投資初心者投資初心者

FXプライムbyGMOは実際どうでしょうか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

約定力や情報提供力に定評があるFX会社だね!ただ、一方でデメリットもあるので、注意する必要があるよ!

FX(外国為替証拠金取引)を始めるためには、FX業者でFX口座を開設しなければなりませんが、国内だけでも多くのFX業者があり、FX初心者は選ぶのに悩むところでしょう。

特に「GMOクリック証券」と「FXプライムbyGMO」は、親会社として同じ「GMOフィナンシャルホールディングス株式会社」が運営しているのに、なぜ分かれているのか不思議に思うかもしれません。

業界でも屈指の利用者数を誇るGMOクリック証券と、FXプライムbyGMOにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、FX初心者が多く利用しているというFXプライムbyGMOのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

 

<今回の記事で分かること>
・FXプライムbyGMOって実際どうなのか?疑問解消!
・GMOクリック証券との違いについて
・FXプライムbyGMOのメリットとデメリットが分かる

 

FXプライムbyGMOのメリット

投資初心者投資初心者

同じGMOグループなのにどうして2社あるんですか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

FXプライムbyGMOは元々違う会社だったんだよ!だから、GMOクリック証券とは異なる特徴を持つFX会社だよ。

まずは、FXプライムbyGMOにはどんな特徴があるのか、メリットは何か?をみていきましょう。

情報提供力が強力

2002年に伊藤忠商事の子会社として設立されたFXプライム株式会社でしたが、2012年に株式の77.92%を所得したGMOフィナンシャルホールディングス株式会社が親会社となり、2013年よりFXプライムbyGMOに商号を変更しています。

FXプライムbyGMOの特徴は、「情報提供力の強さ」でしょう。プロのアナリストや投資家が指導するセミナーが20種類以上あります。オンデマインドでいつでも振り返りが可能です。ライブのセミナーにインターネットを通じて参加することもでき、そこではプロの指導者にチャットで直接質問も可能です。有料のセミナー以上の質と量を誇るのが、FXプライムbyGMOなのです。

FXプライムbyGMOの情報提供力は高い

FXの知識に乏しい初心者にとっては、勉強し、成長する絶好の機会といえるでしょう。FXプライムbyGMOに登録している63%以上が、FX初心者だということも納得です。マーケット情報も含め、サポートが充実しているために、FX初心者でも安心してトレードすることができるのです。

約定率100%、スリップページなし

FXプライムbyGMOを利用するメリットは情報提供力だけではありません。「約定力の強さ」も挙げられます。

公表によると、FXプライムbyGMOの「約定率は100%」、「スリップページはなし」です。

約定率100%とスリッページなし

NDD方式(ノーディーリング・デスク)を採用している海外のFX業者であれば珍しい話でもありませんが、大半がDD方式(ディーリング・デスク、相対取引)を採用している国内のFX業者では特筆すべき点でしょう。

関連記事:DD方式とNDD方式の違いは?元為替ディーラーが解説【保存版】

 

2018年7月、矢野経済研究所が実施した主要FX会社の約定率・スリップページ調査において唯一、約定率100%、スリップページなしが認められているFX業者になります。

しかも超短期売買であるスキャルピングによるトレードも許可しており、約定力があるという点でとても適した環境と言えます。

他のFX業者を利用していて、約定拒否やリクオートなどが頻繁なのであれば、大事な局面でトレードに失敗しますので、FXプライムbyGMOのFX口座を開設しておくことをおすすめしておきます。

新興国通貨にも対応

FXプライムbyGMOは扱っている通貨も充実しています。クロス円であれば、様々な新興国通貨に対応しています。高金利の新興国通貨で、スワップ金利を狙っていきたいのであればFXプライムbyGMOは、そのニーズに応えてくれます。

新興国通貨としてはお馴染みとなった、南アフリカランド(ZAR)、ニュージーランドドル(NZD)はもちろんのこと、最近注目を集めているトルコリラ(TRY)、メキシコペソ(MXN)も扱っていますし、香港ドル(HKD)も用意されています。

FX初心者はまずはメジャー通貨を扱うのが基本ですが、FXプライムbyGMOでは基本通貨が千通貨なので、少ない資金からトレードすることができます。試しに新興国通貨をトレードしてみるのにいいかもしれません。

最大1万円のキャッシュバック

FXプライムbyGMOでは現在、キャッシュバックキャンペーンを実施しています。(※実施していない期間あり)

1万円のキャッシュバックキャンペーン

最大1万円のキャッシュバックです。項目はいくつかに分かれており、30万通貨のトレードで1,000円のキャッシュバック、100万通貨でさらに1,500円のキャッシュバックです。スマホアプリのPRIMEアプリSを経由して1回でもトレードすると、さらに1000円のキャッシュバックになります。

スキャルピングやポジション量を多く保有してトレードしていけば可能なラインとして、300万通貨のトレードで1,500円加算。500万通貨のトレードで3,000円加算。開設した翌月までにすべて達成しつつ、口座残高が30万円以上であれば2,000円のキャッシュバックとなっています。これでトータル1万円のキャッシュバックです。

すべての条件を満たすことは、FX初心者には難しいですが、最初の3項目、3,500円分のキャッシュバックは充分に可能ではないでしょうか。

FXプライムbyGMO

 

FXプライムbyGMOのメリット
・豊富な相場情報提供
・約定率100%に加えて、スリッページなし
・トルコリラやメキシコペソなどの新興国通貨も対応
・キャッシュバックキャンペーンあり

FXプライムbyGMOのデメリット

投資初心者投資初心者

ちなみに、FXプライムbyGMOにデメリットはありますか?

