今回は「FXブロードネット」を取り上げて、口座開設から取引開始までの手順を解説していきます。

FXブロードネットの口座は手数料無料で開設でき、その他の維持費・年間費・手数料は全て無料です。

口座開設で当サイト限定の特別レポートプレゼントのキャンペーンもありますので、是非、この記事を参考に口座開設を進めて下さい。

この記事の監修者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了(工学修士)
  • 三井住友銀行の東京本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • 株式会社フィンテラス代表取締役

プロフィールページ

 

FXブロードネットとはどんなFX会社?

FXブロードネットは、FXサービス取引コスト満足度No.1(※ゼネラルリサーチ社による調査 2018年8月)を獲得しており、業界トップクラスに低いスプレッド水準のFX会社です。

1,000通貨という少額ロットで取引可能でありますので、少額から取引したい初心者の方には非常におすすめなFX会社です。

また、自動売買のトラッキングトレードも提供しており、中・上級者になっても重宝するFX会社とも言えるでしょう。

そんなFXブロードネットには、ざっくりと以下のような特徴があります。

  • # 業界最狭水準のスプレッド
  • # 取引ツールの充実
  • # 1,000通貨
  • # 自動売買(トラッキングトレード)
  • # デモトレード
  • # ラインの王道
  • # 最大2万円キャッシュバック
  • # 最短即日口座開設

もっと、詳しくFXブロードネットについて知りたい人は、以下のページをご覧ください。

FXブロードネットの評判ってどうなの?特徴やメリット・デメリット

テクニカル分析の教科書『ラインの王道』がGETできる

アイキャッチ画像

また、当サイトはFXブロードネットと特別タイアップをしている事もあり、当サイトを経由してFXブロードネットの口座開設を行うと、「ゼロから学ぶラインの引き方完全マニュアル -ラインの王道-」をGETする事ができます。

テクニカル分析を学んでチャートにラインを引く技術は、FXで常勝していく上で必須になるテクニックになりますので、本気でFXで稼ぎたいと思っている方には非常に役立つ学習教材となっております。

詳しいラインの王道のGETの方法などは以下のリンクからご確認下さい。

FXブロードネットの口座開設方法

FXブロードネットの口座開設は、公式ホームページのお申込みフォームにて必要事項を入力(最短5分)し、本人確認資料を提出します。

そして、個人の方のみになりますが、「かんたん本人確認サービス(eKYC)」を利用する事で、スマホやPCカメラにて本人確認を完了させる事ができます。

なので、最短当日で取引が開始でき、本人確認資料を郵送したり、口座開設完了の郵送受取も不要になります。

FXブロードネットの場合
まずは
新規口座開設申込み
最短5分で入力完了する事ができます
口座開設手順

はやい
スマホでスピード本人確認
スマホやPCカメラで本人確認をオンラインで完結させる事ができます
口座開設手順

だから
最短で当日に取引可能
一般的なID・パスワードの郵送受け取りは不要なので最短当日に取引できます
口座開設手順

提出資料の用意

FX口座の開設にあたり必要となる提出物は、運転免許証などの本人確認資料マイナンバー資料になります。

これは、どのFX会社の口座作成でも必ず必要となります。

FX会社毎に必要書類の組み合わせが変わってきますが、FXブロードネットにて個人口座の開設をするには、以下のいずれかを用意できていればOKです。

資料は口座申し込みの際に必要になってきますので、申し込みをする前に手元に用意しておきましょう。

本人確認書類 ▶︎
  • 個人番号カード・表面(プラスチック)
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

顔写真付きならいずれか1点

  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し又は住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

顔写真なしならいずれか2点

マイナンバー確認書類 ▶︎
  • 通知カード(紙)
  • 個人番号カード・裏面(プラスチック)
  • 住民票(マイナンバー記載あり)

いずれか1点

※顔写真ありのマイナンバー(プラスチック)は1枚で本人確認書類(表面)とマイナンバー確認(裏面)としてご利用いただけます。

詳しくは以下の公式ページよりご確認いただけます。

必要書類アップロード|口座開設|FXブロードネット

口座開設の申し込み

確認資料の用意ができましたら、口座開設の申し込みをしていきましょう。

以下のボタンからFXブロードネットの公式ホームページを開き、「新規口座開設はこちら」をクリックします。

 

以下の画面が出てきますので、「公式サイトを表示」を押しましょう。

口座開設手順イメージ

サイトの黒い影が取れましたら、下へ少しだけスクロールして「口座開設はこちら」を押しましょう。

口座開設手順イメージ

情報入力

お申込みフォームに必要事項を順番に入力していきましょう。各フォーム入力でポイントは以下で解説しております。

以下の事項をご確認ください。

口座開設手順イメージ

最初に出てくるこちらの項目は、チェックを入れないと先に進めませんので、チェックをいれていきましょう。

基本的には「投資は、利益が出る時もあれば、損をする時もある」などの一般的な説明が詳細に書かれていますが、大事な注意事項でもありますので、気になる方は理解したうえで、チェックしていくようにしましょう。

