◆記事を読む前に、まずは1回ポチッと応援クリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓

為替・FXランキング


頻繁に発生するチャートパターンの一つに、「三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション)」と呼ばれる形があります。特にレンジ相場の場合によく見られ、その後の値動きがある程度予想出来るため、トレードに上手く活用できれば勝率・利益率ともに大幅に向上させることが出来ます。

今回の記事では、三角保ち合いのチャートパターンの特性を説明し、実際にどのようなトレード戦略を組み立てていけばいいのかについて説明をしていきます。

1. 三角保ち合いとは?

この三角保ち合いとは、2本のトレンドライン、もしくは1本のトレンドラインと1本の水平線を三角形上引いたチャートパターンのことを言います。そして、レンジ相場のもみ合い時に発生し、為替レートの変動幅は次第に小さくなっていきますが、ある時点で三角保ち合いを抜けると、レートが一気に抜けた方向に推移します。

そして、この三角保ち合いは、以下の3種類に分けることが出来ます。

シンメトリカル(対称)・トライアングル

アセンディング(上昇)・トライアングル

ディセンディング(下降)・トライアングル

 

そして、それぞれのトライアングルの意味するところは、

  1. シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  2. アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  3. ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

です。

では、順番に見ていきましょう。

 

① シンメトリカル(対称)・トライアングル

シンメトリカル・トライアングルは、山と山、谷と谷を結んだトレンドラインが対称になるように引ける三角保ち合いで、基本的に前のトレンドの一時的な小休止を表し、再び前のトレンドが継続することを意味しています。

よって、トレード戦略は、前のトレンドが上昇トレンドなら、買い先行の回転売買を行っていくことになり、三角保ち合いをブレイクしたのを確認して買い増しを行います。

ただし、教科書的にはシンメトリカル・トライアングルは、前のトレンドの継続ですが、実際のチャート上では、上昇トレンドと見られても、下側トレンドラインをブレイクすることもあるので、その場合は上昇トレンドが転換されるかどうかを見極める必要があります。

トレンド転換に判断については、記事「ヘッドアンドショルダーとトレード戦略|トレンド転換を見極めよう!」をご参考ください

 

 

② アセンディング(上昇)・トライアングル

次に、アセンディング・トライアングルは、上側は水平線(レジスタンス)、下側は上向きのトレンドラインとなっている三角保ち合いです。

基本的に、安値が切り上げっていき(つまり上昇圧力がじりじり高まっていき)、最終的には上側のレジスタンスラインを突破し、再び元の上昇トレンドに戻ります。

トレード戦略としては、買い先行の回転売買で、押し目で拾ってレジスタンスラインで利食い(もちろんそのままホールドでもよい)、上側レジスタンスラインのブレイクを確認して買い増し(または買いのエントリーでしょう)です。

トレードの基本ですが、トレンドに逆らわずに押し目や戻りを拾うのが一番低リスクで、大きな利益を狙うことが出来ます。

間違っても、上昇トレンドに逆らい逆張りの売りでエントリーすることは出来るだけ避けましょう。

トレンドの判断ポイントについては、以下の記事も参考にしてみてください。

「ダウ理論とは?6つの基本原則とトレンド転換の判断ポイント」
「トレンド把握こそが王道!トレンド継続・転換の判断ポイント」

 

 

③ ディセンディング(下降)・トライアングル

最後のディセンディング(下降)・トライアングルは、上側は下降トレンドライン、下側がサポートラインから成る三角保ち合いです。

これもアセンディングと同じ考え方で、高値が徐々に切り下がっており、売り圧力が次第に強まっていることを示します。そして、サポートラインのブレイクと同時に発現し、再び元の下降トレンドに戻ります。

トレード戦略としては、”トレンドには逆らわず”を基本に、売り先行の回転売買で、戻り売りが定石となります。そして、サポートラインのブレイクを確認し、更に売増しを行います。

注)上記トレード戦略は一般的なものですが、当然ダマしやトレンド転換が発生する可能性もあるため、常に値動きには注意する必要があります。

2. 三角保ち合いを使った実際のトレード手法

それでは、最後に実際のチャートを用いて三角保ち合いを使ったトレード方法を見ていきます。実施のチャートは必ずしも上に描いたようなきれいな三角形になるとは限りません。しかし、チャートをよく見てみると、三角保ち合いが結構頻繁に発生していることが分かりますよ。

2.1 三角保ち合いのブレイクを狙ったエントリー

以下は実際のチャート上に、三角保ち合い、今回の場合ですとシンメトリカル・トライアングルが発生しているケースです。今回の場合、三角保ち合いでもみ合った後、最終的に上側へブレイクしており、保ち合いのブレイクを狙って買いでエントリーすることを狙っていきます。

実際に、三角保ち合いをブレイクした後は、今までの拮抗が崩れ、レートは加速的に上へ上昇しているのが確認出来ます。

2.2 大小さまざまな三角保ち合い

そして、実際のチャート上には大小さまざまな三角保ち合いが存在します。以下のチャートは1時間足のチャートですが、青字で記した(1)~(3)も下位足(時間軸の短い足)で見ると三角保ち合いの形をしており、短期トレードを行う場合は、これらのブレイクを狙ってエントリーをすることも有効なトレード手法となります。

3. まとめ

以上、三角保ち合いのパターンとして、シンメトリカル(対称)・トライアングル、アセンディング(上昇)・トライアングル、ディセンディング(下降)・トライアングルを見てきました。

実際に、よくチャートを観察すると、これらのパターンは本当に頻繁に現れます。

また、三角保ち合いは、各時間足(日足、4時間足、1時間足、30分足、15足、5分足など)においても、大小さまざまなものが発生しており、これらを見つけて、狙いを定めてブレイクでエントリーをするだけでも、かなり高勝率のトレードを実現することが出来ます。

初心者の方は、最初は簡単に発見出来ないかもしれませんが、チャートに頻繁に線を引いて練習してみましょう。

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