FXで安定して稼ぐために必要なトレード手法は何があるかと聞かれれば、それは間違いなくトレンドフォロー、つまりトレンドをとらえたトレードと言えるでしょう。

ここで、トレンドが続いていると思ってエントリーしたけど、実はもうそのトレンドは終盤に差し掛かっていた、もしくは転換のシグナルが出ていた、となれば、トレンドに乗ったつもりが逆のトレンドに飲み込まれて大ダメージです。

今回は、トレンド転換を見極める手法の一つ、リバーサル(反転)パターンについて説明します。

どれも非常に重要なシグナルで、パターンが完成した場合にはトレンド転換の可能性が高いですのでしっかりとマスターしましょう。

1. 5つの主要なリバーサル(反転)パターン

リバーサルパターンは主に以下の5つがあります。

  • ヘッドアンドショルダー
  • トリプルトップ(ボトム)
  • ダブルトップ(ボトム)
  • スパイクトップ(ボトム)
  • ソーサーパターン

最初に念頭に置いておかなければならないのは、相場に100%という言葉は存在しません。上記のパターンが完成したからといって、絶対にトレンドが予想通りの値動きになるなんてことはないのです。

大切なのは自分のシナリオと何か異変を感じた際に、すぐに対処できる危機管理能力です。
プロの為替ディーラーもそのことを重々承知していますし、だからこそ、常に自分のシナリオの誤りを示すサインに目を凝らしているのです。

それでは、上記リバーサルパターンの中でも主要な、ヘッドアンドショルダー、トリプルトップ、ダブルトップについて見ていきましょう。

2. ヘッドアンドショルダー

5つの反転パターンの中でも、特に重要なバターンとしてヘッドアンドショルダーがあります。これは日本語では、三尊・逆三尊とも呼ばれています。

2.1 ヘッドアンドショルダーのパターン

それでは、最も重要な、「ヘッドアンドショルダー」について見ていきましょう。

ヘッドアンドショルダーは、下図のように中央のヘッド(頭)と、ショルダー(両肩)で構成されており、通常真ん中のヘッドのレートが最高値もしくは最安値となります。

そして、両肩の下の谷を結んだ線、これを”ネックライン”と呼びますが、これを下に突き抜けてパターンの完成となり、上昇トレンドから下降トレンドへの転換シグナルとなります。

逆ヘッドアンドショルダーも、ヘッドアンドショルダーをひっくり返したもので、下降トレンドから上昇トレンドへの転換シグナルとなります。

2.2 ヘッドアンドショルダーのトレード戦略

それでは、リバーサルパターンの代表格、ヘッドアンドショルダーのトレード戦略について見ていきましょう。

エントリーポイントとしては、以下の(a)~(c)が考えられます。

(a) はかなり攻撃型のトレーダーが行う戦略で、左肩の水平ラインでレートが反落したのを確認し、ヘッドアンドショルダー完成を見越して事前にエントリーする戦略です。

当然ですが、その後、ヘッドアンドショルダーが完成すれば大きな利益を狙えますが、逆に予想が外れた場合は、上昇トレンドの逆張りをすることになりますので、リスクは高いです。S/L(損切)の水準をしっかりと設定することが大切です。

 

(b) は多くの教科書に書いてあるトレードポイントで、値がネックラインを下振れ、ヘッドアンドショルダーの完成を確認しエントリーする戦略です。

基本的なトレード戦略ですが、ダマしやその後のリターンムーブ(戻り)に合う可能性も捨てきれないので、エントリーした後も値動きには注意が必要です。

 

(c) は最も慎重なトレードスタイル。リターンムーブ後に値がネックラインで反落したのを確認しエントリーする戦略です。

最も手堅い戦略ですが、ヘッドアンドショルダー完成後に、リターンムーブが無い可能性もありますので、待っていたらトレードチャンスを逸してしまったというリスクもあります。

 

以上、ヘッドアンドショルダーのトレード戦略でした。どの戦略が一番いいかは、相場状況により異なり一概には言えませんので、自分のトレードスタイルに合った戦略を選ぶといいでしょう。

2. トリプルトップ(トリプルボトム)に関して

次に大事なリバーサルパターンは、トリプルトップとトリプルボトムです。いずれもヘッドアンドショルダーの形に似ており、ヘッドとショルダーが同じ水準にある場合です。

パターンの完成も同様で、ネックラインの水準を下回るまたは上回ればパターンの完成で、トリプルトップは上昇トレンドから下降トレンドへの転換、トリプルボトムは下降トレンドから上昇トレンドへの転換のサインとなります。

エントリーポイントは、図の緑塗の部分となり、ブレイクと同時にエントリーする(a)と、リターンムーブ(戻り)を確認して入る(b)があります。

 

3. ダブルトップ(ダブルボトム)に関して

ダブルトップとダブルボトムも今までの内容の応用で対応できます。

共にネックラインをブレイクしてパターンの完成。

エントリーポイントは、ブレイクと同時にエントリーする(a)と、リターンムーブを確認してから入る(b)になります。

ここで1点注意したいポイントは、(x)でのエントリーです。攻撃的なトレーダーは、反転の可能性を予想して(x)でエントリーするかもしれませんが、これは上昇トレンドがまだ転換されていない状態でのエントリー、つまり逆張りでのエントリーですので、かなり危険です。

もしこのポイントでエントリーするなら、S/Lを狭めに設定するなどの対応が必要です。

 

4. まとめ

以上、代表的なリバーサルパターンとそのトレード戦略について見てきました。

これらのパターンを覚えるだけでも、大分トレンドの転換ポイントが見えてきます。

しっかりとマスターして、トレンド転換を見極められるようにしましょう!(^^)!



今だけライン分析の特別教材(計91ページ・約3時間の動画講義)を限定キャンペーンで無料プレゼント中!
FXブロードネット