「MT4を複数起動・インストールさせたいけど、どうやればいいだろう・・・?」

「複数の画面でMT4を表示するには、どういう方法があるのだろう?」

高機能なチャートソフトであるMT4を、一つだけでなく複数インストールして起動したり、一つの画面だけではなくて、複数の画面で表示させたい、という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回はMT4を複数インストールしたり、複数画面(マルチ・ディスプレイ)で表示させる方法についてまとめてみました。この記事を見れば、MT4を複数使うことが出来るようになりますよ。

チャートは様々なFX業者で千差万別ですが、MT4は無料で使える上に、テクニカル分析のインディケーターがかなり充実していますのでお勧めです。

特にスキャルピングやでデイトレードを行うトレーダーにとっては複数画面を使用することはメリットしかありませんので、参考にしてみてください。

 

以下は、複数画面でいくつかのMT4を起動したイメージです。(ちなみに、実際に私が使っている4画面のPCです。)

複数のPC画面でMT4を使用している例

MT4を複数インストール&複数画面で使う方法

MT4を複数インストールして起動させたり、複数画面で使う方法は、実は様々な方法がありますが、おすすめのやり方としては以下の3つがあります。

ご自身の一番合ったやり方を選んでいきましょう!

 

MT4を複数にする3つの方法
① 2つ目のMT4をインストールする(同一会社)
② 他社のMT4をインストールする
③ Undock chartの機能を使う

 

MT4の操作方法について知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

記事:MT4のインストール&使い方マニュアル【完全版】

MT4を複数インストールする方法① 同じFX会社を使う

まず、一つ目のMT4を複数インストールする方法は、MT4をもう一個インストールして、同じIDでログインする方法です。ただ単純にインストールしてしまうと上書きされて失敗するので、必ず今から説明するやり方を守って下さい。

やり方は基本的に、どのFX会社のMT4でも同じですが、今回は国内業者であるFXトレードフィナンシャルのMT4を使って説明していきます。

(前提条件として、すでに口座をお持ちで一つ目のMT4をインストールしていると仮定しています)

手順1:MT4をダウンロード

まずは、FX会社のMT4をダウンロードする画面にいき、「MT4をダウンロードする」をクリックしましょう。FXトレードフィナンシャルの場合は以下の画面ですが、他の会社の場合は、同じようなMT4をダウンロードするページにいきましょう。

口座をまだお持ちでない方はこちら⇒FXトレードフィナンシャルの公式サイト

MT4をダウンロード

 

FXトレードフィナンシャルの場合は、この後、以下のような画面に行くので、もう一度「MT4ダウンロード」をクリック。

MT4をダウンロードする

手順2:MT4のセットアップ

次に、MT4のインストーラーが起動するので、ここで「設定」を押してください。「次へ」はまだ押してはいけません。

下図はFXトレードフィナンシャルの設定画面ですが、他の会社でも同じです。

MT4のセットアップ方法

 

すると、インストールフォルダを設定する画面がでるので、インストールフォルダの名前を変えて下さい。

例えば、変更前:「C:¥Program Files (x86)¥FXTF MT4」から、変更後:「C:¥Program Files (x86)¥FXTF MT4-2」のような感じです。

これを変更しないでインストールすると、1個目のMT4に単純に上書きされるだけなので、MT4を複数起動することが出来ないのです。

インストールフォルダ名を変更する

フォルダ名を変更したら、「次へ」を押しましょう。すると、完了しましたと表示されるので、「完了」をクリックしましょう。

MT4のセットアップが完了

手順3:2個目のMT4を起動させる

インストールが完了したら、インストールしたフォルダからMT4を起動させましょう。

C:¥Program Files (x86)¥FXTF MT4-2のフォルダを開くと、「terminal」という下図のアイコンがありますので、そこをクリックするとMT4が起動します。

2個目のMT4を起動する

手順4:同じIDでログインする

ここまで来たら、後は、アドレス(FX会社によってはサーバー)を指定し、IDとパスワードを入力すれば、2つ目のMT4が起動できます。

MT4へ同一IDでログイン

 

ちなみに、3つ目、4つ目のMT4を起動したい場合も、この同じ方法でインストール出来ますが、以下の理由からあまりおすすめはしません。

・同じIDでログインするため、MT4の動作が重くなる

・そもそも、同一IDでログインすることをFX会社は推奨していない

 

