こんな疑問を解決!

  • トレンドフォローってどんな手法?
  • トレンドフォローのエントリーポイントは?
  • FXのトレンドフォローで勝てない時の理由は?

今回はこんな疑問を解決していきます。

FXで最も利益を出しやすい手法の一つが、トレンドフォロー(順張り)と呼ばれるトレンドの方向にエントリーする手法です。

トレンドに上手く乗ることが出来れば、大きな利益を得ることができます。

FXトレーダーなら、トレンドフォローは必ず知っておきたい手法と言えます。

この記事では、トレンドフォローで稼ぐ手法や、エントリーポイントなどを解説していきたいと思います。

トレンドフォローを身に付ければ、FXで面白いくらい利益を上げることが出来るようになりますよ。

この記事の執筆者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了
  • 三井住友銀行の本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • FXや米株インデックス、高配当株などで運用する億投資家
  • 著書「7日でマスター FXがおもしろいくらいわかる本」「世界一やさしい FXチャートの教科書 1年生」など

プロフィールページ

 

トレンドフォローとは?

トレンドフォローとはトレンドの方向にエントリーしていく手法で、順張りとも呼ばれます。

つまり、「上昇トレンドなら買い」「下降トレンドなら売り」でエントリーです。

トレンドが続く限り利益を伸ばすことができるので、FXで最も大きな利益を得やすい手法の1つと言えます。

トレンドフォローの狙い方

トレンドフォローでは、単純にトレンドが出ているからと言って、むやみにその方向にエントリーしてはだめです。

例えば、レートが上昇している最中の「追っかけ買い」や、レートが下落している最中の「追っかけ売り」は典型的なダメトレードです。

なぜなら追っかけでエントリーすると、その後、レートがすぐ反転して含み損を抱えた時に、怖くなってすぐ損切をしてしまうからです。

そのようなミスを無くして勝率を高めるためにも、上昇トレンドで一時的に下落した押し目や、下降トレンドで一時的に上昇した戻り目を狙うのがとても重要になってきます。

トレンドフォローの具体的な手法

トレンドフォローの実際のやり方は以下の3ステップです。

トレンドフォローのやり方

  • ステップ1:トレンドを識別する
  • ステップ2:エントリーの狙いを定める
  • ステップ3:決済ポイントを決める

 

※トレンドフォローについて動画でも解説しているので、文章で理解しにくければ、動画の方で学習しましょう。

ステップ1:トレンドを識別する

トレンドフォローでは、最初に今の相場のトレンドを識別する必要があります。

しかし、「なんとなく下がっているから下降トレンド」、「なんとなく上がっているから上昇トレンド」というように、なんとなくトレンド判断するのはダメです。

あいまいに判断をするのではなく、常に一貫したトレンド識別の方法を持っておく必要があります。

ダウ理論によるトレンド判断

トレンドを一貫性のあるやり方で判断するには、テクニカル分析を使います。

様々な種類がありますが、特におすすめは「ダウ理論」です。

ダウ理論では、上昇トレンドは高値と安値がそれぞれ切り上がり、下降トレンドは高値と安値がそれぞれ切り下がると定義されます。

 

先ほどのチャートもダウ理論を使えば、明確な根拠をもってトレンドの識別をすることができます。

ダウ理論についてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事で学習ください。

記事:ダウ理論とは?FXで稼ぐ手法や使い方をわかりやすく解説

使用するチャートの時間足

トレンドフォローではどの時間足を見ればいいのか?

皆さんがよく疑問に思うところですが、結論から言えば、これはトレードスタイル(スイング、デイ、スキャル等)によります。

例えば、建玉を数日から数週間ほど保有するスイングトレードであれば、それに適した長い期間の時間足を見るべきです。

また、数秒から数分で取引を繰り返すスキャルピングあれば、期間の短い時間足を見る必要があります。

トレードスタイルで使うべき時間足
トレードスタイルトレード時間の目安上位足下位足
長期トレード数カ月以上月足
週足
日足
スイングトレード数日~数週間週足
日足
4時間足
1時間足
デイトレード数時間~1日日足
4時間足
1時間足
30分足
15分足
5分足
スキャルピング数秒~数分1時間足
30分足
5分足
1分足

