投資初心者投資初心者

FX口座選びをしているんですが、FXブロードネットってどうなんでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

最近人気が急上昇しているFX会社だね!それでは、特徴や評判を説明していくよ!また、FXブロードネットならではの「トラッキングトレード」についても触れてみるよ。

FX(外国為替証拠金取引)を始める際には、FX口座が必要になりますが、複数のFX口座を開設しておいた方が有利です。

通貨ペアの種類やスプレッド、スワップ金利やどのくらいの資金から始めることができるのかといった点で、様々なFX業者を比較して選択していくことになります。

その際に、「自動売買ツール」を利用できるFX業者をひとつ選択しておくのも効果的です。特に本業が忙しく、副業としてFXで投資運用を行うのであれば、なかなかトレードやチャート分析に時間が割けないので自動売買ツールは重宝されます。

今回は自動売買ツール「トラッキングトレード」を利用することのできる「FXブロードネット」をご紹介いたします。

<この記事で分かること>
・FXブロードネットの評判は実際どうなの?
・FXブロードネットの特徴やメリットは?
・他のFX業者と比べて劣る点は?

 

FXブロードネット

FXブロードネットのメリット

それではまずは、FXブロードネットのメリットや特徴について見ていきましょう。他のFX業者にはないどんな点が強みなのかを把握していきましょう。

スプレッドが業界最狭水準

まず、一番最初の特徴は、スプレッドが業界トップクラスに小さいことです。

スプレッドというのは手数料と同じであり、扱う商品はFXでどの業者を使っても同じなので、手数料が一番安い会社を使うのは必須条件と言えます。

例えば、同じメーカーの水を買う際に、わざわざ高い方を選ぶ必要がないのと同じように、FXでも手数料が安い会社を使うのは最善の選択肢となります。

FXブロードネットのスプレッド

1000通貨からスタートできる

そして、FXブロードネットでは1,000通貨単位と少額から取引がスタート出来ますので初心者向きのFX会社と言えるでしょう。

現在、1,000通貨単位と10,000通貨単位のFX会社が主流ですが、1ドル=100円の時、1,000通貨単位は10万円、10,000通貨単位は100万円の金額単位で取引していくことになります。

ここで、初心者の方であれば、少額からスタートできる1,000通貨単位のFX会社を選ぶのが望ましく、FXブロードネットであればそれに対応しています。

また、デモトレードもできますので、そちらで訓練を積んでから本格的に参加することも可能です。

自動売買ツールのトラッキングトレードが使える

FXブロードネットの最大の魅力は自動売買ツール「トラッキングトレード」が利用できることでしょう。

為替相場の80%はレンジ相場といわれており、為替レートは一定のレンジ内で上下することになります。トラッキングトレードは、ここにIFD(イフダン)注文を複数設定し、自動でエントリーとエグジットを繰り返していくのです。

トラッキングトレード

レンジが切り替わっても、それに対応して追尾してくれる機能が搭載されているのも心強い点です。寝ている間も24時間トレードしてくれるので、忙しい人でも利益を出していくことができるのです。

 

トラッキングトレードの仕組みについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご参考下さい。

記事:トラッキングトレードとは?評判やメリット・デメリットを分かりやすく解説

様々なキャンペーンが用意されている

FXブロードネットでは1万通貨から扱う「ブロードコース」と、千通貨から扱える「ブロードライトコース」がありますが、ブロードコースの場合だと、90日間手数料無料でトラッキングトレードを利用できるキャンペーンがあります。ここで試しに使ってみることができるというわけです。

他にも、新規口座開設で2ヶ月以内に20万円入金で2,000円キャッシュバック。さらに4ヶ月以内にトラッキングトレードを利用して約定50万通貨だと、5,000円のキャッシュバックがあります。4ヶ月以内に約定200万通貨達成で、1万円のキャッシュバックです。

ブロードコースでトレードしていると多くの特典があることがわかります。スプレッドも、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円、NZドル/円といったメジャー通貨のクロス円は狭いので、1万通貨のトレードでも他業者に引けを取りません。

ラインの王道がもらえる!

そして、これは当サイトとのタイアップしているため、口座開設の特典で元メガバンク為替ディーラーの特別教材「ラインの王道」をプレゼントしています。

ラインの王道は91ページ、動画3時間の学習教材であり、多くの初心者がメキメキとスキルを高めているので、この教材が入手できるだけでもかなりメリットがあるといえます。

ラインの王道

ラインの王道 会員サイト

 

FXブロードネットの特徴・メリット
・1,000通貨単位と10,000通貨単位の二つのコースがある
・スプレッドは業界トップクラスに低い
・トラッキングトレードという自動売買ツールがある
・様々なキャンペーンがある
・当サイト経由なら、ラインの王道(5万円相当)が入手できる

 FXブロードネットのデメリット

それでは次に、FXブロードネットのデメリットや注意点について見ていきましょう。

スリップページが発生しやすいとの噂がある

海外のFX業者と違い、国内のFX業者は基本的に「DD方式」(ディーリング・デスク、相対取引)ですので、意図的にスリップページを発生させたり、ストップ狩りを行うなどの行為がネット上で噂されています。ただし、これは噂に過ぎないでしょう。ひと昔前と違い悪徳業者は淘汰されていますし、約定がスムーズにできないのであればほとんどのトレーダーが他の業者に乗り換えています。

スマホアプリの専用ツールなどは他と比較するとやや見劣りするものの、約定自体には大きな問題はありません。

同様にFXブロードネットはスワップ金利が低いという話もありますが、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円、NZドル/円あたりはむしろ高い水準です。ネット上の口コミは古いものも多いので、よく確認しておく必要があります。約定やスワップ金利に関してFXブロードネットにはほとんどデメリットがありません。

電話サポートは限定される

電話サポートなど24時間対応している業者がある中で、FXブロードネットは9時から17時までと限定されています。夜間対応していないという点を押さえておく必要があるでしょう。

また、主要な経済指標一覧や米ドル/円相場の考察レポートなどの経済情報は入手できるものの、他と比較するとやや情報量が少ないので、ここは他のサイトやツールなどを利用してカバーしていく必要があります。

FXブロードネットだけでFX口座を開設するとなると、やや不安はありますが、併用するのであればまったく問題ないといえます。

自動売買ツールの利用には手数料が発生する

基本的に自動売買ツールを利用すると通常のスプレッド以外にも手数料が発生します。

トラッキングトレードを利用することで勝率が上がり、利益を出せる可能性も高まるわけですから手数料がかかるのは当然の話ですし、デメリットではありませんが、「想定変動幅」を狭く設定してしまうと手数料分を差し引いて利益が出ないこともありますので注意が必要です。

手数料はブロードコースで往復400円、ブロードライトコースで往復40円となっています。

 

FXブロードネットのデメリット・注意点
・電話サポートは9時~17時の間のみ
・自動売買ツールには手数料が発生する

 

FXブロードネット

FXブロードネットは優良FX会社の一つ

FXブロードネットは追尾(トラッキング)機能を備えている自動売買ツールですので、他の業者の自動売買ツールよりも使い勝手が良い点が一番のおすすめになります。なかなか思うようにトレードに時間が割けないのであれば、FX口座を開設した中で一番活躍するFX業者になるのではないでしょうか。





The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。