なので、MT4を複数起動したい場合には、今から説明する「Undock chart」か、MT4を提供している他のFX会社の口座開設をすることをおすすめします。

 

今回説明に使った「FXトレードフィナンシャル」のMT4を持っていない人は、以下から口座開設をしましょう。

当サイトとタイアップしているので、特別コンテンツ(非売品の学習教材)も無料でもらえるキャンペーン中です。
FXトレード・フィナンシャル

MT4を複数インストールする方法② 別のFX会社を使う

二つ目の方法は、複数のFX会社に口座開設をして、それぞれの会社のMT4を使う方法です。

最もシンプルで、効率的な方法だと思われます。

なお、海外FXのXMなどのデモ口座でMT4をインストールする方法もありますが、期限切れでログインできなくなることがあるので、リアル口座をいくつか作る方がおすすめです。

MT4に対応しているおすすめのFX会社

以下は、MT4が使えるおすすめの国内FX業者です。もちろん、手数料や利用料は一切かかりません。

MT4は国内FXと海外FXの二つがありますが、スプレッドや税金面からも国内FX業者の方が有利なので、国内FX業者を選ぶのがおすすめです。

FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル

 

MT4が使えるFX会社で特におすすめなのが、「FXトレードフィナンシャル」です。

取引は1000通貨単位と少額からでき、また、スプレッドもドル円0.3銭と非常に狭いです。

また、今だけ当サイト経由で口座開設すると、特典として特別教材「ラインの王道」(5万円相当)がもらえます。

ラインの王道

FXトレードフィナンシャルの特徴
・ドル円スプレッドが0.3銭と非常に狭い
・MT4対応の国内FX会社
・MACにも対応
・マーケット情報が豊富

OANDA JAPAN

OANDA Japan MT4

 

次におすすめなのがOANDA JAPANです。

元は海外の会社だけあって、通貨ペアが71種類と非常に多いです。

ただ、スプレッドはドル円0.4銭と、FXトレードフィナンシャルと比べるとやや広いですね。

 

OANDA JAPANの特徴
・海外FX会社の日本法人
・スプレッドはドル円0.4銭と、海外FXと比べて狭い
・日本語サポートも対応

楽天証券

楽天証券

 

最後におすすめなのが楽天の証券会社です。

こちらは、スプレッドがドル円0.5銭とやや広いです。

 

楽天証券の特徴
・株なども扱っているネット証券会社
・MT4が対応
・スプレッドはドル円0.5銭と、他と比べてやや広め

Undock chartにより複数画面で使う

3つ目は、MT4を複数起動する方法ではなく、一つのMT4で、チャートのみを他のディスプレイに表示する方法です。これは、「Undock chart」という機能を使います。

ここでも、FXトレードフィナンシャルを例に取って説明していきます。

手順1:ミニターミナルをインストール

最初の手順で、まずは「ミニターミナル」というものをインストールします。

これにより、MT4のターミナルのスクリプトの部分に「Undock chart」の機能が表示されます。

他のFX会社の場合は、スクリプトの「Undock chart」を実装しないといけないのでやや大変です。

ミニターミナルをダウンロード

インストールのボタンをクリック。

インストールボタン

 

手順2:Undock Chartを起動してチャートを動かす

MT4を再起動すると、スクリプトに新しい機能が加わっていますので、その中の「Undock chart」をMT4の外側に動かしたいチャートにクリック&ドラッグします。

Undock chartの使い方

 

指定したチャートをMT4の外に動かすことが出来るので、他のPC画面に移動させることが出来ます。

Undock chartで複数画面にMT4を表示する

MT4を複数使ってチャート分析しよう

以上が、MT4を複数インストールする方法や、複数のPC画面に表示する方法となります。

個人的におすすめは、一つのIDでMT4を複数ログインすると重たくなるので、複数のFX会社でリアル口座を開設しておくことです。

それか、3つ目の方法で示した「Undock chart」で、ログインは一つだけど、他のPCディスプレイにもチャートを表示させる方法でしょう。

 

FX専業トレーダーにおすすめのPCやトレード設備については、以下の記事もご覧ください。

FXデイトレーダーにおすすめPCはコレ!私の環境・設備を紹介



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

鈴木 拓也

東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。