鈴木(T-ya)鈴木(T-ya)

あるね!約定力の高さと引き換えに、スプレッドや手数料の面で劣るから注意しよう!

FXプライムbyGMOには約定力100%やスリッページなし、といったメリットがありますが、逆にどんなデメリットがあるのでしょうか?

早速みていきましょう。

スプレッドが広め

メリットの多いFXプライムbyGMOですが、デメリットもあります。

それが「スプレッドの広さ」です。

約定力が強いためにスプレッドが広くなってしまうのは、海外のFX業者では当然の話なのですが、国内のFX業者ではスプレッドの狭さでサービスを競い合っている側面もあるので、その点ではやや不利かもしれません。

同じGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の子会社であるGMOクリック証券と比較してみると、GMOクリック証券の米ドル/日本円のスプレッドが0.3pipsと国内最安値水準であるのに対し、FXプライムbyGMOは0.6pipsとなっています。単純に倍の手数料がかかる計算です。

他にもユーロ/円では0.5pipsに対して0.9pips、豪ドル/円は0.7pipsに対して1.3pips、ポンド/円は1.0pipsに対して1.8pipsと、どの通貨でもスプレッドは広めに設定されているのが、FXプライムbyGMOなのです。

海外のトレーダーはスプレッドの狭さよりも、約定力の強さを優先します。だからこそ海外のFX業者の大半はNDD方式を採用しているのです。多少スプレッドが広くても、安心してFXに取り組める方が勝率は上がるのではないでしょうか。

 

FX会社毎にスプレッド比較については、以下の記事もご参考下さい。

関連記事:FXスプレッドと手数料のFX会社比較ランキング

1万通貨未満だと手数料が発生する

FXプライムbyGMOのデメリットのもうひとつが、1000通貨でのトレードだと手数料がかかってしまうということでしょう。これはスプレッドとは別にかかるコストということです。片道で1通貨あたり3銭かかります。

ほとんどのFX業者が手数料を無料化している現代において、少ない資金から始めようとしているFX初心者にとっては、やや高いハードルになるかもしれません。1通貨わずか3銭ではありますが、塵も積もれば山となるといいますので馬鹿にはできません。

ちなみにスワップ金利(2月時点)は、米ドル/日本円のロングポジションで74円、ショートポジションで-104円です。トルコリラ/円はロングポジションで80円、ショートポジションで-100円、メキシコペソ/円はロングポジションで12円、ショートポジションで-22円となっています。すべて1万通貨を対象としています。

1万通貨でトレードしても、スワップ金利では国内最高水準というわけではありません。スプレッドやスワップ金利、千通貨での手数料といった点を最優先に考えるのであれば、他のFX業者の方が有利であると言えるでしょう。

 

FXプライムbyGMOのデメリット
・約定力が高い代わりにスプレッドが広い
・1万通貨未満だと手数料が発生する
・少額からスタートしたい人には向かない

FXプライムbyGMOは情報源として使える!

FXプライムbyGMO

 

実際にどのFX業者を利用するかどうかはトレーダーそれぞれの判断になりますが、FXプライムbyGMOの情報提供力のレベルの高さを利用しないのはもったいないのではないでしょうか。FX口座は同時にいくつも開設することが可能です。メインでトレードに利用するFX業者とは別に、FXプライムbyGMOでもFX口座を開設しておくと、その恩恵を受けることができます。

ネガティブサプライズなどによって、もしも相場が急落し、他のFX業者で約定拒否やリクオートが頻繁になる時もFXプライムbyGMOは強い味方です。FXプライムbyGMOでFX口座を開設しておくことは、間違いなくリスクマネジメントになるでしょう。



いずれかのFX会社の口座開設と条件クリアで、ライン分析の教材(91ページ、動画3時間)を無料プレゼント中! 申し込みは最短5分で完了!
<FXブロードネット>
FXブロードネット
FXブロードネットの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • 使いやすい取引ツールを装備
  • トラッキングトレード 話題のリピート系自動売買機能も有

<セントラル短資FX>
セントラル短資FX
セントラル短資FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭など)
  • 海外居住者でも口座開設可能(※注意事項等をお読みください)
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • スキャルピングにも対応
  • 最大300,000円のキャッシュバックのチャンス有

<FXトレードフィナンシャル>
FXトレード・フィナンシャル
FXトレードフィナンシャルの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド(ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭など)
  • 国内業者でMT4(チャートソフト)が使用可能
  • 1,000通貨単位と少額からスタート可能
  • マーケット情報が充実

   
The following two tabs change content below.

FXトレーディングカレッジ 編集部

<アドバイザー:鈴木 拓也> 東京工業大学大学院卒。メガバンクの国内・海外支店にて為替ディーラー業務を経験後、独立。現在は、自己資金で投資を行う傍ら、FXを中心とした投資スクールを運営。日本証券アナリスト検定協会会員(CMA)。