ダウ理論は、テクニカル分析の元祖とも呼ばれているもので、古臭い古典的な理論と勘違いされがちですが、全てのテクニカル分析はダウ理論をベースに発展したものであり、ダウ理論を無視してテクニカル分析でトレードすることは出来ません。

今回の記事では、ダウ理論を構成する「6つの基本原則」を解説し、その中でも特に重要な「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」について掘り下げて説明します。そして、最後にダウ理論を使ったトレード手法を解説していきます

1. ダウ理論の概要 6つの基本原則

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場の値動きを評価するテクニカル分析の理論で、「6つの基本原則」で構成されています。

1. 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
4. 価格は相互に確認される必要がある
5. レンドは出来高でも確認される必要がある
6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

そして、後ほど説明しますが、その中でも特に重要で、FXのトレードで使用されるのが、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

これらの意味を知ることにより、チャートが今どのような環境になっているのか、上昇しやすい環境か下落しやすい環境か、どこでトレードするべきか、などなどが見えてきます。

1.1 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む

最初の基本原則は、「価格(平均株価)は全ての事象を織り込む」です。

つまり、既に発表されている経済指標や金融政策の方向性、そして、政治的なイベント、自然発生的な出来事(地震などの災害)などは全て市場価格に反映されているという考え方ですね。

この理論を簡単に言うと、現時点で利用可能な全てのファンダメンタルズ情報は価格に織り込まれているため、ファンダメンタルズ分析による将来の価格予想は出来ず、ファンダメンタルズ分析では平均以上の利益を得ることが出来ない、を意味しています。それはつまり、価格の動きのみに注目した、テクニカル分析であれば、将来の価格も予想することが可能であるという、テクニカル派の主張のベースとなる考え方です。

ちなみに、少し難しい言葉で説明しますと、経済学には効率的市場仮説*という考え方があり、市場は全ての情報を織り込んでいて「効率的である」と言ったりします。

*効率市場仮説とは、株式や為替などのプロダクツの価格はあらゆる全ての情報を織り込んでおり、適正な価格になっていることを言います。逆に言うと、既に適正な価格になっているから、投資家がそれを上回るリターンを得ることは難しいという理論です。

1.2 トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される

二つ目の基本原則は、「トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される」です。

改めて述べると当たり前のことと思われるかもしれませんが、為替レートは時間軸を基準に、以下の①短期トレンド、②中期トレンド、③長期トレンドの3つトレンドが混在し、構成されています。

① 短期トレンド:3週間未満
② 中期トレンド:通常3週間~3か月
③ 長期トレンド:通常1年~数年間

この理論から学べることは、トレンドは一方向に動くのではなく、複数の短期トレンド、中期トレンドが組み合わさり、必ず調整局面が存在しているということです。

例えば、下図のように中長期で見た時に上昇トレンドであっても、その中には、複数の短期的な下降トレンド(利益確定に絡む調整局面)が必ず発生しています。

よって、トレード戦略を立てる際に、自分がどの時間軸(短期、中期、長期)のトレンドで勝負するのか、デイトレードなのかスイングトレードなのか、それとも長期でトレードするのかを明確に決めておく必要があります。

1.3 主要なトレンドは3つの段階から形成される

三つ目の基本原則は、「主要なトレンドは3つの段階から形成される」です。

ダウ理論では、買い手(売り手)の動向によって、上昇(下落)する過程には3つの段階があると説明しています。

① 先行期(第一段階)

市場価格が底値にある状態で、一部の先行型の積極的な投資家が買い(底値買い)を行い、価格が緩やかに上昇する時期です。

この段階では、今まで下降トレンドでまだまだ下落するかもしれないというような時に、買い場だと判断して買いをしますので、普通のトレーダーが行うのは難しいです。

② 追随期(第二段階)

景気改善など、ファンダメンタルズの買い要素が確認されて、多数の投資家が参入し、価格が急伸する時期です。

この段階では、上手な一般のトレーダーも買いを入れ、上昇トレンドをとらえています。

③ 利食い期(第三段階)

トレンドの最終段階です。メディアの報道も増え、素人や始めたばかりの初心者の一般投資家も参入し価格は上昇しますが、この時期にプロの投資家(①の時期に買っていた人)は利食いを行います。

上図からも明らかなように、③の段階で買いに入った投資家は高値掴みとなり、その後のバブルが弾けたような急落により大きな損失を被ることになります。

このダウ理論が示す通り、①の段階でエントリー出来ればそれにこしたことはありませんが、それは難しいので、テクニカル分析を用いて②の段階が起きそうなタイミングを捉えて、エントリーすることを目指すことになります。

1.4 価格は相互に確認される必要がある

四つ目の基本原則は、「価格は相互に確認されなければならない」です。

株式市場では、例えば、工業平均株価と鉄道平均株価の二つのシグナルを持って、上昇トレンドとみなすという考え方です。

これをFXの世界に当てはめると、例えば、為替と金利(債券)のレートで「ドルが上昇している時は、米金利も一緒に上昇していなければならない」や、各通貨ペアで「ドルが相対的に売られている時は、ドル円は下落、ユーロドルは上昇」というような相関関係が見られるということに置き換えることが出来ます。