ただし、全てのスタイルに共通して言えるのは、上位足で全体のトレンド状況を確認し、下位足でエントリータイミングを計っていくということです。

上位足の流れに沿ってエントリー

上位足が上昇トレンドであれば、狙うは買いであり、下位足も上昇トレンドになった時点を狙っていきます。

一方で、上位足が下降トレンドであれば、狙うは売りであり、下位足も下降トレンドになった時点を狙っていきます。

ステップ2:エントリーの狙いを定める

下位足で狙うエントリーポイントですが、これはグランビルの法則とトレンドラインの手法を使うのが有効です。

エントリー手法

  • 移動平均線のグランビルの法則
  • トレンドライン上での反転

移動平均線のグランビルの法則

グランビルの法則とは、移動平均線と為替レートの位置関係に着目した手法で、以下がエントリーポイントです。

移動平均線は最も有名なテクニカル分析ですが、もし知らない人がいれば、以下の記事で勉強しましょう。

記事:FXで移動平均線の高勝率な使い方・設定・手法を公開

 

グランビルの法則を使えば、例えば、下図のようなチャートのポイントで買いエントリーが可能です。

▼クリックで拡大

トレンドライン上での反転

トレンドラインはチャート上に斜めに引く線のことで、一度トレンドラインが引ければ、レートがライン上に達した時に反転する可能性があります。

なので、下図のチャートのようにライン上の反転箇所で買いエントリーが可能です。

▼クリックで拡大

 

トレンドラインについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

記事:トレンドラインで荒稼ぎする引き方とFXの手法を現役プロが解説

ステップ3:決済ポイントを決める

最後に決済ポイント、つまり利益確定と損切の水準決定です。

これは、エントリーの根拠が崩れた箇所で行うのが定石です。

例えば、グランビルの法則で買いエントリーした場合、買いシグナルがダマしだったり、売りシグナルが出たりすれば、利益確定(ダマしの場合は損切り)をします。

▼クリックで拡大

 

同様に、上昇トレンドラインで買いエントリーした場合は、反転せずにトレンドラインを割った時点で決済です。

▼クリックで拡大

トレンドフォローで勝てない人の3つの理由

FXの王道でもあるトレンドフォローですが、どうして稼げる人がいる一方で、多くの人が利益を出すことが出来ないでしょうか?

トレンドフォローで損切りばかりにあって全然稼げない人の共通点は以下の3つです。

トレンドフォローで勝てない理由

  • 相場の環境認識が出来ていない
  • エントリーのタイミングが悪い
  • 損切りを置く位置が悪い

理由①:相場環境認識ができない

一つ目は相場環境認識が出来ていないということです。

例えば、下位足で上昇トレンドだから買いだと思ってエントリーしても、上位足のトレンドが逆だったら、トレンドを捉えた「トレンドフォロー」になるわけがありません。

まずは、上位足のトレンドの波がどうなっているのか正しく相場の環境を認識する必要があるのです。

理由②:エントリータイミングが悪い

二つ目の理由は、エントリータイミングが悪いということ。

例えば、下図のようなレジスタンスラインのブレイクを見て飛び乗った場合(①)、高確率で押しの反落に遭遇します。

トレンドフォローのエントリーポイント

これは初心者がやってしまう最も多い失敗で、最悪なのはその後の押しで損切りせざる負えなくなり、自分が損切りした後、相場はまるで嘲笑うかの如く、もとの上昇トレンドに戻るのです。

トレンドフォローであっても、勝率を上げたいならば、押した後の反発ポイントである②の第二波でエントリーするべきです。

これを意識するだけでも、トレンドフォローの勝率は劇的に向上します。

理由③:損切りを置く位置が悪い

三つ目の理由は、損切りを置く位置が悪いということ。

エントリーした瞬間から含み益が発生し、後はほったらかしで利益が増えていくトレードが出来れば最高ですが、そうそうそのようなベストトレードをすることは難しいです。

ここで、損切りの注文をどこに置くかで勝負が決まるわけです。

例えば、下図のような場合、赤塗ポイントでエントリーした際、損切り幅を○○pipsで固定しているというだけの理由で、①の位置に損切り注文を置くのは、テクニカル的にも根拠があいまいです。

せめて、「直近最高値の前の安値」の少し下(②)に置いておけば、一時的な含み損の状況も耐えることが出来、再び相場が元のトレンドに戻れば、大きな利益を手に入れることが出来ます。

トレンドフォローの損切りポイント

トレンドフォロー(順張り)で大きな利益を得よう

以上、トレンドフォロー(順張り)の手法や、エントリーポイント、勝てない人の理由でした。

繰り返しますが、トレンドフォローが機能するのは、相場にトレンドが発生している時だけです。

レンジ相場の時に順張りでエントリーしては、度々損切りに合い、連敗もあり得ます。

しかし、相場環境を正しく認識し、高勝率なエントリーポイントでトレードするスキルが身に付けば、FXで大きな利益を上げることが出来るでしょう。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!