こんな疑問を解決!

  • DMM FXの注文方法は?
  • DMM FXのツールの使い方は?

今回は国内FX会社の大手である「DMM FX」で、取引の注文方法や、ツールの使い方について説明します。

FX初心者の方は、この記事を読んでDMM FXでのトレードのやり方を確認しましょう。

この記事の執筆者
suzuki_gazou

鈴木 拓也

  • 公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
  • 東京工業大学大学院修士課程修了
  • 三井住友銀行の本店・香港支店にて為替ディーラー業務に従事し、投資家/経営者に転身
  • FXや米株インデックス、高配当株などで運用する億投資家
  • 著書「7日でマスター FXがおもしろいくらいわかる本」「世界一やさしい FXチャートの教科書 1年生」など

プロフィールページ

 

DMM FXの注文方法(基本)

DMM FXの基本的な注文方法のやり方について解説します。

基本的な注文方法は以下の3つがあります。

DMM FXの注文方法(基本)

  • ストリーミング注文(成行注文)
  • 指値注文
  • 逆指値注文

成行注文(ストリーミング)

成行注文」とは、リアルタイムの為替レートで売買する注文方法です。

DMM FXのトレードプラットフォームの注文タイプには、この成行注文という言葉はありません。代わりにあるのが「ストリーミング」です。

成行注文もストリーミングもほとんど同じ意味と考えて下さい。

ストリーミング注文では、最初に取引する通貨ペアを選択し(①)、注文タイプを「ストリーミング」と選択(②)します。

そして、取引する通貨数量を入力し(③)、買いまたは売り(④)を押すことで発注がなされます。

DMM FXのストリーミング注文

  • 取引する通貨ペアを選ぶ
  • 注文タイプを選択する
  • 取引数量(Lot)を決める
  • 売買方向を決める

 

ストリーミング注文でリアルタイムの為替レートで売買しようとしても、通信速度やサーバーの処理速度などによって、クリックした瞬間の為替レートと約定した為替レートに大きな差が生まれることがあるのです。

注文が滑るともいいますが、これを防ぎたい場合にはスリッページをOFFから適当な数値を入力して下さい。

例えば、0.8pipsと入力したら、0.8pips以上滑った場合、自動的に約定されない仕組みになっています。

しかしデメリットもあり、注文自体が成立しないので、早く売買をしたい時にチャンスを逃してしまうリスクもあります。

重要な経済指標の発表直後は変動が激しく、スリップページが発生しやすいので、あらかじめ許容範囲を設定しておくと便利です。

指値・逆指値を使いこなす

指値注文」と「逆指値注文」は、予め決めたレートに達した時に発注がなされる注文方法です。

現在の為替レートよりも有利なレートで注文を入れるのが指値注文で、逆に今よりも不利なレートで注文を入れるのが逆指値注文になります。

これを使いこなすことができれば、PCの前にいなくても自動的に売買をしてくれます。

記事:FX注文方法の種類と特徴とは?成行・指値・逆指値・IFD・OCO

 

指値注文(または逆指値注文)は、最初に取引する通貨ペアを選択し(①)、注文タイプを「指値(または逆指値)」と選択(②)します。

そして、取引する通貨数量を入力し(③)、買いまたは売り(④)を選択して、注文レートを入力します(⑤)。

最後に「注文」ボタンを押せば、発注が完了です。

DMM FXの指値・逆指値注文

  • 取引する通貨ペアを選ぶ
  • 注文タイプを選択する
  • 取引数量(Lot)を決める
  • 売買方向を決める
  • 注文レートを決める

 

また、初めてFXをされる方は、まずはDMM FXのデモ口座を使ってみるのも手でしょう。

DMM FXのデモ口座については、【DMM FXデモ取引の登録方法と使い方をFX初心者向けに解説】をご覧ください。

DMM FXの注文方法(応用)

基本的には、ストリーミング、指値注文、逆指値注文が使いこなせればFXで利益を出していくことはできます。

DMM FXではこの3種類の注文タイプ以外にも、「IFD」「OCO」「IFO」という応用系の注文方式があります。使い方はそれほど難しくはないので、何が違うのか、何ができるのかをはっきりとさせておきましょう。

DMM FXの注文方法(応用)

