションを保有しているのは、とてもリスクが高いことだと認識しておきましょう。

 

豪ドル円スワップ投資のリスク
毎日受け取れるスワップポイントは魅力的であるが、レバレッジをかけすぎた場合に、急激な値動きで強制ロスカットに合うリスクがある

リスク管理をして豪ドル円へ投資しよう

豪ドル円は高いスワップポイントに加えて、トルコリラやメキシコペソなどの新興国通貨と比べて信用力が高いというメリットがあります。

スワップポイントの運用はいかに損切りや強制ロスカットのリスクを避けるかにつきますので、リスク管理を徹底して、余剰資金の上手な運用を心掛けていきましょう。

 



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。