老後資金が2,000万円ほど不足するというニュースを聞いて、早い段階から資産形成しようと考え始めている方も多いのではないでしょうか。そんな中、レバレッジを効かせることによって少額の資金でもリターンを期待できる「FX」(外国為替証拠金取引)が注目されています。

FXをするためにはFX口座を開設する必要があります。FX口座を開設するためには、「審査」を通過しなければいけません。審査基準はFX会社によってやや異なります。今回は、FX初心者に人気のある「FXプライムbyGMOの審査基準やその対策」についてお伝えしていきます。

【今回の記事でわかること】
・FX口座開設の流れ
・審査落ちする理由
・FXプライムbyGMOの審査基準

 

FX口座開設で審査落ちする理由

審査と聞くと、「いろいろな質問事項に答えて、厳しい基準をクリアしなければならないのでは」と心配になるかもしれませんが、審査を通過するのは難しいことではありません。ただし、必ず通過できるというものでもありませんので、審査落ちする一般例について確認していきましょう。

FXプライムbyGMOの口座開設の流れ

口座開設の流れ

FX口座を開設する場合は、FX会社の公式サイトにアクセスし、口座開設の申し込みをします。質問事項に沿って、氏名や住所、連絡先や職業などに答えて入力していくことになります。

職業の項目については、専業主婦や学生だと審査落ちするのではないかと不安になるかもしれませんが、そのまま正直に答えて問題はありません。仮に無職であったとしても、FX口座は開設できるのです。

その他の項目としては、「主な収入源」「金融資産」「投資の経験」「投資目的」「口座開設のきっかけ」や反社会勢力に属していないかの確認などがあり、最後に「本人確認書類」の提出が待っています。

申し込みフォーラムに入力した住所と、本人確認書(運転免許証やパスポート)の住所が一致しない場合は審査に通過できませんので、注意してください。軽微なミスであればその後に電話連絡で確認があり、訂正は可能です。本人確認書については、Webアップロードがもっとも簡単な提出方法ですが、アップした顔写真がぼやけていたり、フレームに入りきって以内場合も通過できません。丁寧に作業してください。

口座開設の流れ
・公式サイトで申し込みフォーラムに入力していく
・記載ミスには注意が必要

審査落ちする一般的な理由

書類の記載ミス以外で審査に落ちる場合があります。ポイントは、「収入」「金融資産」「投資経験」の3点です。もっとも重要になるのが金融資産です。無職でも金融資産が一定額あるのであれば審査に通過することができますが、金融資産がなければ確実に審査に落ちます。

審査に通過するための目安となる金融資産の額はFX会社で大きく異なります。GMOクリック証券の場合だと、審査に通過できる金融資産は100万円です。後述しますが、その点ではFXプライムbyGMOはFX初心者向けになっていますので、ハードルはかなり低めの設定です。

金融資産がギリギリの場合は、投資経験も考慮されます。投資は基本的には余剰資金で行うものですので、投資経験がある程度あればセーブすることができますが、まったく経験がなく余剰資金も厳しい場合は、生活費に手を出して身動きがとれなくなるリスクもあるからです。金融資産が少なく、投資経験が乏しいと審査は厳しくなります。

書類の記載ミスがなく、審査落ちしたとしたら以上の項目で不合格となった可能性が高いでしょう。ただし、審査落ちしてもその理由をはっきりと教えてくれるわけではないので、どこで引っかかったのかは不明のままとなります。

審査落ちの理由
・金融資産が不足している
・金融資産が少なく、投資経験がない

FXプライムbyGMOの審査基準と対策

約定率100%を誇り、多くのトレーダーに信頼されているFXプライムbyGMOは、新規FX口座開設の60%がFX初心者です。情報コンテンツも充実しており、FX初心者が安心して利用できる他、FX口座が開設しやすいこともその要因のひとつに挙げられるでしょう。

はたしてFXプライムbyGMOの口座開設の審査基準はどのようになっているのでしょうか?

FXプライムbyGMOの審査基準

FXプライムbyGMOの審査基準

まず年齢制限についてですが、20歳以上でなければFX口座を開設できません。70歳以上の場合は、金融資産5万円が必要です。80歳以上になると金融資産のあるなしに関わらず開設できないことになっています。

なお、年齢が条件に適していても、日本国内に在住していなければいけません。また、生活保護受給者は開設できません。外国為替証拠金取引業者に勤務している場合も開設できません。

無職であったり、収入がゼロの状態でも開設は可能ですが、金融資産が5万円以上あることが条件になっています。金融資産が30万円以上というのが、一般的な目安なのでFXプライムbyGMOのハードルはもっとも低いと考えていいでしょう。

ちなみに金融資産には不動産は含まれません。土地や建物を所有していても、現金や預金、有価証券で5万円以上が必要です。FXを始める以上は、口座に5万円は入金したいところなので、その準備が整ってからFX口座開設の申し込みをした方がいいでしょう。

審査に落ちないための対策としては、定職に就くか、5万円以上の金融資産を保有するかということになります。

FXプライムbyGMOの審査基準
・国内に住む成人
・無職でも金融資産が5万円以上あれば開設可能

 

FXプライムbyGMO

審査に落ちた場合の対処法

FX口座開設の審査に落ちても、改めて二度目の申し込みができるのですが、FXプライムbyGMOの場合、ハードルが低いだけに一度落ちると二度目で通過するということは難しいでしょう。最初の状況が記録されていますから、職業や金融資産の欄を変更しても疑われる可能性があります。ですから一度目に落ちないように充分注意してから申し込むことが大切です。

FX会社はひとつではありませんので、FXプライムbyGMOの審査に落ちた場合は、しっかりと準備を整えて、別のFX会社で申し込むのがいいのではないでしょうか。

金融資産の見直しが必要です。生活費をFXに費やしてしまうと、余裕がなくなり、冷静さを欠いた取り引きになりやすいので、どうしても勝率が低くなってしまいます。FXを行うのであれば、あくまでも余剰資金を投資すること、その余裕ができてから始めることが重要です。

審査に落ちた場合は、改めて現在の自分の状況でFXを始めていいのかどうかを確認してみましょう。余剰金があればあるほど含み損にも耐えられ、中・長期的な資産運用が可能になります。まずはFXを始められる資産形成について取り組んでみることをおすすめします。

審査に落ちた場合
・状況を見直して他のFX会社に申し込む

 

他でおすすめのFX会社はこちら:FX口座・会社おすすめ先をプロが厳選

まとめ

FXプライムbyGMOでFX口座を開設する場合は、書類の記載ミスに気をつけることと、審査を通過するための条件をしっかりと満たすことです。無職の場合は、金融資産は少なくとも5万円以上は保有してから申し込みの手続きに入ってください。

審査に通過すると、その旨のメールが通知されます。さらにその後の手続きを進めるための大切な書類が郵送物で届くことになります。

FX会社によってサービスが違ったり、強い通貨ペアや弱い通貨ペアがあったりしますので、FX口座を開設する際にはひとつではなく、複数のFX会社に申し込んで並行して手続きしていった方がいいでしょう。

後は、FX口座開設で満足することなく、老後の生活に向けて、しっかりと大切な資産を増やしていけるような運用を目指していきましょう。




FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」の3つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!