◆記事を読む前に、まずは1回ポチッと応援クリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓

為替・FXランキング


数あるテクニカル分析の手法ですが、最もシンプルにも関わらず非常に有効で、これ無しでは戦うことが出来ないものの一つに「水平線(サポートラインとレジスタンスライン)」があります。

水平線は誰でも引ける簡単な線ですが、世界中のトレーダーが引いており、水平線のブレイクを持ってトレンドの転換や、トレードの手法にも使える有益なツールです。

今回は、その水平線についての概要と基本的な使い方について説明していきます。

1. 水平線の概要

水平線を引く際には、ただ闇雲に山と山、そして谷と谷を結んだだけでは、その本質を理解してトレードすることが出来ません。ここでは、水平線の概要を理解し、なぜ水平線が有効に機能するのかを説明していきます。

1.1 レジスタンスラインとサポートライン

「水平線」とは、為替レートの安値と安値、または高値と高値を結んだ水平に引ける線のことです。ちなみに、これが水平ではなく、斜めに引ける線であれば、「トレンドライン」ということになります。

トレンドラインの引き方、役割、トレードの仕方についての説明はこちらをご参考ください

 

そして、安値と安値を結んだ線を「サポートライン」、高値と高値を結んだ線を「レジスタンスライン」と呼びます。(これは、ただの言葉の定義です)

1.2 レジスタンスとサポートの役割逆転

そして、水平線の特徴としては、一度それらサポートライン・レジスタンスラインがブレイクされると、今後はその機能が逆転することで知られています。

例えば、下図の左側のように、一度レジスタンスラインがブレイクされると、今後はそのレジスタンスラインがサポートラインとしての役割を持つようになり、レートの下落を下支える支持線の機能を持ちます。今後は、右側のように、一度サポートラインをブレイクすると、サポートラインがレジスタンスラインとして役割を持ち、レートの上値を抑える抵抗線として機能します。

1.3 水平線の本質的な意味と引き方(ヒゲはどうする?)

では次に、そもそもどうして水平線が機能するのかについて説明します。

水平線に限らず、テクニカル分析のシグナルが機能する理由としては、「世界中のトレーダーが同じものを見ているため」という本質的なバックグラウンドがあります。例えば、何度もそのライン上で反転しているトレンドラインということであれば、世界中のトレーダーがその存在に気づいて意識しますので、トレードをする上で重要なラインということになります。

水平線も同様に、そのライン上で何度もトレードが反転しているとうことであれば、例えば押し目を狙っていたトレーダーが「水平線に近づいたら買いを入れよう」と思い、何人も同じような考えのトレーダーがいれば、実際にレートはその水平線付近で底堅くなるのです。

 

より具体的に、以下のチャートを用いて説明していきます。

下図のチャートでは水平線(赤線)が以下のように引け、何度も水平線近くでレートが反転しており、その水平線付近で買いを入れているトレーダーが多くいることを示しています。

では、もしその水平線を割ってしまったらどうなるでしょうか?

それは、それまで買っていた投資家が損失を抱えてしまうことになりますので、彼らの損切り注文、加えて新規で売りを仕掛けるトレーダーも参入し、一気にレートが下に急落します。これがいわゆる、「水平線のブレイクアウト」と呼ばれるものです。

 

 

さて、初心者の方で、水平線を引く際にローソク足のヒゲを考慮するべきかどうかという疑問に持たれた方もいるかもしれませんが、基本的にはヒゲも考慮して引くべきです。なぜなら、海外のトレーダーは、ローソク足以外の例えば、バーチャートなどを使っている人も多く、その足の最高値と最安値に注目して線を引くからです。

上記で説明した通り、水平線が機能する理由は、世界中のトレーダーが同じ線を引いているからと言いましたが、ヒゲを考慮しないと、それは皆と異なるラインを引いていることになってしまうのです。

 

最後に、もう1点注意点ですが、水平線を引く時は、アバウトに考えましょう。というのも、丁度ぴったりにレートが水平線通りに動くなんてことはまずないです。例えば、上のチャートも、若干ローソク足のヒゲが水平線から離れているところもありますが、常にピッタリに為替レートが動いてくれるほど、マーケットは親切ではありません。

2. 水平線を用いたトレード戦略

それでは、実際に水平線を使ってどのようなトレードの仕方があるのかを見ていきましょう。ここまでの説明でだいたい水平線のイメージはつかめたかと思いますが、実際のトレードではリターンムーブと呼ばれる戻りに気を付けなければなりません。

2.1 水平線を用いたトレード[理論編]

ではどのように水平線をトレードに活かせばいいのでしょうか?

基本的な戦略としては、下図のように水平線(サポートライン)のブレイクを確認して、エントリー(売り)です。

但し、このテクニカル分析に関わらず全ての分析に言えることですが、相場に100%という言葉は存在しません。ブイクした後に、(a)すぐに反発し、下落のシグナルはダマしになる可能性もあります。

加えて、サポートラインをブレイクした瞬間に多くのトレーダーが売りを仕掛けますので(b)しばらくして売ったトレーダーの利益確定の買いにより、元のサポートラインの水準まで戻るケース(リターンムーブ)もよく現れます。

初心者にオススメのトレード手法としては、最初のブレイクでいつもトレード金額の全額を使うのではなく、半額くらいのロットでエントリーし、玉は残しておくのです。
もしそのまま急落すれば利益も得られますし、ダマしになった場合も損切のレベルを少し上に設置しておけば損失額も最小限に抑えられます。

また、よくある形にリターンムーブを形成し、その後サポートラインの再度突破を試みたのちに反落するというケースがありますので、戻りを狙って売増をするのも一つの手法です。

2.2 水平線を用いたトレード[実践編]

以下は、実際のチャートに水平線を引き、買いのエントリーポイントは赤塗り、売りのエントリーポイントは青塗りで記してあります。まず、買いで入る場合には、レートが水平線に到達し、そこで反発したのを確認してエントリーします。間違っても、水平線に達した瞬間にエントリーをしてはいけません。なぜなら、そのままブレイクしてしまう可能性もあるからですね。

そして、売りでのエントリーは、水平線を勢いよく下抜けた瞬間にエントリーをします。ただし、上記でも説明した通り、その後の戻り(リターンムーブ)が起こる可能性があるので、ここでトレード金額の全額を注ぎ込んでエントリーをするのはややリスクが高いです。

戻りを待って、そこで水平線に再度跳ね返されたのを確認してエントリーするのもいいでしょう。

3. まとめ

以上が水平線の引き方と、実際のトレードの手法となります。もちろん、相場の世界に正解という言葉はなく、どの水平線が正しいとか、そんなものはありません。

しかし、チャートを細かく見ると、必ずと言っていいほど、意識されている水平線というものは存在し、そのラインの前後ではたくさんのトレーダーの思惑が働いているのです。

最初はこの線でいいのかと不安に思うかもしれませんが、線をだんだんと引いている次第に分かるようになっていきます。一歩ずつ前進していきましょう。

 

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