FX(外国為替証拠金取引)には、チャートを見ながら自分で売買する「裁量トレード」と自動で24時間売買を繰り返していく「システムトレード」があります。

システムトレードは、本業が忙しくなかなかFXの売買する時間が確保できない人にとって貴重です。仕事をしている間も、寝ている間も常に売買を継続してくれて、利益を積み上げてくれるからです。

FX会社によっては、裁量トレードのみに対応しているケースもあれば、独自の自動売買システムを提供しているケースもありますので、FX口座を開設する際には確認しておくといいでしょう。

今回はそんな中で、「ループイフダン」を提供する「アイネット証券」について、そのメリットやデメリットをお伝えしていきます。

<今回の記事で分かること>
・アイネット証券のループイフダンの特徴は?
・ループイフダンのメリット
・ループイフダンのデメリット

 

アイネット証券ループイフダンのメリット

株式会社アイネット証券のFX口座数は、2019年3月時点で7万を突破しています。トレーダーの多くは、アイネット証券が提供してシステムトレードの「ループイフダン」を利用しています。評判はどうなのでしょうか?

初心者にもわかりやすい自動売買ツール

システムトレードと聞くと、FX初心者にはかなりハードルが高く感じるでしょう。自動で売買してくれるのは助かりますが、どう設定していいのか、勝手にどんどん売買されて大変なことになるのではないかという不安もあります。

アイネット証券のループイフダンのコンセプトは、「はじめてでも安心!低コストで始められる初心者向け簡単FX」です。他社の自動売買ツールよりもわかりやすく、使いやすいというのがメリットです。

設定することは、「通貨ペア」「通貨単位」「値幅」「ポジション数」ぐらいで、後は経過を見ながら変更するポイントがあれば変更していくだけです。どの通貨ペアで、どのくらいの値幅で設定すると、どのくらいの成果が出たのかというストラテジー(戦略)ランキングが表示されますので、FX初心者でもそちらを参考にすれば見通しを立てることができる点も助かります。

ループイフダンのランキング

(引用:アイネット証券公式サイト)

コストを抑えることができる

アイネット証券のループイフダンの評判が良い理由には、「コストを抑えながらシステムトレードができる」点が挙げられます。他社の自動売買ツールを利用するとスプレッドの他に、利用料がかかってきますが、アイネット証券のループイフダンは利用料が無料です。スプレッドは米ドル/日本円(USD/JPY)で2.0pipsですから、裁量トレードよりは広めの設定ですが、全体のコストを考えると他社よりも安くシステムトレードができます。

ループイフダンのメリット

(引用:アイネット証券公式サイト ※2018年10月3日時点の調査)

値幅を狭く設定してシステムトレードをすると、それだけ多く売買する機会が増えていきますので、スプレッド+システム利用料が高いFX会社になると、取引回数だけが増えていくものの手数料がその分だけかかって、ほとんど利益が出ないというケースもあるので注意が必要です。

余計な手数料を支払わずにシステムトレードを利用していけるということは、それだけ他の通貨ペアなどに分散投資することができます。ひとつの通貨ペアに絞って取引をしていくと大きな利益が出しやすい分、リスクも生じやすくなります。投資ではリスクヘッジが重要になりますので、その点をカバーしやすいということが、アイネット証券のループイフダンの愛用者を増やしていることに繋がっているのです。

アイネット証券のループイフダンでは、2018年11月からトルコリラ円メキシコペソ円南アフリカランド円などの高金利の新興国通貨も扱っていますので、スワップポイントを得つつ、自動売買で稼ぎたい人には向いていますね。

 

アイネット証券ループイフダンのメリット
・非常に分かりやすい自動売買のシステム
・手数料は無料
・ストラテジー(売買条件)のランキングあり
・スワップポイントも高い

アイネット証券ループイフダンのデメリット

しかし、アイネット証券のループイフダンもメリットばかりとはいきません。というよりも自動売買ツールでデメリットのないものなどないのです。長所もあれば短所もあります。そこをしっかりと把握しておかなければ宝も持ち腐れになってしまいます。

アイネット証券のループイフダンのデメリットはどこになるのでしょうか?

トレンドが発生すると損切りが続く

自動売買ツールの多くは、「レンジ相場」に対応しています。理由は為替相場の8割がレンジ相場だからです。つまり上昇してもレジスタンスラインで跳ね返される、下落してもサポートラインで跳ね返される、そのような揉み合いの展開でこそアイネット証券のループイフダンも威力を発揮します。

問題は一方的なトレンドが発生し、それが予想に反している場合です。これはアイネット証券のループイフダンに限らず、他社の自動売買ツールでも同じことが該当するのですが、損失が積み上がっていく可能性が高くなります。

アイネット証券のループイフダンは、「値幅」と「最大ポジション数」を設定するのですが、値幅が狭く、最大ポジション数も少ない状態だと、損切りが続くことになります。FX初心者はここで戸惑う傾向が強いようです。

例えばストラテジーランキングで上位に表示されている通貨ペアと値幅を選択し、「B10」(10pips変動したら、買いのポジション)で、最大ポジション数を「5」と設定したとします。為替レートが上昇する分には問題ありませんが、下落トレンドだった場合、10pips下落するごとにナンピン買いとなります。しかしポジション数が5までになっていると、60pips下落した際に、最初のエントリーが損切りされ、新しいポジションを保有することになるのです。

情勢によっては100pipsや200pipsは下落することがありますので、エントリー→損切り→エントリーが繰り返され、どんどん損失が膨らんでいきます。自動売買ツールを利用するとはいえ、毎日1回はチャートを見て、どんなトレンドが発生しているのかを確認し、時には設定を変更する必要があるということです。

ストラテジーランキングで上位に表示されているから大丈夫、というわけではありません。この辺りの仕組みをよく理解しておらず、成果が出ないと困惑するトレーダーもいますので、システムトレードをする場合もFXについてしっかり勉強し、分析する力を磨くことは大切になります。

 

関連記事:FX自動売買ソフトで儲かるおすすめ比較ランキング

損切りなしは含み損が膨らむ

アイネット証券のループイフダンは、2018年2月より「損切りあり、なし」の設定ができるようになっています。「損切りあり」にすると、前述したように逆のトレンドが発生した場合、損切りが続きます。ここで「損切りなし」に設定することで、そのような事態を防げるのです。

つまり最大ポジション量を保有すると、為替レートが反発してくるまで、自動売買はストップすることになり、ポジションは塩漬けということになります。もちろんその後に為替レートが戻ってくれば利益が生じるのですが、さらに下落トレンドが続き、証拠金維持率が低下すると強制ロスカットということもあるので注意が必要です。

強制ロスカットにならないためにも、資金が少ない場合は値幅を広げるなどの対処法が必要です。

 

アイネット証券ループイフダンのデメリット
・反対方向にトレンドが出た場合、損切りのリスクがある
・FXやシステムトレードの戦略など、一定の分析力が必要

 

アイネット証券ループイフダンの評判のまとめ

2018年7月の顧客満足度のアンケートによると、アイネット証券ループイフダンが「わかりやすい」「簡単」「今後も継続していきたい」と答えているトレーダーが95%以上です(アイネット証券の調査)。満足しているトレーダーがかなり多いことを示しています。1年間の利益率は平均してなんと33%です。

デメリットに対する備えをしっかりしていけば、FX初心者も効果的に利益を積み上げていくことができるでしょう。システムトレードに初めてチャレンジするのであれば、まずはアイネット証券ループイフダンから始めていくことをおすすめいたします。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!