  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文

IFD注文

IFD注文(イフ・ダン)」は、通常の指値注文(逆指値注文でも可)に、利食か損切を組み合わせたものです。

IFD注文は、最初に取引する通貨ペアを選択し(①)、注文タイプを「IFD」と選択(②)して、取引する通貨数量を入力します(③)。

そして、複合一次注文の新規注文にて、買いまたは売り(④)を選択して、注文レートを入力します(⑤)。

次に、複合二次注文の決済注文にて、注文レートを入力します(⑥)。決済注文は、複合一次注文が「買」なら「売」、複合一次注文が「売」なら「買」となります。

最後に「注文」ボタンを押せば、発注が完了です。

DMM FXのIFD注文

  • 取引する通貨ペアを選ぶ
  • 注文タイプを選択する
  • 取引数量(Lot)を決める
  • 売買方向を決める(複合一次)
  • 注文レートを決める(複合一次)
  • 注文レートを決める(複合二次)

OCO注文

OCO注文(オーシーオー)」は、片方の注文が約定したら、もう片方の注文は自動的に取り消されるというものです。

つまり指値の決済注文と逆指値の決済注文を同時に設定しておき、予想通りに変動したら利益確定、予想に反した場合は損切するというものです。

OCO注文を発注するには、最初に取引する通貨ペアを選択し(①)、注文タイプを「OCO」と選択(②)して、取引する通貨数量を入力します(③)。

そして、複合一次注文の新規注文にて、買いまたは売り(④)を選択して、注文レートを入力します(⑤)。

次に、複合二次注文のOCO決済注文にて、利食いと損切りのレートと入力します(⑥)。

最後に「注文」ボタンを押せば、発注が完了です。

DMM FXのIFO注文

  • 取引する通貨ペアを選ぶ
  • 注文タイプを選択する
  • 取引数量(Lot)を決める
  • 売買方向を決める(OCO1)
  • 注文レートを決める(OCO1)
  • 注文レートを決める(OCO2)

IFO注文

IFO注文(アイエフオー)」は、IFD注文とOCO注文を組み合わせたものです。

指値注文(逆指値注文)をして、利益確定と損切の注文も同時に入れます

IFO注文を発注するには、最初に取引する通貨ペアを選択し(①)、注文タイプを「IFO」と選択(②)して、取引する通貨数量を入力します(③)。

そして、OCO1にて、買いまたは売り(④)を選択して、注文レートを入力します(⑤)。

同様に、OCO1にて、買いまたは売りと、注文レートを入力します(⑥)。

最後に「注文」ボタンを押せば、発注が完了です。

DMM FXのOCO注文

  • 取引する通貨ペアを選ぶ
  • 注文タイプを選択する
  • 取引数量(Lot)を決める
  • 売買方向を決める(複合一次)
  • 注文レートを決める(複合一次)
  • 決済のOCOを入力する(複合二次)

DMM FX 基本的な使い方のまとめ

FX初心者はどうしても「含み益が出たらすぐに利益確定したい」「含み損が出ても為替レートが戻るまで耐えたい」という傾向が強いです。しかし、損大利小のスタイルではなかなかFXをトータルで勝つことができません。

メンタルや感情に左右されてトレードしてしまう癖がある人は、計画に沿った利食や損切の幅で注文を入れるように心がけ、そのルールを乱さないように徹底してみましょう。チャートをずっと眺めていると常にエントリーしたい、ここでエグジットした方がいいのではないかと迷いがちですので、IFOの注文を入れたら、よほどの事態が発生しない限り、見守るという姿勢も大切になります。

ぜひDMM FXの注文機能を有効に活用して、大切な資産を増やしていってください。



もっと本格的にFXのことを学びたい人は、無料学習コンテンツのFXトレーディングカレッジをご利用下さい。


FXのテクニカル分析を学びたい人は、為替チャートにラインを引くだけで予想するテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」をご利用下さい。
当サイト経由で、「FXブロードネット」「FXTF」「セントラル短資FX」「DMM FX」の4つのうち、いずれかの口座開設をされた方限定で、為替チャートにラインを引くだけで予想するFXテクニカル分析の学習教材「ラインの王道」のアクセス権を無料でプレゼント!