米国納税義務のご確認

口座開設手順イメージ

一般的には「私は米国市民(米国籍保有者)又は米国居住者ではありません。」にチェックを入れます。

米国在住者の方だと、口座開設出来ないので注意して下さい。

外国PEPsのご確認

口座開設手順イメージ

一般的には、「私は外国PEPsに該当しません。」にチェックを入れます。

外国PEPsとは、外国の政府等において重要な地位を占める者とその地位にあった者、それらの家族等を指すので普通は当てはまりません。

お取引関連情報入力

口座開設手順イメージ

金融資産とは、貯金(外貨も含む)、株式、仮想通貨、など、実質的な金銭価値を持つ資産の事をいいます。車や不動産などの目に見える物は対象外となります。

こちらの項目で入力する[財務情報][投資経験]に記入した金融資産、年収、経験などをFX会社が総合的に判断し、口座開設可否を審査します。

情報の証拠などを提出する事はありませんが、実際の資産に近い金額を書く事をおすすめ致します。

もし審査が通らなかった場合は、「FXをするのは止めた方がいい」というFX会社の判断なので、別のFX会社で試すか、財務を改善してから再びチャレンジしましょう。

お申し込み内容の確認での「コース」

口座開設手順イメージ

上記の画像のように、確認画面にて入力した覚えのない「コース」にて「ブロード25S」というのが選択されていますが、これはスタンダードなコースであり、今回はこれで問題ありません。

また、口座開設後に他のコースを追加をすることも可能なので、あまり気にしなくて大丈夫です。

必要書類(本人確認書類及びマイナンバー書類)の提出

続いて、必要書類の提出を行っていきましょう。

提出資料の確認

確認資料の用意が出来たら、【かんたん本人確認サービス・アップロード・メール・FAX・郵送】のいずれかの方法にて資料の提出をする事ができます。

今回は、一番早くてお手軽にできる「かんたん本人確認サービス」での解説になります。

かんたん本人確認サービス

操作する端末(スマホ・PC)に応じて使用するカメラが代わりますので、PCで操作したい場合は、メールに届いている「【かんたん本人確認サービス(最短)またはアップロード】をご利用の場合」のリンクより、以下のように、自分が用意した必要書類の組み合わせを選びましょう。

スマホで操作したい場合は、スマホで上記メールにアクセスするか、PC画面のQRコードの読み取りを行いましょう。

口座開設手順イメージ

[スマホでの操作の場合のイメージ]

口座開設手順イメージ

画面の指示に従って確認書類を撮影し、提出していけばOKです。

これで本人確認は完了です!とっても簡単ですね。

この後、最短で当日中に口座開設完了メールが届きますので、ログインパスワードなどを設定し、お取引できるようになります。

FXブロードネットで取引までの流れ

ここからはFXブロードネットにはじめてログインして、実際に取引するまでの流れを解説します。

入金をしよう

FXブロードネットの口座開設が完了したら、早速取引をしてみましょう。

取引をする為には入金が必要になります。

最初にFXブロードネットの公式サイトにアクセスし、「ログイン」をクリックします。

そして、ダウンロード版取引ツールを「今すぐダウンロード」をクリックしましょう。

 

取引ツールを使って、入出金の手続きや、チャート分析・発注などを全て行うことができます。

取引ツールがダウンロードできたら、IDとパスワードを入力してログインしましょう。

上部メニューの「入手金」をクリックし、「クイック入金」を押して入金の手続きを行うことができます。

FXではいくら資金が必要なのか?

FXブロードネットでは、1,000通貨単位(ライトコース)から取引を行うことができるので、最低5千円程度の資金で始められます。

しかし、5千円は必要証拠金の最低ぎりぎりラインなので、できれば10~30万円くらいを目安にするのが良いです。

もちろん、入出金に手数料はかからず、いつでも出金することができますし、取引をしなければ1円も減ることはありません。

取引をしよう

入金が完了したら、実際に取引を行ってみましょう。

上部メニューの「注文」をクリックすると、取引パネルが表示されます。

ここで、取引する通貨ペアを選択(①)し、売買方向(②)を決め、注文するロット数(③)を入力します。

そして、最後に注文確認(④)を押せば、発注ができます。

FXブロードネットの新規取引方法
取引する通貨ペアを選択しましょう。
新規取引を「買い」で始めるか「売り」で始めるかを決めましょう。
取引数量を決めましょう。
1Lot=1千通貨(ライトコースの場合)
注文確認を押しましょう。

以上で新規取引の開始をする事ができます。

あとは、チャートを見て、利益が乗ったタイミングで決済をすれば利益を確定することができます。

FXブロードネットの口座開設から取引までのまとめ

この記事ではFXブロードネットの口座開設から取引までの流れを解説しました。

FXブロードネットは、FXサービス取引コスト満足度No.1の、業界トップクラスに低いスプレッド水準のFX会社です。

1,000通貨単位から取引でき、自動売買のトラッキングトレードも利用することができます。

また、FXについて深く学びたい方は、以下で説明している無料のFX学習講座「FXトレーディングカレッジ」で勉強してみるのがおすすめです。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!