また、為替レートの動きに加えて、「オシレーター系でも上昇もしくは下降を示すシグナルを確認せよ」との意味にもとらえることが出来るのです。

同じシグナル(例えばトレンドとオシレーターが買いサイン)だったら分かりやすいですが、もしシグナルが異なる場合(例えばトレンドが買いにもかかわらず、オシレーターは売り)であれば注意せよ、ということです。

1.5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

五つ目の基本原則は、「トレンドは出来高でも確認されなければならない」です。

これは、上昇(下降)トレンドであれば、出来高は価格が上昇(下落)するにつれて増加するが、価格が下落(上昇)するようになったら、出来高は減少する、という理論です。

出来高が明示されている株式市場においては分かりやすい理論ですが、世界中で取引されている為替においては出来高を正確に把握することは出来ません。

そこで、この理論をFXに応用させるためにはオシレーターによるテクニカル分析を使用する必要があります。

1.6 トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

最後の、そして、ダウ理論の6つの基本原則の中でも特に重要なのが、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

トレンドは、下図のように、上昇トレンドであれば高値と安値は共に切り上がり、下降トレンドであれば、高値と安値は共に切り下がります。

ここまでは大丈夫ですね。

では、もし下図のようにレートが動いた場合はどうでしょうか?

このケースですが、最初、価格は高値1と高値2、安値1と安値2と、それぞれ切上げており、上昇トレンドが形成されています。しかし、安値2の後に高値2を上抜けられずに高値3で反転しており、この時点で上昇トレンドが消滅しました(つまり、トレンド無しで横ばいの状態)。

その後、高値3から安値2を下抜け、この時点で高値2と高値3、安値2と安値3で、それぞれ高値と安値の切り下げが発生しているので、下降トレンドが発生しています。
(文字で書くと複雑なので、分かりにくい場合は動画を参照下さい)

以下の場合も同様に考えることができます。

最初は高値と安値をそれぞれ切り下げており(高値1→高値2、安値1→安値2)、下降トレンドですが、高値2を付けた後、安値3で反転しており、安値の切り下げに失敗したので下降トレンドが消滅します。

その後、高値2を上抜けて上昇しているので、高値と安値の切上げ(高値2→高値3、安値2→安値3)が完成し、上昇トレンドが発生しています。

このように、高値と高値、安値と安値が切り上げているか、切り下げているか、そして、その動きに変化があるかで上昇トレンドか、下降トレンドか、それともトレンドが消滅した横ばいの状態なのかを判断することが出来るのです。

2. ダウ理論を使ったトレードへの応用

では、ここからはダウ理論を使った実際のトレードの手法について説明をしてきます。

2.1 ダウ理論によるエントリーポイント

では、どのようにこのダウ理論をFXトレードに応用させればいいのでしょうか?

最もシンプルな使い方は、「トレンドの転換を捉えたエントリー」です。

下図のように、高値3で高値2を上抜け出来なかったことを確認(上昇トレンド消滅&下降トレンド発生の可能性)し、直近安値2の下抜けと同時に売りでエントリーです。安値2を下抜けた時点で、高値と安値の切り下げが確定し、下降トレンドになったことになりますので、トレンド転換をとらえた勝率の高いトレード手法となります。

リスクとしては、その後レートがそのまま下抜ければいいのですが、安値を切り下げたと思ったらすぐに反転し、結局高値3、高値2を上抜けて、上昇トレンドは変わっていなかったという可能性もあります。

したがって、自分のポジション状況やトレード戦略にもよりますが、S/L(損切オーダー)は、損失を最小限に抑えたい慎重派は直近安値のすぐ上に。そして、比較的リスクを取れるトレーダーは高値3の上に置くのが定石でしょう。

2.2 チャートを使った実践でのトレード

では続いて、実際のチャートを使い、ダウ理論による実際のトレードを見ていきましょう。

上図チャートをご覧頂くと、最初、レートは高値と安値をそれぞれ切り上げており、上昇トレンドが形成されています。

その後、安値3の後、高値2の上抜けを失敗して高値3を付けると、今度はその後、安値3を下抜けて安値4を付けています。この時点で、高値と安値の切り下げが確定するので、相場は下降トレンドとなりました。

しかし、実際のチャートは窓を開けて一気に安値4まで下落しましたので、ここでエントリーをすることは難しいです。また、水平線(赤い線)が意識され、その後すぐに高値4まで反発しています。

その後、高値4を付けた後、直近の安値4を下抜けしましたので、ここが一つのエントリーポイントとなります。ダウ理論的にも、きれいに高値と安値が切り下がっており、勝率の高いエントリーポイントと言えるでしょう。

実際に、チャートもその後はずるずると下に下げております。

3. まとめ

以上、ダウ理論の6つの基本原則の説明と、基本的なトレードへの応用についてでした。

勝っているトレーダーの多くは、この理論をベースにしてトレード戦略を組み立てています。

数理計算や金融工学など超難解な理論を勉強しなくとも、FXはこれらの基本的なテクニカル分析をしっかりとマスターするだけでも十分勝つことが出来ます。

トレードはスポーツと同じで勝つための技術をいかに身に付けるかです。そのための基本をマスターし、反復練習を欠かさないようにしましょう。

 

参考になったという方は、1日1回応援クリックよろしくお願いします!ランキングが上位になれば、役に立つトレード解説等を増やします!
1つ目 2つ目 にほんブログ村 為替ブログへ